【レポート】

子宮頸がん予防ワクチンのリスクと効果

1 「子宮頸がんは経験が多い人がなる」は偏見

 
  • <<
  • <

1/2

子宮頸がん予防ワクチンを接種するリスク、しないリスクとは?

「子宮頸(けい)がん予防ワクチン」の接種後に、原因不明の痛みやしびれが出たという報告が相次いでいます。

子宮頸がん予防ワクチンは、平成25年4月より、小学6年生~高校1年生の女子を対象に定期接種として実施されています。しかし、厚生労働省は副反応の報告を受け、同年6月14日に「(副反応に関する適切な情報提供ができるようになるまでは)ワクチン接種を積極的に推奨しない」としました。

副反応や国の対応を巡る報道を見て、今後接種をどうするか悩んでいる人も多いのではないでしょうか? この機会に、子宮頸がん予防ワクチンのリスクと有用性を整理してみましょう。

20・30代女性に急増する「子宮頸がん」

子宮頸がんとは、女性の子宮頸部(子宮の入り口部分)にできるがんのこと。その原因は、ヒトパピローマウイルス(HPV)と呼ばれるウイルスに感染することだと明らかになっています。HPVは主に性交渉によって感染し、性交渉の経験が1度でもある女性であれば誰にでも感染リスクはあるものです。

HPVに感染しても、その9割以上は免疫力のおかげで自然に体外に出てしまいますが、自然に出ていかず、長期間にわたって持続感染した場合は、がんになることがあるとされています。ほかのがんと違って、20代や30代の若い女性の発症が多くなってきたのも特徴の一つです。

子宮頸がん予防ワクチンとは?

この子宮頸がんを予防するために開発されたのが、子宮頸がん予防ワクチン。性交渉をする前の10代のうちにワクチンを接種することで、100種以上あるHPVのうち、子宮頸がんの原因になる確率が高い2種(HPV16型・18型)の感染を予防し、70%以上のがんの発症を防ぐとされています。

ただしワクチン接種後には、一定の頻度で発熱や接種部分の腫れといった軽度の副反応が、まれにアナフィラキシー(呼吸困難などを伴うアレルギー)や、ギラン・バレー症候群(手足に力が入りにくくなる末しょう神経の病気)などの重度の副反応が起こることが知られています。それ以外にも、因果関係ははっきりしないものの、すぐにおさまらない痛みやしびれといった副反応の報告があり、詳しい調査が進められています。

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 「子宮頸がんは経験が多い人がなる」は偏見
(2) 副反応の報道があるけど、接種するべき?
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

『ガンダムBF』特番よりティターンズ色メイド「すーぱーふみな」が立体化
[17:00 8/26] ホビー
田辺誠一&大塚寧々、バラエティ初の夫婦コラボ! イラスト&ナレーション担当
[17:00 8/26] エンタメ
『LEGOムービー』続編、新主人公はバットマン! 17年4月公開決定
[17:00 8/26] エンタメ
働く女性の健康をサポート! 「まるのうち保健室カフェ」が期間限定OPEN
[16:52 8/26] ヘルスケア
iOSの標準アプリ『リマインダー』で情報を共有して買い忘れを予防する
[16:46 8/26] スマホとデジタル家電