[PR]

マンションマーケットの評判は?口コミからメリット・デメリットを検証

不動産売却
本ページはプロモーションが含まれています。

マンションマーケットは、マンションに特化したコスパの高いサービスを提供していると、評判を得ているサービスです。

本記事では、マンションマーケットのサービスの特徴や、評判から知れる査定を利用する手順や、利用時に気をつけたい注意点について、そしてメリット・デメリットを徹底検証していきます。

不動産査定サイト選びにぜひお役立てください。

マンションマーケットはこんなサイト…

  • マンションマーケットは、査定から売却書類提出までオンラインで完結できる!
  • マンションマーケットは、専属の担当エージェントに手厚くサポートしてもらえる!
  • マンションマーケットは、定額制の仲介手数料で費用節約も図れる!

不動産一括査定サイト利用者が選んだおすすめサービスTOP3

この記事を読まずに、先におすすめの査定サービスを知りたい人におすすめなのが、以下の3サービスです。

マイナビ編集部で実施した独自アンケート結果による「おすすめの不動産一括査定サービスTOP3」です。実際の利用者の声と編集部の知見が合わさってできたランキングですので、ぜひ参考にしてください。

※クラウドワークス、クロスマーケティング調べ(2021/4/9~2021/4/13実施 回答数380人)

 

マンションマーケットとは?おすすめの人と4つの特徴

・利用者数:非公開
・提携会社数:数十社
・同時依頼数:複数社
・対象エリア:東京23区、神奈川の一部エリア、大阪
・対応不動産の種類:マンション
・コラム記事:有(「初めてのマンション売却」)
・匿名査定:利用不可
・URL:https://mansion-market.com/satei

マンションマーケットは、次のような方におすすめの査定サイトです。

  • よりスムーズにマンションを売却したい方
  • 査定から売却書類提出までオンラインで済ませたい方
  • 経験豊富な専属エージェントにしっかりサポートしてもらいたい方
  • 仲介手数料を節約したい方

マンション査定を受ける

マンションに特化した不動産仲介会社

不動産一括査定サイトの多くは、すべての不動産に焦点を当てたサービスを提供していますが、マンションマーケットはマンションに特化したデータベースで査定するため、効率のよいマンション売却が行えます。

ITを駆使したデータベースを通して提供されるサービスは、どれも無料で利用できます。

以下はサービスの一例です。

  • 直近売買情報を閲覧できる
  • 価格の推移状況を知ることができる
  • 過去の売買情報から相場を把握できる

これらの情報をマンションのみに絞って提供してくれるため、数ある不動産情報からマンション情報を選り分ける手間が省けます。

オンラインで書類のやり取りまで可能

効率性を追求したマンションマーケットのサービスは、査定から売却活動まですべてオンライン上で行えます。

マンション売却を行う際は、基本的に担当者と直接会って書類を提出したり、売却プランを立てたりすることが一般的です。

マンションマーケットは書類の提出や売買時の相談といったやりとりも、オンライン上で完結できるシステムを完備し、不動産売買でネックになっていた効率の悪い手続きのカットに成功しています。

