PR

パワハラで即日退職はできる?パートやバイトでも可能?人事のプロが徹底解説

退職
本ページはプロモーションが含まれています。

パワハラがつらくて今すぐにでも辞めたい方はいますよね。

パワハラをする上司が悪いのだから、即日退職しても許されるはずと思いたくもなります。

しかし実際はパワハラだとあなたが感じていることと、即日退職が可能かは別の話です。

ここではパワハラで苦しむ方に、即日退職が可能な方法をお伝えします。

注意点も詳しく説明していますので、ぜひ参考にしてみてください。

本記事の監修者
山本圭佑

慶應義塾大学卒業。東証一部上場企業の人事部に入社し、人事労務、人材開発、新卒採用、中途採用、人事システム業務など人事領域全般を経験。
500人以上の人事キャリアと労務を担当し、昇格昇進、給与賞与、管理職育成、退職と採用、ハラスメントや懲戒などの労務問題まで対応した経験をもとに解説します。

迷ったらこのどれかでOK! 料金(税込) 決め手 詳細
トリケシ
トリケシのバナー
一律25,000円 安全性もコストも、
バランス重視!
・日本労働産業ユニオン(労働組合)が運営
・全額返金保証アリ
・失業保険給付や転職もサポート可
総合的に見てオススメ
公式サイト
EXIT(イグジット)
EXITのロゴ画像
一律20,000円
業界屈指の安さ
とにかく安く、
手軽さ重視!
・退職代行を世に広めたパイオニア的存在
・退職の意思を伝えるだけならココ
公式サイト
ヤメドキ
ヤメドキ公式バナー
一律24,000円 給料日後に支払える、
お財布重視!
・完全後払い式で安心のサービス
・後払い猶予がたっぷり1ヶ月
公式サイト
スポンサーリンク
◆記事公開後は情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。

退職は原則2週間前の申告が必要

パワハラで苦しんでいる方は今すぐにでも会社を辞めたくなると思いますが、退職は原則2週間前の申告が必要となってしまいます。

会社と雇用契約を結んでいて、その解除を申し出る形ですので、一方的かつ即座に契約は解除できないですよね。

パワハラだからと言って絶対に即日退職できるわけではない

パワハラなのだから仕方ない、悪いのは上司や会社だと思うかもしれません。

しかし仮に実態がそうであったとしても、パワハラは一方的にそう感じるといっただけでは認められません。

当然ながら即日パワハラで辞めると言われ、即日パワハラを認めて退職も許可されるわけではなく、会社側がパワハラを認めることは極めて稀です。

裁判になるケースもありますし、労災でもパワハラ認定は難しいです。

このような状況ですので、あなたが勝手にパワハラだと決めて即日会社に来なくなった場合、あなたが不利な状況でトラブルになる可能性すらあるでしょう。

ぜひ注意してください。

パワハラで即日退職する方法4選

パワハラだからといって即日退職できるわけではないとお伝えしました。

しかし次にパワハラに対して即日退職する方法を紹介しますので安心してください。

  1. 会社に理由を伝えて合意を取る
  2. 有給休暇を使う(2週間以上必要)
  3. 欠勤扱いでも認めてもらう(有給休暇がない場合)
  4. 退職代行サービスを使う

それぞれ詳しく説明します。

パワハラで即日退職する方法1.会社に理由を伝えて合意を取る

パワハラで即日退職したい場合、会社と合意を取る必要があります。

ここでは一方的にパワハラだと非難し戦うのではなく、冷静に話し合うことが重要です。

会社に慰謝料請求をしたいのではなくあくまで退職できればよいのですよね。

会社にしっかり理由を伝えて合意を取れば、即日退職できると言えます。

パワハラで即日退職する方法2.有給休暇を使う(2週間以上必要)

有給休暇は上司や会社が好きに減らせるものではなく、法律によって最低付与日数が決められています。

自分にまだ有給休暇が2週間以上残っている場合は、その有給休暇を使って実質即日退職する方法があります。

つまり退職日は2週間後でも、それまで有給休暇を使うため出社はしなくてよいという仕組みです。

有給休暇を使って辞めるケースがパワハラで悩む人にはおすすめできるでしょう。

パワハラで即日退職する方法3.欠勤扱いでも認めてもらう(有給休暇がない場合)

