「ロボット掃除機」最新記事一覧

関連キーワード

ヘッドライン

Anker、24800円のロボット掃除機「eufy RoboVac 11」

アンカージャパンは12月1日、ロボット掃除機「eufy RoboVac 11」を、Amazon.co.jpにて発売した。価格は税込24,800円。

[10:00 12/1]

ルンバの国内販売、米アイロボット社の直轄に

11月21日、ロボット掃除機ルンバなどを製造する米アイロボット社が、同社の日本総代理店であるセールス・オンデマンド社のアイロボット製品販売事業を買収することが決まった。これにより、日本国内におけるルンバなどの販売は実質的に米アイロボット社の直轄となる。

[23:16 11/21]

ロボット掃除機、その小ささは正義? - 日立「minimaru」の実力

プロトタイプから13年。満を持して発売された、日立アプライアンスのロボット掃除機「minimaru RV-DX1」。いわゆる「ロボット掃除機」としては業界最小サイズとなる。小型化することで、ロボット掃除機としての性能や機能が損なわれることはないのだろうか。

[07:00 11/21]

小さなロボット掃除機「minimaru」、ココに注目 - 日立の発表会で触ってきたぞ

日立アプライアンスは10月17日、コンパクトで高機能なロボットクリーナー「minimaru RV-DX1」(以下、minimaru)を発表した。各社がロボット掃除機を発売するなか、大手家電メーカーとしては後発となったminimaru。後発ならではのこだわりを、発表会にて実際に触ってチェックしてきた。

[20:39 10/17]

日立、初のロボット掃除機「minimaru」 - 部屋の隅にも入り込む小型の本体

日立アプライアンスは17日、同社としては初となるロボット掃除機「minimaru」を発表した。11月19日から発売し、価格はオープン、推定市場価格は100,000円前後(税別)の見込み。本体カラーはシャンパンゴールドとブラックの2色。

[16:22 10/17]

外出先からでもスマートフォンで操作できるロボット掃除機「DEEBOT R95」

エコバックスは10月13日、Wi-Fiを利用してスマートフォンから掃除の指示が可能な床用ロボット掃除機「DEEBOT R95」を発表した。11月11日の発売で価格はオープン、推定市場価格は92,000円(税別)。

[17:18 10/13]

窓を自動でお掃除する窓用ロボット掃除機「WINBOT 950」

エコバックスジャパンは10月13日、凹凸のある窓ガラスでも清掃を行うファン方式を採用した窓用ロボット掃除機「WINBOT 950」を発表した。11月11日の発売で価格はオープン、推定市場価格64,800円(税別)。

[17:16 10/13]

Ankerが家電ブランドを発足 - 2万円台のロボット掃除機など4製品を投入

アンカー・ジャパンは9月21日、家電ブランド「eufy(ユーフィー)」の立ち上げを発表。同日、自動掃除ロボットを含めた4製品を披露した

[17:01 9/23]

パナソニック、掃除機「RULO」「iT」の無料レンタルキャンペーン

パナソニックでは、ロボット掃除機「RULO」(ルーロ)とコードレススティック掃除機「iT」(イット)のどちらかを2週間、無料で試せる「レンタルーロ&トライットキャンペーン」を実施中だ。

[18:52 9/2]

雑巾がけはもういらない? - 床拭きロボット「ブラーバ ジェット 240」は小回り優秀

セールス・オンデマンドから8月26日に発売される、アイロボットの「ブラーバ ジェット 240」。日本では2014年7月に発売された「ブラーバ380j」に続き、第2弾となる床拭きロボット掃除機だ。従来機種から見た目も機能もがらりと変わった新製品をひと足先にお借りしたので、その使い心地をお伝えしたい。

[08:00 8/19]