相談はチャット形式で手軽に行えるため、利用者の好きなタイミングで聞きたいことをすぐに相談できます。

忙しい生活を送っていて、マンション売却の打ち合わせに時間をかけている余裕がないという方や、海外出張中で、担当者に直接会えないという方には特におすすめです。

売買は担当エージェントが徹底サポート

マンションマーケットは、担当エージェントの丁寧なサポートも充実しています。

不動産仲介会社に仲介依頼をする場合は、一人の担当者が売主側と買主側両方の担当者を兼任していることが多い傾向にあります。

しかし、マンションマーケットは売主側についているエージェントが買主側も担当することはなく、依頼主への丁寧なサポートが行えるように取り計らわれているのです。

さらに担当エージェントにサポートしてもらえるのは、売買計画の手助けだけではありません。

買取を依頼したい場合にも、売主の立場に立ってよりよい買取業者を探すことに尽力してもらえます。

初めてのマンション売却で右も左もわからないと不安に感じている方や、買取業者をプロの目で選定してもらいたいという方におすすめといえます。

マンションマーケットの担当エージェント一覧は、こちらのページでチェックできます。

売却の仲介手数料が定額

マンションマーケットは、仲介手数料を定額に設定している点も特徴です。

一般的に、仲介手数料は宅建業法で上限が定められています。

しかし、ほとんどの売却ケースで上限いっぱいの仲介手数料を請求されることが多いため、高額になりやすい売買費用として知られています。

一例として、マンションを3,000万円で売却したときの仲介手数料を、宅建業法で定められた上限額算出の計算式で試算してみましょう。

3,000万円×3%+6万円+消費税=105万6,000円

通常用いられる仲介手数料の計算式からすると、3,000万円の売買が行われたときは、100万円前後の仲介手数料がかかることがわかります。

しかし、マンションマーケットの仲介手数料は、税抜49万8,000円(税込54万7,800円)の定額制なので、売買価格が高額になったとしてもそれ以上の仲介手数料になることはありません。

売買費用を少しでも安く抑えたいと考えている方にとって、大きな味方となるサービスを提供しています。

マンションマーケットの良い口コミ/評判から見る5つのメリット

マンションマーケットの強みは分かりましたが、利用者からの評判がどうなのかも気になるところです。

この章では、実際に利用したユーザーの口コミから分かる「5つのメリット」を詳しく見ていきましょう。

仲介手数料が安い

マンションマーケット利用者が寄せた評判の中で、最も多く挙げられていた点は「仲介手数料が安い」ということです。

仲介手数料は上限が決まっているとはいえ、売買価格によって左右されてしまう費用です。

たとえ高い金額でマンションを売却できたとしても、その売買額に応じた仲介手数料がかかってしまいます。

しかし、マンションマーケットで査定や売却を行うと、高く売却できたときでも仲介手数料は変わりません。

売却益が多く手元に残ると、住み替え先のグレードをアップしたり、売却益でより大きな投資を行えるようになります。

今後の資産活用の面でもメリットが得られるでしょう。

担当エージェントが要望に沿うよう尽力してくれる

マンションマーケットの評判を見ると「売主専任の担当エージェントが、売主の要望に沿ってサポートをしてくれる」という点でも高い評価を得ています。

通常は不動産仲介会社に依頼すると、担当者が買主からの依頼も受け持っていることが多いです。

担当者は売主だけでなく、買主からも不動産仲介手数料を受け取りたいと考えるため、買主の希望額で売却するよう売主に値引きを持ちかけるケースも少なくありません。

また場合によっては、自社の顧客以外からの購入希望依頼を受け付けない「囲い込み」を受ける可能性もあります。

マンションマーケットは、売主を担当するエージェントが同時に買主のエージェントも兼任することがないため、囲い込みや買い叩きに合うリスクを抑えられるという点がメリットです。