有給休暇が2週間以上残っていれば、即日退職できる可能性が高いとお伝えしました。

しかし有給休暇が残っていない方はどうすればよいのでしょうか。

間違ってもパワハラだからと勝手に判断して、バックレるような行為はやめましょう。

有給休暇が残っていないけれど即日退職したい方は、欠勤扱いだとしても辞められないか会社と合意を取る必要があります。

ポイントは必ず会社と合意を取ることで、欠勤でいいからと勝手に休む場合、これは無断欠勤となります。

無断欠勤によって損害を与えた場合は、最悪損害賠償請求をされるリスクすらあるため注意しましょう。

パワハラで即日退職する方法4.退職代行サービスを使う

ここまで見てきた通り、パワハラだと感じるだけでは理由にならず、バックレ行為は言語道断で無断欠勤も絶対に不利になります。

会社と合意が取りたくても会社が即日退職は拒否することも多いでしょう。

当日に辞めたいと言ってそのまま辞められる方が少ないですよね。

その場合は退職代行サービスを使うこともおすすめできます。

退職代行サービスは業者を間に挟み、業者から会社に退職の意志を伝えてもらいます。

残りの有給休暇を踏まえた上で会社と交渉をして、即日退職を可能にしてくれるサービスもあります。

一人で会社と話していても合意が取れない方は、退職代行を使うのはいかがでしょうか。

退職率は100%で、退職については間違いなく成功するサービスはいくつも存在しています。

パートやバイトのパワハラで即日退職する方法2選

ここまで正社員をベースにパワハラでの即日退職を見てきました。

一方パワハラで辞めたいのはパートやバイトも同じですよね。

ここではパートやバイトについて、即日退職する方法を紹介します。

  1. 有給休暇を使う
  2. 1年以上勤務している人は辞められる

ぜひ参考にしてみてください。

パートやバイトのパワハラで即日退職する方法1.有給休暇を使う

有給休暇が残っている方は、有給休暇を使ってすぐに辞める方法があります。

これはパートやバイトも同じで、誤解されがちですがパートやバイトでも有給休暇は取得できます。

勤務時間や勤務年数に応じて、有給休暇は労働法によって与えられる権利なのです。

パートやバイトだから有給休暇はないと会社が言ったとしても、本当はしっかりと休めるケースも少なくありません。

ご自身の有給休暇を計算して、残っている方は使うことで即日退職できるでしょう。

パートやバイトのパワハラで即日退職する方法2. 1年以上勤務している人は辞められる

正社員とは期間の定めのない社員を指します。

一方で契約社員やパートでは、期間の定めがある方が多いですよね。

この場合1年以上勤務していれば、即日でも契約を解除して辞めることができます。

期間の定めがある契約で、かつ1年以上勤務している方は、実は即日退職が可能となる場合があります。

パワハラだとしてもバックレ行為は絶対ダメ

パワハラは心身共に消耗しますし、今すぐにでも逃げ出したい気持ちはわかります。

会社を許せないと思ってしまいますよね。

しかしいくらパワハラだとしても、バックレ行為は絶対にダメです。

ここではなぜバックレ行為がダメかをお伝えします。

バックレ行為は損害賠償請求されるリスク(パワハラが理由にはならない)

バックレ行為は損害賠償請求されるリスク(パワハラが理由にはならない)