水を吹きかけゴシゴシ、床拭きロボット「ブラーバ ジェット 240」 - 発表会で語られた進化点をまとめる

セールス・オンデマンドは8月4日、アイロボットの床拭きロボット「ブラーバ ジェット 240」の製品発表会を開催した。2014年に発売した「ブラーバ380j」以来、2年ぶりの新製品となる。

[07:30 8/5]

スタンダードな「ルンバ680」 - 掃除機能に特化したコストパフォーマンス機

セールス・オンデマンドは8月4日、アイロボットのロボット掃除機「ルンバ680」を発表した。発売は9月16日で、直販価格は税別49,880円。

[17:38 8/4]

「ルンバ960」 - フラッグシップ並みに賢いロボット掃除機

セールス・オンデマンドは8月4日、アイロボットのロボット掃除機「ルンバ960」の販売を行うと発表した。発売は8月26日で、直販価格は税別89,880円。

[16:50 8/4]

こびりついた汚れもゴシゴシ落とす床拭きロボット「ブラーバ ジェット」

セールス・オンデマンドは8月4日、アイロボットの床拭きロボット「ブラーバ ジェット 240」を発表した。発売は8月26日で、直販価格は税別29,800円。

[14:56 8/4]

ロボット掃除機・米国2位、ネイトロボティクスの日本戦略を聞く

米国のロボット掃除機市場において、ルンバに次いで第2位のシェアを持つネイトロボティクス。日本に進出してから約2年が経過し、少しずつその存在感を高めようとしている。2015年10月に日本法人社長に就任し、陣頭指揮を執る竹田芳浩社長に話を聞いた。

[15:00 6/20]

日立、小型・軽量化しつつパワフルになったキャニスター式掃除機

日立アプライアンスは6月17日、キャニスター式サイクロン掃除機「パワーブーストサイクロン」シリーズの新しい最上位モデル「CV-SD900」を発表した。発売日は7月23日で、価格はオープン。市場推定価格は90,000円前後(税別)となる。

[18:08 6/17]

「今日もがんばルンバ」フォトコンテスト - 6月8日、ルンバの日を記念して

アイロボットの日本総代理店セールス・オンデマンドは6月8日、「今日もがんばルンバ」フォトコンテストを開始した。「今日もがんばルンバ」をテーマに、写真やイラストを募集する。応募期間は7月31日まで。

[14:55 6/10]

ロボット掃除機「ルンバ876」 - 赤外線で進入禁止エリアを作る

アイロボットの日本総代理店セールス・オンデマンドは5月10日、デュアルバーチャルウォールを同梱したロボット掃除機「ルンバ876」を発表した。発売は5月20日。直販価格は74,000円(税別)。本体カラーはシルバー。

[14:49 5/10]

壁際ピッタリでゴミを逃さず - 東芝、約1カ月お掃除お任せなロボット掃除機「TORNEO ROBO」

東芝ライフスタイルが2月に入って発売したロボット掃除機「TORNEO ROBO(トルネオロボ) VC-RVS2」。2014年9月に発売された「VC-RCX1」の後継であり、シリーズの第2世代にあたる。ロボット掃除機として、どのようにバージョンアップしたのか、家庭で実際に使用してみた所感をまとめてみたい。

[11:30 2/20]

4Kテレビの販売数は前年比3.2倍 - GfK調査・2015年家電市場

ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン(GfK Japan)は、2015年の全国有力家電・IT取扱店(家電量販店、地域家電店など)における家電およびIT市場の販売動向を発表した。

[20:51 2/15]

パナソニック、ロボット掃除機「RULO」に新型 - 床に合わせて吸引力を変化

パナソニックは2月8日、新たに底面検知センサーを搭載したロボット掃除機「RULO(ルーロ) MC-RS200」を発表した。発売は4月20日。価格はオープンで、推定市場価格は税別100,000円前後。

[12:48 2/8]

東芝、ゴミ捨て月1のロボット掃除機「TORNEO ROBO」 - モップのゴミも吸引

東芝ライフスタイルは1月20日、ロボット掃除機「TORNEO ROBO(トルネオロボ)」の新モデルとして「VC-RVS2」を発表した。発売は2月上旬。価格はオープンで、推定市場価格は税別120,000円前後だ。

