【レビュー】

Windows 10 Insider Previewを試す(第47回) - Build 2016を反映してUNIXコマンドが使えるビルド14316

1 「Bash on Ubuntu on Windows」が使用可能に

  • <<
  • <

1/7

2016年4月6日(現地時間。日本は7日未明)、MicrosoftはWindows 10 Insider Preview ビルド14316をファーストリング向けにリリースした。同社が先頃開催した開発者向けカンファレンス「Build 2016」で発表し、話題を集めたbash(UNIXコマンド)のサポートや、ダークテーマの本格搭載など、目新しい機能がふんだんに盛り込まれている。

「Bash on Ubuntu on Windows」が使用可能に

多くの話題を集めた「Windows 10上でbashが動く」というBuild 2016の発表だが、Microsoftは早々にビルド14316で本機能を披露した。以前のアナウンスどおり、そのままでは使用できず、「Windowsの機能」ダイアログから<Windows Subsystem for Linux>を有効にしなければならない。

まずは<Windows Subsystem for Linux>をインストールする。有効にするにはWindows 10の再起動が必要だった

コマンドプロンプトを起動し、「bash」を実行すると最初にライセンスの確認を求められる。ここで「y」キーを押せば、UbuntuのイメージファイルをWindowsストアからダウンロードする仕組みだ

後はコマンドプロンプトから「bash」コマンドを実行すると、コンソール内でシェルが起動し、各種UNIXコマンドが使用可能になる。詳細については稿を改めるが、ターミナルエミュレーターではなくコマンドプロンプト内でUNIXコマンドが使えるのは、確かに"奇妙"な感覚だ。なお、リポジトリの更新はエラーとなるものの、rubyなどパッケージのインストールは容易に行える。

イメージファイルを展開し終えると、コマンド入力が可能になる。bashのバージョンは4.3.11。Ubuntuのイメージも14.04 LTSと前評判どおりだった

個人的にはvimがあらかじめインストールされているので一安心だった

  • <<
  • <

1/7

インデックス

目次
(1) 「Bash on Ubuntu on Windows」が使用可能に
(2) 複数デバイスでCortanaを活用 / Microsoft Edgeに新拡張機能
(3) UWPアプリ版「Skype」 / アクションセンター通知場所が選択可 / 新たな絵文字
(4) ついに搭載したダークモード / Miracastを受信するアプリを用意
(5) 仮想デスクトップ強化 / アップデート進捗状況を更新 / バッテリー機能更新
(6) アップデートタイミングを指定可能に / その他の変更点
(7) ビルド14316で修正された問題と既知の問題

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事