【レビュー】

正統進化で魅力が倍増したMacBook Pro 13インチ Retinaディスプレイモデル

1 CPU性能やバッテリ駆動時間などが向上した新モデル

 
  • <<
  • <

1/4

2013年10月22日に行われたアップルのスペシャルイベントで、「iPad Air」や「iPad mini Retina」などとともに「MacBook Pro」シリーズの新モデルも発表された。新モデルは、従来モデルのデザインを踏襲しながらもCPU性能やバッテリ駆動時間などが向上しており、製品としての魅力も高まっているのが特長。今回は、ラインアップのうち「MacBook Pro 13インチ Retinaディスプレイ」のミドルモデルを試すことができたので、従来モデルとの比較を交えながら、その特長と実力を紹介していこう。

アップルの「MacBook Pro 13インチ Retinaディスプレイモデル」

[製品名]  MacBook Pro 13インチRetinaディスプレイモデル   [CPU]  Intel Core i5 (2.4 GHz)   [メモリ]  8GB   [SSD]  256GB   [グラフィックス]  Intel Iris Graphics   [ディスプレイ]  13.3型ワイド(2,560×1,600ピクセル)   [サイズ/重量]  約314(W)×219(D)×18(H)mm/約1.57kg   [価格]  154,800円  
  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) CPU性能やバッテリ駆動時間などが向上した新モデル
(2) 薄く軽く速くなった新モデル
(3) バッテリ駆動時間が大幅にアップ
(4) 完成度が高まり魅力もアップ

人気記事

一覧

新着記事

声優・小倉唯、7thシングル「Future Strike」よりMUSIC VIDEOの一部を公開
[01:00 10/2] ホビー
ネコ好きは横浜に集まれ!横浜を愛したネコ好き文豪スポット
[00:21 10/2] 趣味
いつ訪れても新しさに満ちている、みんなが集うコスモポリス横浜
[00:21 10/2] 趣味
観て、味わって、買って、くつろげる総合エンターテインメント
[00:21 10/2] 趣味
スクート、新千歳=台北=シンガポール線就航「構想から長い時を経て」
[21:34 10/1] 趣味