【レポート】

なぜ、第6世代iPod touchのSoCはダウンクロック版「A8」なのか

1 パフォーマンスはiPhone 5sと同程度?

 
  • <<
  • <

1/3

第6世代のiPod touchにはiPhone 6と同じSoC「Apple A8」が使われているが、一様に同じというわけではなく、ダウンクロック版が採用されているという。それはなぜなのか。ここで考察してみよう。

第6世代iPod touchのSoCは「A8」のダウンクロック版を採用?

iPod touchはなぜ「ダウンクロック版A8」を採用したのか?

今回の新型iPod touch発表にあたり、比較的驚きを持って迎えられたのが、そのメインプロセッサに「Apple A8」が採用されたことだ。「A8」はiPhone 6とiPhone 6 Plusで採用されている同社の最新SoCであり、どちらかといえば(コストを抑えた)廉価端末として同時期に投入されるiPod touchでは、それより前の世代、今回の例でいえば「A7」が採用される可能性が高いとみられていたからだ。以前のレポートにもあるように、AppleではiPod touchも含めてすべてのiOSデバイスで64ビット対応を進めているとみられ、少なくともA7以降のものが採用される可能性があるとは指摘していたが、このあたりは予想外だった。

ただし、A8とはいっても、iPhone 6では1.4GHz駆動しているものが、iPod touchでは1.1GHzまでダウンクロックされて動作しているといわれている。この状態でパフォーマンスはiPhone 5sと同等程度という話もあり、釣り合いがとれているのだとも思える。

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) パフォーマンスはiPhone 5sと同程度?
(2) ダウンクロックは何が目的?
(3) SoCを手がける2社

人気記事

一覧

新着記事

ヤマハ、MusicCast対応のWi-Fi・Bluetooth内蔵CDレシーバー「CRX-N470」
[19:33 7/28] スマホとデジタル家電
[オダギリジョー]妻・香椎由宇の妊娠祝福に「ありがとうございます」
[19:20 7/28] エンタメ
後藤真希・高橋愛・飯田圭織らモー娘。OG、安倍なつみ第1子出産を祝福
[19:12 7/28] エンタメ
「フィラエにさよならを」 - 彗星探査機「ロゼッタ」、着陸機と永遠の別れ
[19:10 7/28] テクノロジー
TVアニメ『TRICKSTER』、新キービジュアル公開! 明智小五郎役は小野大輔
[19:08 7/28] ホビー