irumoの評判は悪い?メリット・デメリットやahamo・eximoとの違いを比較

irumoの評判は悪い?

格安SIMのおすすめ候補として上がる「irumo」。正確にはドコモの低容量料金プランの名前ですが世間一般的に3台キャリアよりも月額料金が安いという意味で「格安SIM」といっていいでしょう。

しかし、irumoは世間ではサービス開始当初から「改悪」「デメリットだらけ」という評判も多く聞かれています。

あなたも「本当にirumoに申込してんで大丈夫?」と不安に思っているかもしれません。

実は、ギガライトの半額以下で使えるドコモの新プラン「irumo」は神プランなのです!

どのような条件で比較してみても、irumoはギガライトの半額以下、しかもドコモの直接提供のため高品質です。

当記事では、ドコモの「irumo」の評判からわかったデメリットや注意点、メリットを紹介し、ahamoやeximoとの違いもまとめて紹介します。

irumoについて知りたい方や利用を検討している方は、ぜひ申込の参考にしてくださいね!

【2024年7月】irumoでもオンラインショップでお得に機種変更!

・irumoがドコモオンラインショップ対応!
・iPhone15もirumoで使える
各種キャンペーンも適用可能!

irumoは提供当初からドコモオンラインショップが使えませんでしたが、現在は対応済です。

店舗なら3,850円かかる手数料がオンラインなら0円。限定キャンペーンも適用できるので、機種変更は絶対にオンラインショップがおすすめ!

【公式】ドコモオンラインショップ:https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/

\iPhone15が22,000円割引! /

ドコモの「irumo」の悪い評判からわかったデメリット・注意点8つ

irumo評判-H2用オリジナル画像-1

まずは契約前に知っておきたいirumoの悪い評判と、評判からわかった主なデメリット・注意点を8つ紹介します。

irumoを契約してから後悔しないためにも、申込する前にしっかりと確認しておきましょう。

irumoのデメリット
  1. ドコモメールが有料になる
  2. ドコモクラウドが使えない
  3. spモードコンテンツ決済が使えない
  4. dカードのdポイント還元率が改悪
  5. ドコモ光とdカードがないと割引を受けられない
  6. 通信速度が制限されやすい
  7. ハーティ割引は対象外
  8. 契約事務手数料が3,850円かかる場合がある

ドコモメールが有料になる|月額330円

irumoはドコモの料金プランですが、ドコモメールが有料になる点に注意が必要です。

月額料金が330円かかるため、従来のドコモプランを利用している方は「メールが有料になるのは困る」と感じるかもしれません。

しかし、irumoはプラン自体の料金が非常に安く設定されているため、ドコモメールを有料で使用したとしても割安です。

また、LINEの普及によりキャリアメールの利用率が低下している現代においては、「ドコモメールを使わないならその分安くなる」とポジティブに捉えることもできます。

ただし、ドコモメールを継続して利用する場合はirumoと同時に申し込まないと過去のデータやメールアドレスが消失する可能性があるため注意が必要です。

そのため、ドコモメールの利用を続けるか迷っている方は、ひとまずirumoと同時にドコモメールに申し込みをしておき、後から不要になった時にドコモメールだけを解約するのが良いでしょう。

ドコモクラウドが使えない

irumoにプラン変更をすると、使えなくなる機能に「ドコモクラウド」があります。

ドコモクラウドはインターネット上でデータを保管・共有できるサービスであり、以下のような用途があります。

アプリ名称概要
ドコモ電話帳電話帳を自動でクラウドにバックアップ
※iPhoneはiCloudを利用するため影響なし
※AndroidもGoogleアカウントで代用可能
dフォト
(旧フォトコレクション)
写真・動画をクラウドにバックアップ
※iPhoneはiCloudを利用するため影響なし
※Androidも「フォトアプリ」で代用可能
スケジュール&メモドコモ独自のスケジュール&メモアプリのみクラウド保存

iPhoneユーザーの場合はiCloudに優先保存されるため、意図的にドコモのアプリを使っている場合を除いて、ドコモクラウドの利用停止による影響はほとんどありません。

