【ハウツー】

8月の月例Windows更新プログラム、「起動するPC」からのアンインストール方法は?

村田奏子  [2014/08/18]

米Microsoftおよび日本マイクロソフトが8月に提供した月例Windows更新プログラムを適用後、PCが起動しなくなるなどの問題が多発している。

■関連記事
2014年8月の月例Windows Updateでトラブル続出? - Windowsが起動しなくなったときの対処方法

これを受け15日に日本マイクロソフトは、配信した月例Windows更新プログラムのうち、「KB2982791」「KB2970228」「KB2975719」「KB2975331」の4プログラムのインストールが、PCに不具合を起こす可能性があると発表。18日にWindows Updateや自動更新経由での配信を停止したほか、すでに該当の更新プログラムをインストールした場合、問題がなくとも予防措置としてアンインストールすることを推奨している。

そこで本稿では、該当プログラムをインストール後に起動できたPCからの、Windows更新プログラムのアンインストール方法を画像で紹介する。

Windows 8.1 Updateの場合

コントロールパネル>システムとセキュリティ>Windows Updateを表示後、「インストールされた更新プログラム」を起動し、更新プログラムのリストの中から該当の更新プログラムにチェックを入れ、アンインストールを実行する。

なお、月例Windows更新プログラムを適用済みの筆者環境(Windows 8.1 Update 64bit)では、日本マイクロソフトが挙げた4プログラムのうち「KB2982791」のインストールのみを確認している。

コントロールパネルから「システムとセキュリティ」をクリック

「システムとセキュリティ」から「Windows Update」をクリック

「Windows Update」から「インストールされた更新プログラム」を表示

更新プログラムのリストから該当プログラム(表示はKB2982791)を右クリック、もしくは左上の「アンインストールボタン」をクリックすると、該当プログラムをアンインストールできる

アンインストール後は再起動が必要となる

Windows 7の場合

Windows 7の場合でもWindows 8.1 Updateと方法は同じ。なお、画面キャプチャはWindows 7のクラシック表示となっている。筆者のWindows 7環境はWindows 7 Professional SP1 32bitで、ここでも上記4プログラムのうち「KB2982791」のインストールのみを確認した。

コントロールパネル>システムとセキュリティ>Windows Updateを表示後、「インストールされた更新プログラム」を表示させ、右クリックもしくはアンインストールボタンからプログラムを削除できる。

コントロールパネルから「システムとセキュリティ」をクリック

「システムとセキュリティ」から「Windows Update」の「インストールされた更新プログラム」をクリック

更新プログラムのリストから該当ファイル(表示ファイルはKB2982791)を右クリック、もしくは左上の「アンインストールボタン」をクリックすると、アンインストールできる

関連キーワード

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

Rust 1.9登場
[13:30 5/30] 企業IT
ドコモ、「P-01G」ソフト更新 - 着信拒否登録に関する不具合修正
[13:28 5/30] 携帯
オーテク、原音再生にこだわった新ダイナミック型イヤホン「ATH-CKR100」
[13:12 5/30] 家電
ドコモ、「AQUOS PHONE ZETA」ソフト更新 - パケットサービスの品質改善
[13:11 5/30] 携帯
imecなど、変換効率12%の半透明ペロブスカイト太陽電池モジュールを開発
[13:09 5/30] テクノロジー

特別企画 PR