[12:00 1/20]

窓掃除ロボット「WINBOT」に最速モデル

エコバックスジャパンは12日、窓用ロボット掃除機「WINBOT W930」(以下、W930)を発売した。エコバックスダイレクトでの直販価格は税別59,800円。

[17:19 1/12]

キレイにするなっしー! - ふなっしーが部屋を駆けまわるロボット掃除機に

日本テレビサービスは12月22日、千葉県・船橋市非公認のご当地キャラ「ふなっしー」をモチーフにしたロボット掃除機「ふな日和 ふなっしーのロボットクリーナー」を発表した。発売は12月23日で、価格は税別23,000円。

[16:19 12/22]

「戦国BASARA」伊達政宗が六爪で"掃除" - シャープのロボット掃除機で実現

カプコンは12月19日18時、「戦国BASARA」とシャープのロボット掃除機「COCOROBO(ココロボ)」とのコラボレーションモデル「プレミアムなCOCOROBO 戦国BASARA 伊達政宗ver.」の予約受付を開始する。「イーカプコン」での限定販売で、価格は税別150,000円。

[16:33 12/19]

ダイソンっぽさ満載のロボット掃除機 - 「360 Eye」は実際どんな働きをしてくれるのか?

強力な吸引力の掃除機で定評のあるダイソンから、ついにロボット掃除機が発売された。「ダイソン 360 Eye ロボット掃除機」だ。2014年9月にお披露目されて以来、1年余りの月日を経て、ようやく消費者のもとに届けられた、ダイソン初のロボット掃除機をチェックしてみた。

[12:00 12/9]

掃除、こんなに短いの? - 無駄なく動くロボット掃除機「Botvac Dシリーズ」

各社から発売され、にぎわってきたロボット掃除機市場。なかでも筆者が気になるのがネイト ロボティクスの新モデル「ネイト Botvac(ボットバック) D」シリーズだ。Dシリーズの特徴は掃除の高効率化。果たして「効率のよい掃除」とは何だろうか? 実際に試用して、気になる使い勝手も確認してみた。

[12:00 11/27]

ロボット掃除機の真打ち登場か - 新「ルンバ980」は賢さも吸引力もパワーアップ

元祖ロボット掃除機ともいうべき「Roomba(ルンバ)」シリーズでも、「史上最高峰」と開発元のiRobot社が豪語する新製品「ルンバ980」。ルンバで初めて「SLAM」というナビゲーションシステムを搭載したのが最大の特徴だ。そんなルンバ980の使用感をチェックしてみよう。

[11:30 11/17]

D型ロボット掃除機「Botvac」に新シリーズ - 米国シェアNo.2

米Neato Roboticsの日本法人であるネイト ロボティクスは10月23日、ロボット掃除機の新モデルとして「ネイト Botvac(ボットバック) D」シリーズを発表した。ラインナップは家電量販店向けの「D7500」と「D8500」、通信販売向けの「D8000」の3モデル。

[10:09 10/23]

ダイソンのロボット掃除機「360 Eye」ついに発売 - 吸引力もナビも「死角なし」

ダイソンは10月21日、「ダイソン 360 Eye ロボット掃除機」を正式に発表した。ダイソンの旗艦店「Dyson表参道」では10月23日、量販店では26日に発売する。価格はオープンで、推定市場価格は税別138,000円前後だ。

[17:01 10/21]

ロボット掃除機 バックナンバー

2016年
2015年
2014年
2013年
2012年

このキーワードについて (スマホとデジタル家電>生活家電>ロボット掃除機)

ロボット掃除機 トップへ
ロボット掃除機の最新記事を掲載。ルンバやココロボなど、人気製品のニュースやレビュー。

人気記事

一覧

新着記事