【ハウツー】

Dropbox、Google Driveとどう違う? - ストレージサービス比較編

1 ストレージ容量

 
  • <<
  • <

1/3

オンラインストレージを使うなら、Dropbox? Google Drive? いや、OneDriveも忘れてはならない。OneDriveを保存先にするデジタルノートアプリ「OneNote」のMac版が利用可能になるなど、OneDriveの活躍の場が増えているのだ。今回はOneDriveと他のサービスとを比較してみよう。

競合のクラウドサービスと比較してみる

競合するオンラインストレージサービスと、このOneDriveはどこが違うのだろうか。マイクロソフトのサイトでは、競合サービスとの比較表が用意されている。まずはこの表をもとに、無料で使えるストレージの容量や、有料オプションの値段などについて比較していこう。

マイクロソフトのサイトから。初期状態のストレージ容量は、OneDriveは7GB、Apple iCloudは5GB、Googleドライブは15GB、Dropboxは2GBとなっている

無料で使えるオンラインストレージの容量は、初期状態ではOneDriveが7GB、Apple iCloudが5GB、Google Driveが15GB、Dropboxが2GBとなっている。OneDriveでは既述の通り、カメラバックアップをオンにするだけで3GBの容量アップが可能だ。このほか、SNSで友人に紹介することでも容量を増やすことができる。同様の増量サービスはDropboxなどでも行っている。

なお課金して容量を増やす場合、OneDriveでは50GBが年間2,000円/ 100GBが年間4,000円/ 200GBが年間8,000円となっている。ちなみにApple iCloudでは15GBが年間2,000円/ 25GBが年間4,000円/ 55GBが年間1万円、Googleドライブでは100GBが年間1.99ドル/ 1TBが年間9.99ドル/ 10TBが年間99.99ドル/ 20TBが年間199.99ドル/ 30TBが年間299.99ドル、Dropboxでは100GBが年間99ドル/ 200GBが年間199ドル/ 500GBが年間499ドル。サービスによってばらつきがある。

カメラ バックアップをオンにしただけで、容量が10GBに増えた筆者のOneDrive

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) ストレージ容量
(2) オンラインストレージを比較する
(3) OneDriveの魅力

人気記事

一覧

新着記事

MRJ、北米フェリーフライト中止/飛行再開未定--空調システムの監視機能に故障
[17:36 8/28] 趣味
「仮面ライダーエグゼイド」フィギュアに高可動&低価格の新ブランドが登場
[17:30 8/28] ホビー
iPhone基本の「き」 第212回 仕事で使いたくなるiPhoneの小技 - 会社に着いたらアレを忘れないためのリマインダー
[17:27 8/28] スマホとデジタル家電
[大竹しのぶ]撮影中に本気で殴った相手とは? 「後妻業の女」で主演
[16:48 8/28] エンタメ
EOS 5D Mark IVのタッチ&トライと人気写真家の講演がたまらない - FIVE GRAPHY EOS 5Dシリーズ スペシャルセミナー
[16:44 8/28] スマホとデジタル家電