マンションの最新相場を入手できる

マンションマーケットが、無料で提供している相場情報も高い評価を受けています。

エリア内のマンション価格を、直近から過去の売り出し価格まで知れるため、これまでの価格推移を知りたい方にも役立ちます。

また無料の会員登録を行うと、自身の所有するマンションが、どれほどの相場で売買されているのかを知れます

さらに、買取を行う場合の相場まで確認できます。

より正確な査定額を手軽に知れるというメリットは、マンション売却を検討している全ての方にぴったりといえるでしょう。

現在売り出し中のマンション価格をチェックできる

現在売り出し中のマンション情報を知れる点も、大きなメリットといえます。

一般的にマンションの相場を調べるときには、売買契約が成立したものを参考にすることが多いです。

しかし、これから売り出そうと考えている方に最も必要なことは、現在どれほどの価格で売買されているのかという点でしょう。

マンションマーケットは不動産仲介会社が運営しているため、仲介業社のみが知りえる売り出し中のマンション価格を、随時閲覧が可能です。

ホットなマンション価格情報を得られるため、売却計画をより具体的に考える手助けになります。

スマート買取が便利

マンションの条件によっては、ニーズがなくて売却することが困難になる物件もあります。

そのような物件を「スマート買取のサービスで買い取ってもらえた」という喜びの声も見受けられました。

スマート買取でマンションを買い取ってもらうと、仲介手数料がかかりません。

買取額がそっくりそのまま売却益になるため、売れないマンションをお得に処理できます。

また、複数の買取業者に査定を依頼することもでき、より高い金額で買い取ってもらえる可能性もあります。

その他に、一括査定サービスで売却が難しいといわれてしまったマンションも、マンションマーケットのスマート買取を検討してみるのもおすすめです。

マンションマーケットの悪い口コミ/評判から見る3つのデメリット

マンションマーケットの評判を見ると、悪い口コミや評判も一定数見受けられました。

よく挙げられていた3つの点から、どのようなデメリットがあるのかを考察していきます。

過去事例で実際の成約価格がわからない

マンションマーケットが公開している過去の取引額は、売り出し価格であることがほとんどです。

値引きなどを行ったあとの売買成約額ではないため、より詳しい成約額を知りたい利用者からは、不満の声が上がっています。

しかし過去事例で、どれほどの価格で取引が開始されていたのかが分かるので、売り出し価格を決める指標として参考にできます。

査定結果と過去の売り出し価格を見比べることで、購入希望者の目を引きやすい価格設定を行うのに役立つでしょう。

売却活動は担当エージェントとの相性に左右される

担当エージェントは、売主に寄り添って売買計画を進めようと尽力してくれます。

しかしコミュニケーションをうまく図れていなかったケースでは「思い描いたような売却活動にならなかった」という口コミも見られました。

この点はマンションマーケットに限らず、どの不動産仲介会社に依頼する場合でも生じかねないデメリットといえます。

なぜなら、不動産売却は担当者と二人三脚で行う必要があるためです。

不動産売却の専門家であっても、売主側の意向を汲み損ねると売却活動の方向性がつかめずに、その力を発揮できません。

売主側が上手に意向を伝えるコツは、査定を依頼する前に以下の点を明確にしておくことです。

  • 売却の目的は何か
  • 売却額の最低ラインはいくらか
  • 売却時に不安に感じている点は何か

先にこれらの点を考慮しておくと、スムーズなコミュニケーションを図れます。

また、担当エージェントからのヒアリングの際は、ありのままを話すことで方向性を明確に伝られます。

良いコミュニケーションをとることで、担当エージェントとの相性をよくできるでしょう。

希望価格で売れるとは限らない

利用者のなかには「希望していた売却価格で売れなかった」と不満に感じている方もいます。

この点は、不動産売却時によく見られる不満の声です。

希望通りの価格で売れないと「このサービスを利用しなければよかった」と感じてしまうかもしれません。

しかし、希望売却価格で売り出したときに生じるリスクも考える必要があります。

希望売却価格が相場とかけ離れている場合は、購入希望者すら現れないといった事態が起こりかねません。

希望売却価格ではない金額で売り出すように勧められた場合は、どうしてその金額が妥当なのかを尋ねてみましょう。

提示された価格の根拠を知ると、納得のいく売却を行うことにもつながります。

マンションマーケットで査定依頼をする流れや必要書類

マンションマーケットで査定を依頼する際は、上記の手順に沿って行いましょう。

ここからは事前に用意しておきたい書類と共に手順を詳しく解説していきます。

売却予定のマンションの資料を用意

正確な査定を行い場合は、マンションの大きさがわかる書類を用意しておく必要があります。

以下は、マンションについて詳しく記載されている資料の一例です。

  • マンションの図面
  • 購入したときのチラシと売買契約書
  • マンションの管理規約
  • 重要事項説明書

これらの資料は、査定時だけではなく買主が見つかったときにも必要です。

査定前に用意しておくと、買主への資料引き渡しもスムーズに行えます。

マンションの情報を入力

査定時に必要な入力項目は以下の点です。

  • 住所とマンション名
  • 階数と部屋番号
  • 面積
  • 間取り
  • 方位
  • 現時点で居住しているか
  • 名義人

以下の画像のようなページから入力を進め、約60秒で査定依頼ができます。

なお、マンションマーケットの対象エリアは、東京23区・神奈川の一部エリア・大阪です。

それ以外のエリアで査定依頼をする場合には、遷移先の「すまいステップ」や「イエウール」などの査定サイトから一括査定を行えます。

査定結果をもとに依頼するかを検討

査定結果が出たあとは、査定額の根拠は信頼性が高いか、担当者の対応は丁寧で親切なものかを見極めます。

査定額の高さだけですぐに飛びつくのではなく、信頼に足る依頼先であるかを見極めると失敗回避にもつながります。

担当者を見極めるときに役立つのは、以下のチェック項目です。

  • 売主にわかりやすい言葉で説明してくれる
  • 質問ひとつひとつに丁寧に回答してくれる
  • これまでの売買実績はどれほどか
  • 宅地建物取引士の資格を持っているか