一方、Androidでドコモクラウドを利用している場合、クラウド上のデータが削除されるため注意が必要です。

必要に応じてSDカードにデータを保存したりGoogleアカウントにバックアップをとったりする必要があります。

とはいえ、クラウド上のデータが削除されても、スマホ本体のデータがなくなる訳ではありません。

ただし、データ移行や端末の故障・紛失時に復元ができなくなる可能性があるため、irumoにプラン変更をした際には、データのバックアップを忘れずに行ってください。

spモードコンテンツ決済が使えない|影響はdメニューコンテンツのみ

irumoにプラン変更をすると、spモードコンテンツ決済が使えなくなる点にも注意が必要です。

しかし、「携帯料金合算払いが使えなくなる」というわけではありません。

spモードコンテンツ決済は、「dメニュー」の月額・個別課金にのみ使用される課金方式です。

そのため、Google PlayやApple Storeの決済はirumoに変更してもこれまで通り携帯料金と一緒に支払えますし、d払いも同様に利用できます。

また、dメニューのコンテンツに月額課金をしているユーザーも、支払い方式をspモード決済からd払いに変更することで、これまで通り利用可能です。

ドコモ料金と一緒にアプリの購入や課金ができないと思いがちですが、そのようなことはありませんので、安心してくださいね。

dカードのdポイント還元率が改悪

irumoはdポイント関連が全体的に改悪されている点が大きなデメリットです。

irumo従来プラン
(ギガライト・ギガホなど)
基本還元率0.5%1%
dカード(一般)0.5%1%
dカードGOLD1%10%

irumoではdポイントの基本還元率が0.5%に引き下げられ、さらにdカードGOLDを持っていても1%の還元率です。

多くのドコモユーザーはdポイントを重視しているため、この変更は大きなデメリットと言えるでしょう。

とはいえ、月額料金の安さを考えると仕方ない部分でもあります。

実際にギガライトでdポイントが10%還元されたとしても、毎月の還元ポイントはせいぜい300〜500ポイント程度です。

irumoにすれば、それ以上に料金が安くなるため、dポイントの還元率については割り切る必要があります。

なお、既にdカードGOLDを持っていてirumoを契約する場合、dカードGOLDを年会費のかからない一般カードに切り替える方が経済的に有利なケースが多いです。

年会費が11,000円かかるのにポイントが貯りにくくなってしまうあtめ、irumoへのプラン変更とともに、dカードのグレードダウンも検討してください。

ドコモ光とdカードがないと割引を受けられない

ドコモは低価格で利用できる料金プランですが、「ドコモ光」と「dカード」がなければ最大割引が適用できません。

ただし、この点については、代表的な格安SIMであるワイモバイルやUQモバイルにも同様のことが言えます。

例として、UQモバイルとirumoの料金を比較してみました。

irumo
3GBプラン
UQモバイル
ミニミニプラン
データ量3GB4GB
月額料金2,167円2,365円
光セット割▲1,100円▲1,100円
クレジットカード▲187円
(dカード)
▲187円
(au PAYカード)
最大割引料金880円1,078円
irumo3GBとUQモバイル ミニミニプランの比較

このように、irumoとUQモバイルは同じような料金設計ですが、月額料金はirumoの方が安く、データ量はUQモバイルの方が1GB多いです。

一方で、その他の格安SIMにはLINEMOのように「条件なしで3GB月額990円」というお得なサービスも存在しています。

結論として、irumoはドコモ光やdカードの割引が適用できるなら他社よりも安くなりますが、割引適用できない場合はLINEMOなどの他の選択肢も検討する価値があります。

自分の利用状況や必要な条件に合った最適なプランを選びましょう。


【公式】LINEMO
・3GB 990円、20GB 2,970円!無店舗の格安SIMおすすめNo.1
・安定のソフトバンク回線!ドコモと違い駅や都心で快適!
3GBプランは9月末まで990円で10GB使える!20GBは最大15,000円相当還元!
【公式】LINEMO

