【レビュー】

パナソニックの"おにぎり"型ロボット掃除機「RULO」を使ってみた - 部屋の隅までしっかりお掃除してくれる正統派

1 見た目はおにぎり?

 
  • <<
  • <

1/4

パナソニックが3月20日に発売したロボット掃除機「RULO(ルーロ)」(MC-RS1)。パナソニックは2002年に家庭用ロボット掃除機の試作機を発表しているものの、製品化したのはこれが初めてだ。国内の大手家電メーカーでは、すでにシャープと東芝がロボット掃除機を発売しているが、パナソニックは今回のRULOで"3番手"として本格的にロボット掃除機市場へ参入することになる。満を持して送り出したともいえる注目の製品を試用してみた。

円みを帯びた三角形ボディが特徴のRULO。まるで"三角おむすび"のようなルックスだ

コロンとした三角形のボディ

本体サイズは幅33×奥行32.5cmと小ぶり。充電台も小さく場所を取らない

RULOの特徴といえば、一目瞭然なのがその形状だ。現在市場に出ているのは、"元祖・ロボット掃除機"ともいえる、iRobot社「Roomba(ルンバ)」の円形が主流だ。そのほかにも四角形やD型といったものが存在しているが、RULOは三角形であることが最大のポイント。初めて目にした時、「おにぎりみたい」と思った人も多いのではなかろうか。

この特徴的な三角形は「ルーロ―の三角形」を基にしている。機械工学者のフランツ・ルーローが考案した図形を採用したもので、「RULO(ルーロ)」という製品名の由来にもなっている。ギターピックのような、正三角形の各辺を膨らませた形をしており、正方形に内接して回転できるという特性を持つ。ちなみに、電気ドリルの先端や自動車のロータリーエンジンにも採用されている図形だ。

上記のような工学的な説明はひとまず置いておいて、実際にRULOを見た時の第一印象は「コンパクト」。本体サイズはW33×D32.5×H9.2cmとなっており、高さは「ルンバ800シリーズ」と同じだが、最大幅はルンバの35.3cmに比べてみるとひと回り小さい。面積で考えてみても、最大幅が同じ場合は円よりも三角形のほうが小さくなるから、コンパクトだと感じたのは、目の錯覚ではないようだ。

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) 見た目はおにぎり?
(2) 家具の脚にぴったり沿ってお掃除
(3) RULOの走っている姿を動画で激写
(4) 今まで使ってきたロボット掃除機と比べて
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

沢村一樹&瀬戸康史バディ再び! 『刑事 犬養隼人』第2弾放送決定
[05:00 8/26] エンタメ
長谷部誠、黒柳徹子の筋肉チェックで心整わず! 『徹子の部屋』初出演
[05:00 8/26] エンタメ
Apple「iOS 9.3.5」リリース、ゼロデー攻撃の可能性がある問題を修正
[04:08 8/26] スマホとデジタル家電
[大野拓朗]朝ドラ俳優が三宅宏実選手にバックハグ
[04:00 8/26] エンタメ
TVアニメ『ダンガンロンパ3』、Blu-ray BOX&DVDのジャケットイメージ公開
[00:00 8/26] ホビー