女性同士でも相談しにくいお胸の気になるお悩み。筆者がこれまで数千人のお胸とお尻のケアに携わってきた経験から、それぞれのお悩みの原因と、その改善策についてお届けします。

■今回のお悩み
「胸が小ぶりなので大きくしたい」(39歳、事務関連)

  • バストアップの要は土台作りから


「もう少しバストをふっくらさせたい」「丸みのある柔らかなバストを目指したい」バストアップの方法について、ネットなどで検索したことのある女性も多いのではないでしょうか。

調べると実に様々な方法がありますが、一方で、試してみたものの、効果が感じられなかったり、変化が出なかったりして辞めてしまう方もいます。バストの発育には、遺伝や体質なども影響するので 、ケアによる変化にも個人差はあるのですが、効果や変化を感じられない場合、「取り組む順序」を見直してみることが大切です。

ケアの効果を最大限に活かすためにも、ステップを踏んで理想のバストへと近づいていきましょう。

マッサージから始めていませんか?

バストケアと言うと、マッサージを思い浮かべることも多いのではないでしょうか。マッサージには血流やリンパの流れの促進効果があるので、バストアップのためにも欠かすことは出来ません。

しかし、いくらバストだけをマッサージしても、土台が整っていなければマッサージの効果は半減……いや、激減すると言っても過言ではないほど、「土台の環境作り」がバストアップの要となります。まずは、お胸が育ちやすい土壌を作ることから始めましょう。

お胸を育てる土壌とは

お胸を作る基本、それは日常の「姿勢」です。何故なら、姿勢の乱れや悪さは、血流やリンパの巡りの低下やお胸の土台となる筋肉の硬さ・筋力低下も招いてしまうため、どんなにマッサージを行ったとしても、その効果は活かされにくくなってしまいます。

日々の姿勢こそが、綺麗なお胸を作るファーストステップ。美しい姿勢で、お胸が育ちやすい環境を作っていきましょう。全体の印象も上がってくるので、美人度もアップしますよ!

美乳を作るファーストステップ、美姿勢の作り方

では実際に、土台となる姿勢を作っていきましょう。

(1)横から見た時に、耳たぶ→肩→肘→膝→くるぶしが一直線な状態を意識します。
(2)その直線に対して、バストの角度が45度ほどになるように、肩甲骨の間から胸を押し出します。この時、みぞおちが開いてのけぞった形にならないように、みぞおちをしっかり締めて、胸をお顔の方へ持ち上げるように意識するのがポイントです。

猫背が癖になっている場合は、姿勢を正すことがきつく感じるかもしれません。その場合は胸を開きやすくするように、背中側のエクササイズも併せて行ってみましょう。

(1)腕と頭でWの形になるように両腕を上にあげます。
(2)そのまま肘をウエストに近付けるように、両腕を引き下げていきます。この時、背中をしっかりと意識して、肩甲骨同士を寄せるように行うとさらに効果的です。
(3)肘が身体より前に出ないように気をつけながら、ウエストまで引き下ろし、また上げてを繰り返します。
(4)エクササイズのポイントは、回数を多くすることより、1つ1つの動作を丁寧に行うことです。まずは10回から行って、慣れてきたら回数を増やしていきましょう。

(※肩に痛みなどがある場合は無理をしないようにしてください)


今回は、バストアップのファーストステップとして、土台の作り方についてお届けしましたが、お胸を育てるためのステップやポイントがいくつかあります。次の回でも引き続きお届けしたいと思います。

これから寒さが厳しくなってくると、いつも以上に姿勢が乱れ、肩や背中が硬くなりやすくなります。そうすると、バストにもその影響が及んでしまうので、毎日のリセットケアとしても行ってみてくださいね。

執筆者プロフィール:中村ひろ美

女性の心と身体を整える女性専用バスト&ヒップケアサロン「THE BEAUTIFUL」代表。
各種メディアにて出演・監修・執筆を手がける。
全国で「バスト&ヒップケアレッスン」「美ホルモン塾」などの講演会や講座も行う、女性ホルモン・バストケア・ヒップケアが専門分野の美容家セラピスト。