【公式】LINEMO:https://www.linemo.jp/

\ 最大15,000円相当還元! /

>>LINEMOの評判

通信速度が制限されやすい

irumoの気になる点として、ドコモが公式に発表している「ネットワーク混雑時にはドコモの他サービスより先に速度制限される可能性がある」という点があります。

そもそもドコモ自体が首都圏などの都心部でつながりにくい現象が頻発しており、ターミナル駅やオフィス街での通信品質はあまり良い評判ではありません。

そのような背景がある中で「irumoは優先的に速度制限」という一文があるのは、正直なところ不安があります。

しかし、ドコモは通信トラフィックの増加による速度低下は見られるものの、恣意的な速度制限を積極的に行ってはいません。

推論にはなりますが、状況として「irumoだから遅い」ということにはならないのではないかと考えます。

ハーティ割引が対象外

ドコモには障がいがある方向けの割引として「ハーティ割引」制度があります。

ハーティ割引では、基本料金の割引や5分かけ放題が無料になるなど様々なメリットがありますが、irumoはハーティ割引の対象外です。

とはいえirumoはそもそもの月額料金が安いため、ハーティ割引を適用しなくてもお得に利用できるためあまり気にする必要はありません。

ギガホに代わって新登場した「eximo」はハーティ割引の対象となっていますが、割引を適用したeximoよりもirumoの方が断然お得です。

ハーティ割引を適用した場合

irumo※対象外eximo
1GB550円(0.5GB)3,058円
3GB880円4,158円
無制限5,808円

ハーティ割引を利用していて、かつデータ量をあまり必要としないのであれば、irumoへの乗り換えを検討してみましょう。

契約事務手数料が3,850円丨オンラインなら無料!

irumoはドコモの料金プランのため、ドコモショップでも契約ができますが、契約などの各種手続きは事務手数料3,850円が発生するため注意してください。

irumo(ショップ)で事務手数料(3,850円)がかかる手続き
  • 新規または乗り換え契約
  • 契約変更
  • 名義変更
  • SIM再発行
  • その他手続きはショップで要確認

出典:irumo公式サイト

事務手数料はこれまでの3,300円から3,850円に値上がりしているため、できれば払いたくないものです。

正直なところ、契約だけで3,850円かかるのは損でしかないため、無駄なお金を支払いたくない方はオンラインで申し込みをしましょう。

オンラインで申し込みをすれば3,850円の事務手数料が0円になるため、irumoを契約する場合はオンライン手続きがおすすめ。

申し込みに不安がある場合は、ドコモショップで説明だけを聞くことができます。

店舗で説明を聞いた後、実際の申し込みは自分でチャレンジしてみましょう。

手順は「irumoの申し込み方法(オンラインなら手数料無料)」で解説しているので記事を参考に申し込み手続きを行ってみてください。

ドコモの「irumo」の良い評判からわかったメリット5つ

次に、ドコモの新プラン「irumo」の良い評判からわかったメリットを5つ紹介します。

irumoのメリット
  1. とにかく料金が安い
  2. 高品質なドコモ回線がそのまま使える
  3. 口座振替が使える
  4. ドコモショップで対応してもらえる
  5. ドコモ・ahamoから簡単に移行できる

とにかく料金が安い

irumoにおいて最も評判が高い部分は、「料金の安さ」です。

ドコモから乗り換えるだけでスマホ代が大幅に安くなったという意見が多く見られました。

契約プランをirumoにして通信費が3000円くらいになった。結構安い

引用:Twitter

上記の方は、ドコモからirumoに乗り換えてスマホ代が3,000円ほどになったとのこと。

息子が寝ている間に私と妻の携帯プランをirumoに変更しました。 ギガライト2,178円からirumo880円へと2人で1か月に2,596円の大幅ダウンです。まあそもそもギガライトがクソだったのですが。 子2人の日本通信290円×2とキッズケータイ2台と合わせても家族5人で月4,000円くらいですね。
引用:Twitter