上記は基本的なチェック項目です。この他にもファイナンシャルプランナーや不動産鑑定士、マンション管理士といった付加的な資格を持っている担当者であれば、手厚いサポートを期待できます。

マンションマーケットの注意点

マンションマーケットを利用する際は、以下3つの点を注意することで上手に活用できます。

  • REINS Market Informationを自分で確認
  • 担当者と密なコミュニケーションをとる
  • スマート売却では一括査定ができない

それぞれの注意点について詳しく見ていきましょう。

REINS Market Informationをチェックする

公開されている相場情報は、主にマンションマーケットが行った取引を中心に割り出されています。

そのため、全国的な売買情報について知りたいときには、国土交通大臣指定の機関が運営するREINS Market Informationを閲覧する必要があります。

REINS Market Informationは、過去の成約価格を閲覧できるサービスで利用は無料です。

マンションの項目から都道府県と地域を選択し、各エリアの成約履歴を検索できます。

ただし、エリアを細かく指定できなかったり、直近1年間の売買履歴が100件に満たない場合は、検索結果を表示できなかったりすることがあります。

そのため、マンションマーケットのサービスと併用すると、より詳しい情報を収集できるでしょう。

担当者と意欲的にコミュニケーションをとる

マンションマーケットは、担当者とオンライン上で手軽にやり取りができる反面、コミュニケーションが不足しがちになる可能性もあります。

オンラインの手軽さと、担当者の手厚いサポートを両立させるためには、売主側からも積極的なコミュニケーションを図ることは大切です。

頻繁に連絡をとって、理想のマンション売却像を伝えるようにしましょう。

またチャットでやり取りを行う際は、自分の思いが伝わりやすい言い回しになっているかを、意識することもおすすめです。

よりよいコミュニケーションをとることで、マンション売却を成功に導けます。

スマート売却では一括査定できない

マンションマーケットのスマート売却は、一括査定を行うサービスではありません。

そのため、他社の査定額と見比べるという利用目的には向いていないといえます。

他社の査定結果も知りたいときには、その他一括査定サイトを併用することをおすすめします。

マンションマーケットと提携しているすまいステップを併用するのも賢い方法です。

おすすめの一括査定サイトは「すまいステップ」

■すまいステップはこんな人におすすめ
  • 初めてで不安だから実績のあるエース級の担当者に出会いたい
  • 厳選された優良不動産会社のみに査定を依頼したい
  • 悪徳業者が徹底的に排除された査定サイトを使いたい

\ 厳選した優良会社に査定依頼 /
すまいステップで一括査定する

まとめ

マンションマーケットは、マンションに特化した情報をもとに効率よく査定から売却書類提出までオンラインで全て行えるサービスです。

また、専属の担当エージェントから手厚いサポートを受けられます。

仲介手数料が定額で設定されているため、査定額が高い場合にも有用なサービスです。

マンションマーケットの評判から得られる情報も参考にしつつ、ぜひマンション売却のツールとして活用してみましょう。

マンション査定をするならマンションマーケットがおすすめ

・利用者数:非公開
・提携会社数:数十社
・同時依頼数:複数社
・対象エリア:東京23区、神奈川の一部エリア、大阪
・対応不動産の種類:マンション
・コラム記事:有(「初めてのマンション売却」)
・匿名査定:利用不可
・URL:https://mansion-market.com/satei

マンションマーケットは、次のような方におすすめの査定サイトです。

  • よりスムーズにマンションを売却したい方
  • 査定から売却書類提出までオンラインで済ませたい方
  • 経験豊富な専属エージェントにしっかりサポートしてもらいたい方
  • 仲介手数料を節約したい方

マンション査定を受ける

※編集部にて不動産査定サイト利用ユーザーを対象に行ったアンケート結果とインターネット上の情報を参考に執筆

※「マイナビニュース不動産査定」は以下に記載されたリンク先からの情報をもとに、制作・編集しております。
https://www.land.mlit.go.jp/webland/
https://www.rosenka.nta.go.jp/
https://www.retpc.jp/chosa/reins/
https://www.land.mlit.go.jp/webland/servlet/MainServlet
https://www.zentaku.or.jp/cms/wp-content/uploads/2022/02/2021-fudousan-anke-to.pdf


◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
タイトルとURLをコピーしました