【レポート】

3Dプリンタで出力する「デジタル原型」はフィギュア造形をどう変える? - ワンフェス2015[冬]

1 液晶ペンタブレット「Cintiq」シリーズ最新ラインナップを展示

  • <<
  • <

1/2

2月8日に幕張メッセにて開催された「ワンダーフェスティバル2015[冬]」にて、ワコムは「Cintiq 27QHD」と「Cintiq Companion 2」のタッチアンドトライ、およびデジタル原型の関連セミナーを実施した。当日は、来場者らが説明を聞きながら製品を体験する光景が見られた。

雨の降る中にも関わらず、会場には大勢の人が詰めかけていた

ワンダーフェスティバルとは

ワンダーフェスティバル(通称:ワンフェス)とは、フィギュアなどを含む造形物である「ガレージキット」を製作したものを展示・販売するというイベント。参加者はプロ・アマチュアを問わず、1984年のプレイベントを皮切りに、ここ数年は夏と冬の年2回で開催されている。

ガレージキットの展示・販売以外にも、同イベントの公式レーベル「ワンダーショウケース」選定アーティストの作品展示・販売や、オリジナル造形物の展示・販売、企業出展、造形素材メーカーなどによる実演も行われており、公式サイトによれば、毎回安定的な動員数を保っているという。

「Cintiq 27QHD」と「Cintiq Companion 2」を体験

内部キーが独立したフラグシップモデル「Cintiq 27QHD」

OS内蔵型の小型液晶ペンタブレットの最新版「Cintiq Companion 2」

一般社団法人3Dデータを活用する会(3D-GAN)エリア内に設置された体験ブース「3D原型師のための最新ツール体験コーナー」では、ワコムが2月13日に発売する「Cintiq 27QHD」、および2月20日に発売する「Cintiq Companion 2」が展示されていた。「Cintiq Companion 2」がタッチアンドトライ可能な状態で展示されるのは今回が初めて。

担当者によれば、普段量販店などでは展示されていない製品の体験や質問ができることもあってか、朝から来場者は絶えなかったそうだ。新機種「Cintiq 27QHD」と「Cintiq Companion 2」を目的にブースにやってくる来場者もおり、反響は昨年よりも大きい印象があるという。ワンダーフェスティバルというイベントの特性上、ブースを訪れる人はやはりフィギュアのデジタル原型に興味を持つ人が中心になっていたとのこと。体験ブースには常に人が集まっており、じっくりと描き心地を試しながら説明を聞く姿が見られた。

Photoshopやモデリングソフトなどを用いて体験ができる

体験ブース横には、「フィギュア原型師のためのはじめての3Dモデリングコーナー」を設置。デジタル原型の初心者を対象に、ガイドを受けながら3Dモデリングの体験をすることができるというものだ。こちらも、体験に訪れる人が絶えない様子だった。

またステージでは、「初音ミクのデジタル原型を作る」の実演に始まり、セミナーやパネルディスカッションを開催。「最新ZBrushデモンストレーション」には開発元である米国Pixologicからトマ・ルッセル氏が来日しており、会場は大盛況だった。体験ブース同様、ステージ観覧席も賑わいを見せ、通りがかった来場者が足を止めて眺めていることもあった。

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 液晶ペンタブレット「Cintiq」シリーズ最新ラインナップを展示
(2) デジタル造形のメリット・デメリットを解説

人気記事

一覧

新着記事