こちらの口コミではセット割を適用すれば3GBが880円になったとのこと。

セット割を適用する必要はあるものの、安さにおいてirumoは格安SIM以上だと言えます。

これまでの「ドコモは高い」というイメージを覆すものであり、良い評判が多いのも当然でしょう。

高品質なドコモ回線がそのまま使える

irumoは格安SIMとは異なり、ドコモ回線をそのまま使用しています。

一般的な格安SIMは「MVNO」という仕組みで、大手キャリアから回線を借り受けてサービスを提供しています。

そのため、ピーク時(昼12-13時、夜18-20時頃)の速度が劇的に遅くってしまう点がデメリットです。

しかし、irumoはMVNOではないため、そのような心配がありません。

「スマホ代を安くしたいけれど格安SIMで通信品質が落ちるのは嫌だ」という方もirumoならドコモの電波そのままで安心してスマホ代を節約できます。

口座振替が使える

格安SIMの多くは口座振替に対応しておらず、クレジットカードが必要となりますが、irumoはドコモ直提供のサービスなので、口座振替が使えます。

今まで「格安SIMにしたいけどクレジットカードがないからできない」という方でも、irumoなら口座振替で支払いができ、さらに月額料金を抑えられます。

ただし、口座振替で支払う場合、「dカードお支払い割(187円割引)」が受けられない点には注意が必要です。

よりお得に利用するにはdカードで支払いをして割引を適用するのがおすすめです。

ドコモショップで対応してもらえる

irumoのメリットのひとつとして、ドコモショップで修理や機種変更ができる点があります。

特にスマホが故障したときに、全国のドコモショップで修理対応が受けられるのは心強いです。

修理の金額や対応はドコモの従来プラン(ギガホ・ギガライト等)と変わらないため、irumoに乗り換えても安心です。

ドコモ・ahamoから簡単に移行できる

irumoは格安SIM並みの料金ですが、あくまでドコモの料金プランの一つです。

ドコモ・ahamoからの移行はプラン変更手続きだけで済むため簡単に行えます。

たった今ahamoからirumoへプラン変更してみたけどSIMそのままでも良いしめちゃくちゃ簡単。 irumoの0.5GBプランの速度知りたくてもう変えたけど、タイミングとしては下旬がオススメ。 20GB→0.5GBに即切り替わるし料金も当月はahamoのままだからね。 自由度やべーなdocomo。笑
引用:Twitter

ドコモ・ahamoからの移行は、申し込み画面で「docomo・ahamoを契約中の方」を選択してから、わずか10分ほどで完了します。

実際に進めてみても本当に誰でもできるような手続き内容となっているため、ネットでの手続きに慣れていない方でも安心です。

あっという間にirumoに移行できるので、ドコモ・ahamoユーザーの方はぜひチャレンジしてみてくださいね!

irumoがおすすめな人

口コミ評判からわかるirumoがおすすめな人の特徴は以下のとおりです。

irumoがおすすめな人
  • 現在ギガライトを使っている方丨超おすすめ
  • 低容量でサポートが必要な人
  • ドコモ光・dカードを契約中(契約予定)の人

現在ギガライトを使っている方丨超おすすめ

現在、ドコモでギガライトを使っている方はirumoに乗り換えた方が確実にお得になります。

割引あり・割引なしにかかわらず、irumoはギガライトの半額以下です。

プラン変更するだけで安くなるため、正直なところ乗り換えない理由が見当たりません。

デメリットを挙げるとすれば、次の2つです。

  • dカードGOLDの還元率が10%から1%に下がる
  • 混雑時にはeximo・ahamoより先に制限対象となる

dカードGOLDについては、月々のスマホ代が安くなるのであればポイント還元は諦めた方が良いでしょう。

また、dカードGOLDの年会費11,000円を考えると、年会費無料で使える通常のdカードにダウングレードした方がお得です。

混雑時の優先制限についても、irumoは格安で利用できる分「仕方ない」とも言えます。

ただし、irumoは回線の一部をレンタルしているわけではなく、ドコモの回線をそのまま利用しているため、格安SIMのように急激に速度が低下するといったことは考えづらいです。

