【レポート】

WWDC 2014レポート - OS X Yosemite登場! デザインも連携も、よりiOSと密な関係を築く

1 WWDC 2014レポート - OS X Yosemite編(1)

  • <<
  • <

1/8

Appleは米国西海岸時間6月2日午前10時から、サンフランシスコのモスコーンセンター・ウェストで、年次開発者会議WWDC14を開催した。プレゼンテーションの中で、大きな発表として、Mac向けOSの新版「OS X Yosemite」、iPhone・iPad向けOSの新版「iOS 8」と様々な新しいAPI群、そしてOS XとiOS向けにアプリを開発することができる新しい言語「Swift」を発表した。

会場となったモスコーンセンター・ウェスト

「X」「8」と描かれた横断幕が目をひく

本稿では、Mac向け新OSである「OS X Yosemite」について解説する。なおYosemiteは、本日から開発者向けプレビューが配布され、夏には非開発者が参加できるベータ版が利用可能になり、正式リリースは秋の予定だ。正式リリース時には、Macユーザーは無料でアップグレードできる。

キーノートスピーチにまずはCEOのティム・クック氏が登壇

  • <<
  • <

1/8

インデックス

目次
(1) WWDC 2014レポート - OS X Yosemite編(1)
(2) WWDC 2014レポート - OS X Yosemite編(2)
(3) WWDC 2014レポート - OS X Yosemite編(3)
(4) WWDC 2014レポート - OS X Yosemite編(4)
(5) WWDC 2014レポート - OS X Yosemite編(5)
(6) WWDC 2014レポート - OS X Yosemite編(6)
(7) WWDC 2014レポート - OS X Yosemite編(7)
(8) WWDC 2014レポート - OS X Yosemite編(8)

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事