【インタビュー】

遠藤久美子、女優の芽を潰さなかった2人の恩人 - 17年支えられた育ての親からの独立と新たな出会い

1 忘れっぽいのに忘れられない恩義

 
  • <<
  • <

1/2

"エンクミ"の愛称で親しまれた遠藤久美子(37)も、2015年で芸能デビュー20周年。新たな節目に向けて一歩を踏み出す今年、52年の昼ドラシリーズラストを飾る『嵐の涙~私たちに明日はある~』(東海テレビ・フジテレビ系 2月1日スタート毎週月~金13:25~)で、"想像を絶する"難役に挑む。昼ドラは、2008年の『安宅家の人々』で主役に抜てきされて以来。高校時代に父の運転する車で事故に遭い、母を失った上に失明・不妊の後遺症を抱える役どころだ。

入念な準備をして挑んだにも関わらず、初日は現場の空気に飲まれてしまって「すごく落ち込んだ」という遠藤。翌日から気持ちを切り替えたそうだが、その心境を喜々として語る。お芝居をやりたい――彼女のささやかな希望の芽を潰すことなく見守ったのが、デビューから2011年までの17年間所属していた事務所社長、そして、その芽が伸び伸びと成長できるきっかけには、あるプロデューサーが深く関わっていた。2人の恩人と、女優に至る軌跡を巡る。

女優の遠藤久美子 撮影:西田航 スタイリング:手塚陽介 衣装協力:ROCHEL / ワンピース 3万2,000円(税抜)

――昼ドラの撮影は拘束時間が長く、かなりハードだと聞いています。今はどのくらいまで進んでいますか。

今は第3週で、明日から第4週が始まって(取材は1月19日)、第5週の準備稿(決定稿前の台本)が上がってきているところです。各週、初日に丸一日リハーサルをして、まずはそこで監督がカット割りを考えたり、照明部さんが話し合ったり。座り位置や立つところまで、細かく決めた上で、3~4日かけて撮影します。だから、通常の現場と比べてリハーサルの量がハンパないんです(笑)!

――以前も昼ドラに出演されていましたよね? 撮影の流れも当時と同じだったのでしょうか。

同じです。その時に主演をやらせていただいたので、今の佐藤(江梨子)さんの苛酷さがよく分かります。セリフの量も本当に大変なんです! でも、私と違って佐藤さんは「すごい」の一言。お子さんもまだ小さくて、母乳をあげてから現場にいらっしゃってるそうで……ただただ尊敬します。

――その上、昼ドラらしい重いテーマですからね。

「枝川まき」は8年間引きこもっていたんですが、ドラマではそこが描かれていません。8年前、父である茶道枝川流第17代家元・枝川大造(竜雷太)が起こした事故で視力を失い、子どもを産めない体になってしまいます。娘を残して逝くことに不安を抱いて、記憶喪失の父・子と娘を近づけるのですが、それが佐藤さん演じる里子の生き別れの家族で……。これだけのことを背負っている役柄なので……想像を絶する演技です(笑)。

――しかも、盲目の役は初めてと聞きました。大変だったのでは?

はい。食事中や街中で目を閉じてみると、今までどれだけ目に頼って生きてきたのかが分かりました。視界が遮断されると、音に対してすごく敏感になります。あとは触感や、人が通りすぎた時に感じる風とか。そういった情報をもとに、「まき」さんは把握しているんだと思います。あとはアロマキャンドルで癒されるシーンがあって……。

『嵐の涙~私たちに明日はある~』の制作会見(左から宅間孝行、佐藤江梨子、遠藤久美子)

――それで日頃の疲れを癒すわけですね。

実際に自宅でやってみたりして……プライベートの"遠藤久美子"はそういう人ではないんですけど(笑)。

――えっ! すごく意外です(笑)。

今となっては癒されていますが、思わぬ発見でした。それから、目が見えない状態での動き方が分からないので、最初は専門の方に指導していただきました。その先生いわく、ものを探す時、目の前に手を出して探ることはあっても、斜めに出すことはあり得ないと。自宅などの室内空間では、柱や壁、目印となるものを目指しながら、距離や空間を把握した上で動いています。実際にやってみると分かるんですが、歩数も重要なんです。

