「Java」最新記事一覧

Javaに関する最新ニュースやレポートを発信。

関連キーワード

ヘッドライン

プログラミング言語専用の開発環境に人気の兆し - JetBrains

Top IDE indexによれば、2017年7月における統合開発環境人気は1位はVisual Studioで、2位以降はEclipse、Android Studio、Vim、NetBeans、IntelliJが続いている。上位の統合開発環境は基本的に複数のプログラミング言語に対応しており、さらに拡張機能やプラグインにより機能を拡張できる仕組みになっているものが多い。ただし最近、こうした統合開発環境とは異なる新たなトレンドが生まれつつある。

[09:22 7/28]

GCC、MS Languageサーバプロトコル実装へ

GNUプロジェクトおよびGCCデベロッパチームは2017年7月24日(米国時間)、「David Malcolm - [PATCH 00/17] RFC: New source-location representation; Language Server P」において、GCCに対して新しいロケーション情報を取り扱う機能とそれに関連する分析機能およびMicrosoft Language Server Protocol実装したパッチを提案した。

[20:58 7/25]

Oracle Java SEに脆弱性 - 最新版にアップデートを

JPCERTコーディネーションセンター(Japan Computer Emergency Response Team Coordination Center:JPCERT/CC)は7月19日、「2017年 7月 Oracle Java SE のクリティカルパッチアップデートに関する注意喚起」において、Oracle Java SE JDKおよびJREに複数の脆弱性が存在すると伝えた。この脆弱性を悪用されるとJavaが不正終了したり任意のコードが実行される危険性があるとされている。

[11:00 7/20]

セゾン情報システムズ、データ連携ソフトウェアの最新版

セゾン情報システムズは7月18日、アプレッソが開発するデータ連携ソフトウェア「DataSpider Servista」の最新バージョン「DataSpider Servista 4.1」を同31日より提供を開始すると発表した。

[14:30 7/18]

2017年に最も使われたプログラミング言語14選

fossBytesに7月13日(米国時間)に掲載された記事「14 Most Used And Popular Programming Languages Of 2017」が、JetBrainsの開発者調査結果「The State of Developer Ecosystem in 2017」を引き合いに出し、2016年後半から2017年前半にかけて最も利用されたプログラミング言語を伝えた。

[17:00 7/15]

NEC、Oracle Cloud Machineを1-OCPUから利用可能なサービス

NECは7月12日、顧客企業のデータセンターやNECのデータセンターからOracle Cloudを提供する「Oracle Cloud Machine」を、NECの業務システム開発を支援する製品「SystemDirector Enterprise」と組み合わせることで、Oracle Cloud Machine上のPaaS/IaaSを1-OCPUから利用可能なサービスとして第3四半期より提供開始すると発表した。

[10:00 7/13]

Goが引き続き増加 - 7月開発言語ランキング

TIOBE Softwareから、2017年7月のTIOBE Programming Community Index (PCI)が公開された。2017年7月はプログラミング言語「Go」が引き続き割合を増やしてトップ10入りを果たした。登場以降、低迷が続いていたGoだが、2016年の後半ごとから一気にシェアを増加させた。

[13:00 7/10]

PythonがJavaに迫る勢い - 7月PYPL開発言語ランキング

2017年7月の「PYPL PopularitY of Programming Language Index」が公開された。PYPLはGoogle検索エンジンにおいてプログラミング言語のチュートリアルが検索された回数から、対象となるプログラミング言語がどれだけ話題になっているかをインデックス化したもの。チュートリアルの検索回数を人気度と位置づけてランキングしている。

[09:27 7/7]

利用目的別開発言語ランキング、業務1位はJava - 趣味1位は?

コロプラが運営するインターネットリサーチサービス「スマートアンサー」は7月5日、「プログラミングに関する調査結果」を発表した。同調査では、「今までに使ったことがある言語ランキング」や「目的別1カ月以内に利用した言語ランキング」をまとめている。

[12:09 7/6]

ソースを使わずにJavaアプリをJavaScriptへ変換するCheerpJ

fossBytesに7月4日(米国時間)に掲載された記事「CheerpJ Converts Your Java Apps To JavaScript Apps Without Accessing Source Code」が、ソースコードを利用せずにJavaのバイトコードからJavaScriptコードを生成するツール「CheerpJCheerpJ」を紹介した。2017年7月の時点で限定バージョンが公開され、2017年後半にはフル機能を備えたコマーシャル版の公開が予定されている。

[11:00 7/6]

NRIセキュアが「ブロックチェーン診断」- 第1弾はスマートコントラクト対象

NRIセキュアテクノロジーズは7月4日、ブロックチェーン技術を活用したシステムやサービスを対象としたセキュリティ診断サービス「ブロックチェーン診断」を提供すると発表した。

[10:30 7/5]

AndroidとiOSで97%超え - 6月モバイルOSシェア

Net Applicationsから2017年6月のモバイルOSのシェアが発表された。2017年6月はAndroidがシェアを増やし、iOS、Windows Phone、Java ME、Symbian、BlackBerry、Samsungがシェアを減らした。iOSはシェアを減らしてはいるものの、その下げ幅はかなり小さいものにとどまっており、AndroidとiOSの合算値は96.69%から97.12%へ増加している。

[11:00 7/4]

D言語、GCCに追加の見通し

6月21日(米国時間)、「David Edelsohn - D Language accepted for inclusion in GCC」において、GCC Steering CommitteeがD言語フロントエンドおよびランタイムをGCCに含めることを許可したと伝えた。今後リリースされるGCCにはデフォルトでD言語フロントエンドおよびランタイムが含まれるものと見られる。

