【レビュー】

Windows 7版Internet Explorer 11ファストレビュー - 高速化したJavaScript実行を検証

1 似て非なる? Windows 8 / 8.1版IE 11とWindows 7版IE 11

 
  • <<
  • <

1/2

Webアプリケーションが主流になりつつある現在、Webブラウザーは欠かせないツールの1つだ。誤解を恐れずに述べると、Webブラウザーがあれば、他のローカルアプリケーションは不要である。そのため、Webブラウザーのシェア(市場占有率)は重要であり、各社が自社製品を研ぎ澄ましているのが現状だ。そして大手Webブラウザーの1つ、MicrosoftのInternet Explorer(以下、IE)において、Windows 7向けのIE 11がリリースされた(図01)。

図01 IE 11 for Windows 7へアップグレードした後のバージョン情報。Windows 8.1 RTM版よりも新しいバージョン「11.0.9600.16428」を確認できた

システム要件として、Windows 7 Service Pack 1が前提。233MHz以上で動作するプロセッサ、512MB以上のメモリー、70MB以上のHDD空き容量が必要となる。もっとも、Windows 7 Service Pack 1が稼働している時点でこれらのシステム要件は満たしているため、特に気にすることはないだろう(図02)。

図02 IE 11のインストーラーは必要なコンポーネントをインターネット経由でダウンロードし、展開するタイプ。Windows 7の再起動が必要となる

ダウンロードページにアクセスすると、Webブラウザー情報を取得し、IE 11未インストール時の場合はダウンロードをうながすボタンやメッセージが現れる。32ビット版64ビット版をMicrosoftダウンロードセンターから直接入手できるので、複数のWindows 7マシンに対してIE 11をインストールする場合は、こちらの方が簡単だ(図03)。

図03 公式サイトのダウンロードページ。未インストールの場合はダウンロードボタンが現れる

さて、多くのユーザーが興味を抱くと思うIE 11の新機能だが、表層的な部分の差はIE 10と比較してそれほど多くない。そもそもIE 11は、Windows 8.1のタッチ環境によるWeb閲覧環境(俗にいうエクスペリエンス)を強化するため、タッチ操作時の応答性を改善したのが1つのポイント。Windowsストアアプリ版との連携も高まっているが、Windows 7版に関しては、その恩恵を受けることはできない。

他方で、IE 11の動作を制御する「インターネットのプロパティ」ダイアログを確認すると、いくつかの相違点を確認できた。例えばセキュリティ関連では、TLS(Transport Layer Security)の使用が初期状態で有効になるなど、いくつかの変更が見受けられる。また、Windows 8.1のIE 11には用意されていた「<SPDY/3の使用>」は見つからなかった。

SPDY(スピーディー)は、Googleが提唱した次期通信プロトコルの1つで、今後HTTP/2.0のベースになる可能性が高い。TCP/IPコンポーネントの更新が必要なのか、IE 11 for Windows 7のインストールだけでは対応できないのかもしれない。この件に関するMicrosoftの説明は確認できなかった(図04)。

図04 Windows 8.1用と比べると、<SPDY/3の使用>や<拡張保護モードで64ビットプロセッサを有効にする>といった項目が用意されていなかった

「<詳細設定>」タブや「<セキュリティ>」タブの設定項目は、IE 10の設定を引き継ぐため、初期状態は必ずしも同一ではない。Windows 8.1では初期状態で有効になっていた「<拡張保護モードを有効にする>」が無効になるケースも確認されたが、同項目の無効化を求める金融機関系Webサイトもあるため、IE 11へアップグレードした後は各種設定項目を確認すべきだろう。

次ページ: JavaScriptの実行パフォーマンスを検証

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 似て非なる? Windows 8 / 8.1版IE 11とWindows 7版IE 11
(2) JavaScriptの実行パフォーマンスを検証
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

長友佑都が『アナザースカイ』登場 - "アモーレ宣言"後収録で今田耕司は…?
[11:37 7/1] エンタメ
【レポート】1万人ユーザーのSAPをAWSに構築したアズビル、約1億円のコストダウンの見込み
[11:30 7/1] 企業IT
BREXITの衝撃! 金融市場に平穏は戻るのか
[11:04 7/1] マネー
Astell&Kernのハイレゾプレーヤー「AK70」は7月15日発売、69,980円
[11:00 7/1] 家電
【レポート】中山優馬、引き出しの多さ・切り替えの上手さで現場をひっぱる存在に - 監督は語る
[11:00 7/1] エンタメ