――現状、ご自身では手応えを感じていらっしゃいますか。

きちんと準備して臨んだ初日、実はものすごく落ち込んだんです。初日の空気に飲まれてしまって、準備していたことが全く生かせなくて「明日は絶対に自分のペースでやる!」と心に誓いました(笑)。2日目はなんとか乗り切ったという感じで、3日目には落ち着いていました。

――昼ドラの経験が発揮されたんですかね。

前の昼ドラは「大変だったなぁ」となんとなく感じるぐらいで(笑)。今回は、「もう今日のようなことは2度と繰り返したくない!」という強い思いで……。実は私、「忘れる」が特技なんです(笑)。自分の出演作を最後まで見ても、全く記憶にないこととかあります(笑)。

――それはこの仕事を始める前から?

小さい頃は自分の映像を確認することもないので、たぶんこのお仕事を始めてからだと思います。17歳でデビューして、毎年自分のやった仕事が増えていって、覚えているのもあるんですが……出会っているはずの方に「初めまして」と言ってしまったり(笑)。心配になって、1度だけMRIの検査してもらったんですけど、何にも異状はありませんでした。

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 忘れっぽいのに忘れられない恩義
(2) 事務所独立後の"けじめ"

新着記事

小林麻耶、"ゴールが見えない闘い"に苦悩も「今を大切に一歩一歩前に」 [20:35 9/26]
佐藤健、好みの女性は「ダンスできる人」 - 朝井リョウと絶妙コンビ見せる [19:58 9/26]
[宮沢りえ]カルティエ総額約5億円ジュエリーに「ヒャー!」 [19:47 9/26]
[古谷一行]47年ぶり朝ドラ「楽しみ」 [19:31 9/26]
[沢村一樹]朝ドラ初出演に抱負?「とにかくさわやかに」 [19:09 9/26]
[有村架純]「とと姉ちゃん」高畑充希からエール 「背中を押された」 [18:41 9/26]
『仰げば尊し』が夏ドラマ満足度トップ! 2位『家売る』・3位『そし誰』 [18:16 9/26]
福山雅治ライブ演出事故、所属事務所が報告・謝罪「より一層の安全管理を」 [18:00 9/26]
洋楽人気対決 - ジョージ・ハリスンのアルバム [18:00 9/26]
[亀田興毅]スーツ姿でサラリーマンに“変身” 「GABA」ウェブムービー公開 [17:00 9/26]
小芝風花、ピカチュウのモノマネ披露も「今のはなかったことに!」と赤面 [17:00 9/26]
『七人の侍』再リメイク作『マグニフィセント・セブン』が首位発進 - 北米週末興収 [16:52 9/26]
[蒼井優]東京国際映画祭に初参加「コンペに選ばれるかドキドキしていた」 [16:32 9/26]
[道端ジェシカ]複雑骨折の妹・アンジェリカの代打でイベントに 「少しずつ回復しています」 [16:09 9/26]

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

重さ23g、わずかな頭の動きでポインタが操作できる装着型マウス
[21:12 9/26] パソコン
「夜桜四重奏」着せ替えカバーがシリウスに、次号成田良悟原作の新連載が開幕
[20:46 9/26] ホビー
トヨタの次世代交通システム分析にオラクルのクラウド可視化サービス
[20:37 9/26] 企業IT
小林麻耶、"ゴールが見えない闘い"に苦悩も「今を大切に一歩一歩前に」
[20:35 9/26] エンタメ
バルミューダ、注ぎ心地にこだわった「小さくて美しい」電気ケトル
[20:18 9/26] スマホとデジタル家電

本音ランキング