繰り返しになりますが、irumoはサポート体制もドコモとほとんど変わらず、ギガライトの半額以下で利用できます。

プラン変更手続き自体も簡単なので、ギガライトユーザーでもっとスマホ代を節約したいという方はirumoに乗り換えましょう。

低容量でサポートが必要な人

低容量のデータしか必要とせず、サポートが必要な人にもirumoはおすすめです。

irumoは0.5GBから9GBまでのプランがあり、完全にライトユーザーを対象としています。

  • 0.5GBプラン: ほとんどデータを必要としない人やお試しで使ってみたい人
  • 3GBプラン: 主に連絡手段としてスマホを使う人
  • 6GB・9GBプラン: SNSやスマホゲームも少しはやる人

このように、低容量の中でもさらに細かく振り分けが可能です。

また、全容量共通して言えることは、irumoは格安でありながら手厚いドコモのサポートを受けられるということです。

「格安SIMではサポートが不安」という方にもirumoは最適解でしょう。

ドコモ光・dカードを契約中(契約予定)の人

irumoはドコモ光セット割やdカードお支払い割を適用することで、格安SIM以上に安く使えます。

そのためセット割n条件である「ドコモ光(ドコモhome 5Gでも可)」と「dカード」を契約中、もしくは契約予定の人に特におすすめです。

既存のドコモユーザーであれば、ネット回線はドコモ系列、支払いは割引を受けるためにdカードを支払先に設定している方が多いのではないでしょうか。

ドコモユーザー以外でirumoを検討する場合、自宅のネット回線がドコモ光もしくはドコモhome 5Gでないかチェックしてみてくださいね。

ドコモ光を利用しているなら、irumoに乗り換えた方が確実にお得です!

irumoをおすすめできない人

下記に当てはまる場合、irumoの契約はあまりおすすめできません。

irumoをおすすめできない人
  • ドコモ光を契約できない人
  • IIJmioなど他社の格安SIMに満足している人
  • 月間10GB以上のデータ量を使う人

ドコモ光を契約できない人

irumoはドコモ光とセットで利用することで、毎月1,100円のセット割引が適用されます。

ドコモ光を契約できない場合は、irumoを最安料金で使えないためあまりおすすめできません。

ただし、現在ギガライトを使っている方は話が別です。

割引がなくてもirumoはギガライトの半額以下なので、セット割を気にせずドコモ内で料金を抑えたい場合は、irumoにプラン変更をしましょう。

ドコモ光が契約できない場合、ドコモhome 5Gでも同様の割引が入ります。どちらかを契約できるとirumoを安く利用できます。

IIJmioなど他社の格安SIMに満足している人

現在他社の格安SIMを利用していて、その格安SIMに満足している人もirumoはおすすめできません。

例えば、人気格安SIMのIIJmioと比較した場合、料金面だけで見ればIIJmioの方が安いです。

irumoIIJmio
0.5GB550円
3GB2,167円(880円)850円(2GB)
6GB2,827円(1,540円)990円(5GB)
9GB3,377円(2,040円)1,500円(10GB)
irumoの()内は割引後料金

上記を見てわかるように、IIJmioではirumoと異なり、特別な条件なしで安い料金で利用できます。

そのため、「IIJmioで十分」と感じている方は、irumoにわざわざ乗り換える必要はないでしょう。

IIJmioに限らず、他の格安SIMでも同様のことが言えます。

ただし、irumoの方がドコモ直回線を使用しているため、通信面で安定しています。

回線品質を重視する方や現在通信に不満がある方はirumoに乗り換えてもいいでしょう。

月間10GB以上データ量を使う人

irumoは最大データ容量が9GBまでです。そのため、月間10GB以上使用する人にはirumoはおすすめできません。

9GB超過時の最大通信速度は300Kbpsです。Googleマップの使用やLINE通話程度であれば問題ありませんが、速度がかなり落ちるためストレスになることも考えられます。