バックレ行為とは、雇用契約が続いているにも関わらず、働かないし出社や電話にも出ない状況ですよね。

全て無視して逃げ続けるわけです。

パワハラ上司の顔も見たくない、話したくもないといった気持ちはよくわかります。

しかしバックレ行為をしてしまうと、雇用契約が続いているにも関わらずあなたは会社に損害を与え続けてしまうため、迷惑で済む話ではありません。

無断欠勤によって会社に実害が発生した場合、最悪損害賠償請求をされるリスクすらあります。

パワハラだから仕方ないとは一切なりませんよね。

絶対に辞めるべき行為と言えます。

パワハラで即日退職したい人にはメールでの連絡はおすすめできない

パワハラで即日退職したい人にはメールでの連絡はおすすめできない

パワハラを受けている人は、直接上司に退職を伝えるのも電話もしたくないというケースが多いでしょう。

メールであれば一方的に送るだけなので、メールで退職を伝えようと考えている方もいるかもしれません。

しかし、メールを送ったにも関わらず無視されたり手続きをしてもらえなかったら、即日退職は不可能ですよね。

また、電話が来てしまうこともありますし、職場の人が家まで来る可能性もゼロではありません。

日常的にパワハラを受けているのであれば、嫌がらせをされるということも想定しておく必要があります。

パワハラを受けている方が確実に即日退職したいのであれば、退職代行の利用を検討してみてくださいね。

パワハラで即日退職したい人におすすめの退職代行サービス

ここまで見てきた通り、退職代行というプロを挟むことで即日退職できる可能性は高まります。

パートやアルバイトで即日退職したい人におすすめの退職代行サービスを紹介します。

即日退職したい人におすすめの退職代行サービス1.EXIT

相談可否 可能
料金 20,000円(税込)※正社員、契約社員、パート・アルバイト共通
オプション ・2回目の利用は、10,000円の割引が適用。
・転職サポートを併用すれば実質0円。
退職までの日数 最短即日
実績 年間10,000人以上
退職率 100%
EXITは、退職代行の先駆け的存在として多くのTVやWebメディアから取材を受けているサービスです。
代表の新野俊幸氏が「テラスハウス」に出演していたこともあり、サービス名を聞いたことがある人も多いでしょう。
年間10,000人以上の退職サポート実績は業界でもトップクラスで、しかも業界最安値クラスの20,000円(税込)で利用できる点も大きな魅力です。
もちろん即日での退職も可能で、「転職サポート」を併用することで、実質無料で退職代行を利用することもできます。
一度EXITを利用して退職した人は、次回1万円オフでサービスを利用できる点も嬉しいですね。
とにかく早く、すぐにでも辞めたい人におすすめしたい退職代行です。

EXITの運営会社概要

会社名 EXIT株式会社
創業 2018年
代表取締役 岡崎雄一郎
新野俊幸

即日退職したい人におすすめの退職代行サービス2.辞めるんです

相談可否 可能(無制限)
料金 27,000円(税込)
オプション 後払いOK、返金保証つき、有休サポート付き
顧問弁護士 あり

辞めるんですは、後発ながら10,000件の退職代行実績がある人気のサービスです。

27,000円(税込)と相場より安いにも関わらず、

  • 24時間365日対応
  • 最短即日退職可
  • 退職率100%
  • 後払いOK
  • 全額返金保証付き
  • 有休サポート付き
  • 無制限で相談可能

と、退職代行を検討している人が不安になるであろう要素がほとんど解消されるほどの充実したサービス内容になっています。

顧問弁護士から業務指導も受けているため、デメリット・欠点といえる箇所が見当たらないほどです。

相場より安い金額で、早く、確実に辞めたい人におすすめしたい退職代行です。

辞めるんですの運営会社概要

会社名 LENIS Entertainment株式会社
電話番号 03-6279-3967
本社住所 〒108-0022
東京都港区海岸3丁目7-18 ALTO-B1101

まとめ

パワハラで苦しむ方は即日でも退職したいですよね。

しかし即日退職は意外と難しく、パワハラだとあなたが感じていることは正当化になりません。

しっかりと法律に基づき行動する必要があります。

会社との合意をすぐにでも取りたい場合は、退職代行サービスを使うこともおすすめできます。

間違ってもバックレ行為は危険です。

ぜひ参考にしてみてください。

迷ったらこのどれかでOK! 料金(税込) 決め手 詳細
トリケシ
トリケシのバナー
一律25,000円 安全性もコストも、
バランス重視!
・日本労働産業ユニオン(労働組合)が運営
・全額返金保証アリ
・失業保険給付や転職もサポート可
総合的に見てオススメ
公式サイト
EXIT(イグジット)
EXITのロゴ画像
一律20,000円
業界屈指の安さ
とにかく安く、
手軽さ重視!
・退職代行を世に広めたパイオニア的存在
・退職の意思を伝えるだけならココ
公式サイト
ヤメドキ
ヤメドキ公式バナー
一律24,000円 給料日後に支払える、
お財布重視!
・完全後払い式で安心のサービス
・後払い猶予がたっぷり1ヶ月
公式サイト

[PR]
◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
退職
キャリア