データ量にゆとりをもってスマホを使いたい場合は、「ahamo」などのプランを契約するのが無難です。

ただしドコモからの乗り換えではキャンペーンが適用されないため、他の格安SIMやキャリアオンラインプランであるLINEMOなども視野に入れてみると良いでしょう。

irumoとahamo・eximo・他の格安SIMを比較

irumoとドコモのahamo、eximo、他の格安SIMを比較してみました。

irumoとの比較
  • irumoとahamoを比較
  • irumoとeximoを比較
  • irumoと他の格安SIMを比較

本当にirumoで良いのか、他のプランや格安SIMと迷っている方はぜひ参考にしてください。

irumoとahamoを比較

irumoirumo
(割引適用後)
OCNモバイルONE
0.5GB550円550円
3GB2,167円880円
6GB2,827円1,540円
9GB3,377円2,090円
20GB2,970円
100GB4,950円

irumoは小容量〜中容量、ahamoは中容量〜大容量と、使用できるデータ量に大きな差があります。

irumoでセット割引を適用しない場合とahamoの料金を比較すると、6GBまではirumoの方が安くなりますが、9GBはirumoの方が高くなります。

そのため、セット割を適用できない場合は実際に利用するデータ量が6GB未満の場合はirumo、6G以上の場合はahamoを選ぶと良いでしょう。

ただし、セット割が適用できる場合はいずれのプランもahamoよりもirumoの方が安くなります。

9GBまででデータ量が足り、かつセット割引を適用できる方はirumoがおすすめです。

irumoとeximoを比較

irumoeximo
0.5GB550円
1GB4,565円
3GB2,167円5,665円
6GB2,827円
9GB3,377円
100GB7,315円

irumoは0.5GB〜9GBの小容量〜中容量のデータ量を利用できる料金プランです。

一方のeximoはデータ無制限で利用できるため、大容量のデータ量を必要とする方に向いています。

ただし、eximoを契約している場合でも1GB以下、3GB以下の場合はそれぞれ割引が入って通常よりも安く利用可能です。

とは言え、割引が入ったとしてもeximoよりもirumoの方が安いため、データ量が少ない方はirumoを選べば問題ありません。

irumo
(割引適用後)
eximo
(割引適用後)
0.5GB550円
1GB2,178円
3GB880円3,278円
6GB1,540円
9GB2,090円
無制限4,928円

eximoもirumoと同様に、セット割引を適用することで通常よりも安く利用できます。

eximoではirumoでは対象外となるみんなドコモ割(家族割)も適用になるため、割引総額は大きくなりますが、それでもirumoの方が低価格です。

使用するデータ量に合わせて自分にあったプランを選んでください。

irumoと他の格安SIMを比較

irumoIIJmiomineo
0.5GB550円
1GB1,298円
2GB850円
3GB880円(2,167円)
5GB990円1,518円
6GB1,540円(2,827円)
9GB2,040円(3,377円)
10GB1,500円1,958円
20GB2,178円
irumoの()内は割引前の料金

irumoは各種割引を適用すると3GBを月額880円など、格安SIMと同等の価格で利用できます。

ただし、割引を適用しない場合は割高になってしまうため注意が必要です。

irumoと他の格安SIMとの違いとして、irumoはドコモから回線を借りているのではなく、ドコモの回線をそのまま利用できるという点です。

通信品質を落としたくないという方は、料金だけでなく通信品質のことも考えたうえで、自分にあったプランを選びましょう。

irumoの申し込み方法丨オンラインがおすすめ

irumoの申し込み方法を解説します。

irumoはオンライン専用というわけではないためドコモショップでも契約可能ですが、ドコモショップでは事務手数料として3,850円が発生します。

オンライン上で申し込めば手数料は0円で済みます。

そのため、irumoへの申し込みはオンラインでの申し込みがおすすめです。

irumoを申し込むにあたって考えられる申し込みパターンは次の2つです。

  • 新規または他社からの乗り換え
  • ドコモ・ahamoからのプラン変更

ドコモ・ahamoからプラン変更の場合は公式サイトから「docomo・ahamoを契約中の方」を選択して手順通りの進めばOK。

新規または乗り換えでは下記の手順が必要です。

申し込み・乗り換えにあたってまずは以下の必要なものを用意しましょう。

申し込み・乗り換えに必要な物
  1. 本人確認書類
  2. 端末そのままならirumoで使うスマホ
  3. dアカウント(乗り換え時に作成してもOK)
  4. キャリアメール以外のメールアドレス
  5. クレジットカード/通帳またはキャッシュカード
  6. 乗り換えの場合はMNP予約番号

予約番号に関しては「MNPのワンストップ方式」がスタートしているため、下記の事業者から乗り換える場合は予約番号の取得は不要です。

  • au・povo2.0・UQモバイル
  • ソフトバンク・LINEMO・ワイモバイル
  • 楽天モバイル
  • 日本通信SIM
  • ジャパネットたかた通信サービス
  • mineo
  • IIJmio

※2023年12月時点の情報

irumoの申込に使える本人確認書類は次のとおりです。

irumoで使える本人確認書類
  • 運転免許証/運転経歴証明書
  • マイナンバーカード
  • 健康保険証+住民票
  • 身体障がい者手帳
  • 精神障がい者保健福祉手帳
  • 療育手帳
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード

必要な物を揃えたら、公式サイトから申し込みしましょう。

手順は以下のとおり。

irumoの申し込み手順
STEP
公式サイトから申し込みする

irumo公式サイトから申し込みします。

STEP
料金プラン・オプションの選択

irumoで使うデータ量を選択

  • 0.5GB(880円~2,167円)
  • 3.0GB(1,540~2,827
  • 6.0GB(2,090~3,377
  • 9.0GB(550円)

音声通話オプションの選択

  • 5分かけ放題(880円)
  • かけ放題(1,980円)

ドコモメールオプションの選択

  • 申し込む場合、毎月330円

料金シミュレーション結果が出ます。

STEP
dアカウントの作成またはログイン

irumoで利用するdアカウントを新規作成するか持っているdアカウントでログインするかを選択します。

STEP
MNP予約番号を入力
  1. MNP予約番号
  2. MNP予約番号有効期限
  3. MNPで引き継ぐ電話番号

上記3点を入力します。

ワンストップ方式に対応した事業者から乗り換えではMNP予約番号が不要です。

STEP
本人確認書類・受け取り方法の選択

申込に使う本人確認書類を選択後、提出方法を選択します。

  • スマホでの本人確認(eKYC)
  • 画像アップロード

その後、受け取り方法を選択します。

  • 本人受け取り 
  • 本人以外・宅配ボックスでの受け取り

発送は審査完了から最短3日です。

STEP
契約者情報・支払い情報の入力

住所や名前などの個人情報を入力します。

その後支払先を設定します。

  • クレジットカード
  • 口座番号

希望の支払先を入力しましょう。

STEP
注意事項に同意して申込

最後に内容確認後、注意事項に同意して「注文を確定する」をタップ。

申し込み完了です!

irumoに関するよくある質問

irumoに関する以下のよくある質問についてまとめました。

よくある質問
  • irumoの機種変更はどうしたらいい?
  • irumoではマイドコモは使えない?
  • irumoの通信速度は遅い?
irumoの機種変更はどうしたらいい?

irumoのサービス開始当初はドコモオンラインショップでの機種変更ができませんでしたが、現在はirumo契約中でもドコモオンラインショップでの機種変更が可能です。

もちろんドコモショップも利用できます。

また、他社で購入したSIMフリースマホも使えるため、自分に合った方法で端末を用意してください。

irumoではマイドコモは使えない?

irumoへプラン変更後も従来通りマイドコモの利用が可能です。

マイドコモでは利用料金やデータ残量などの確認ができます。

また、irumoサイトから見れる「マイページ」も利用可能です。

まとめ|ドコモ「irumo」は評判も良好!データ量が少ない人におすすめ

当記事では、ドコモの新プラン「irumo」について評判から分かるメリット・デメリットを元に詳しく解説をしました。

結論として、irumoは評判もよく、非常におすすめできるプランと言えます。

ポイント還元率など細かい部分での改悪はありますが、それを補って余りある圧倒的な月額料金の安さこそ、irumoの魅力です。

当記事を参考に、よりよいサービスに乗り換えをしてくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人