[13:00 6/23]

JavaScript学習に使える9つのアプリやサイト

Opensource.comに6月9日(米国時間)に掲載された記事「9 resources to get started coding with JavaScript|Opensource.com」が、JavaScript学習を進めるにあたって利用できるサイトやサービス、アプリなどを紹介した。JavaScriptはWeb関連のサイトやサービスを開発する場合に欠かすことのできないプログラミング言語。記事には学習を進めるにあたって役立つ情報がまとまっている。

[14:30 6/12]

GDB 8.0登場

GDBデベロッパーチームは6月4日(米国時間)、「GDB 8.0 released!」において、GDBの最新版となる「GDB 8.0」の公開を伝えた。DGBはC/C++、Objective-C、Ada、Pascalなどさまざまなプログラミング言語のデバックを実施するためのツール。ステップ実行をはじめて多くの機能を提供しており、デバッガとして幅広く利用されている。

[08:00 6/9]

CData API Server、DB/ファイル/SaaSからREST APIを自動生成

CData Software Japanは6月6日、データベースからREST APIを自動生成するAPI開発・運用基盤「CData API Server」の製品版をリリースした。

[19:49 6/6]

Kotlinが急増の傾向 - 6月プログラミング言語人気ランキング

TIOBE Softwareから、2017年6月のTIOBE Programming Community Index (PCI)が公開された。2017年6月はKotlinが急増してトップ50位入りした。Googleは先月、Androidの正式サポート言語としてKotlinを発表、JavaおよびC言語に続くオフィシャルサポート言語として注目を集めた。Android Studio 3.0にはKotlinのフルサポートが提供される。

[18:00 6/5]

AndroidとiOSの合算がさらに増加 - 5月OSシェア(モバイル)

Net Applicationsから2017年5月のモバイルOSのシェアが発表された。5月はAndroidがシェアを減らし、iOSがシェアを増やした。バージョン別に見ると、iOSにおいてはiPhoneとiPadのいずれもシェアを増やしている。Androidはより新しいバージョンへシェアが移行する傾向が続いているものの、複数のシェアに分断する傾向が続いている。

[09:23 6/2]

CData kintone Drivers/Microsoft Access Driversの製品版をリリース

CData Software Japanは5月24日、サイボウズのクラウドアプリ開発ツールkintoneのデータと各種ツール間のシームレスな連携を実現する「CData Drivers for kintone」、および「CData Drivers for Access」の製品版をリリースすると発表した。

[17:14 5/24]

プログラミン言語「D」を薦める5つの理由

Opensource.comは5月19日(米国時間)、「5 reasons the D programming language is a great choice for development|Opensource.com」において、プログラミング言語「D」の特徴を伝えた。「D」は静的に型付けされた汎用目的のプログラミング言語で、C言語風のシンタックスを備え、ネイティブバイナリコードを生成可能。

[11:00 5/24]

Kotlin、Androidの正式プログラミング言語に

Kotlin開発チームは5月17日(現地時間)、「Kotlin on Android. Now official|Kotlin Blog」において、プログラミング言語「Kotlin」がAndroidがサポートする言語になったと伝えた。AndroidチームはGoogle I/Oの基調講演で発表した内容を引用する形で紹介している。サポート対象となったことで、今後はJavaおよびC++に加えてKotlinを使ってAndroidアプリの開発が可能になる。

[10:00 5/19]

阿久津良和のITビジネス超前線 第2回 変わりつつある巨人「日本オラクル」の今

日本オラクルの名前を耳にすると「JavaやRDMBSの会社」と思われる方が大半だろう。筆者も数年前まではそう考えていた。だが、最近の動向を目にすると同社が著しく変化していることに気付かされる。

[15:45 5/11]

JavaとCの減少続く - 5月プログラミング言語ランキング

TIOBE Softwareから、2017年5月のTIOBE Programming Community Index (PCI)が公開された。第1位はJava、第2位はC言語となっているが、この2つのプログラミング言語は2016年頭から大きな減少傾向が続いている。昨年と比較して6%ほど低下しており、これまでほかのプログラミング言語と比較して大きな差を保持していたJavaとCのポイントが大きく減少している。

[09:00 5/10]

GCC 7.1登場 - 1.0登場以来、今年で30年

GNUプロジェクトおよびGCCデベロッパチームは5月2日(協定世界時)、「GCC 7.1 Released」において、GNU Compiler Collectionの最新メジャーリリースとなる「GNU Compiler Collection 7.1」の公開を伝えた。GCCデベロッパーチームでは今月をもってGNU Compiler Collection 1.0がリリースされてから30年が経過したと説明している。

[19:30 5/9]

iPadが増加 - 4月モバイルOSシェア

Net Applicationsから2017年4月のモバイルOSのシェアが発表された。2017年4月はAndroidとWindows Phoneがシェアを増やし、iOS、Java ME、Symbianがシェアを減らした。2017年3月はiOSがシェアを増やしたが、2017年4月にはAndroidの増加傾向に戻っている。

[14:00 5/4]

Javaベースのトロイの木馬、米国の確定申告者を狙って攻撃

4月17日(米国時間)、Threatpostに掲載された記事「Wave of Java-Based RATs Target Tax Filers|Threatpost|The first stop for security news」が、米国の確定申告者を狙ったJavaベースのリモートアクセス型のトロイの木馬「jRAT」が流行していると伝えた。このトロイの木馬は「IRS Updates.jar」または「Important_PDF.jar」という名称のファイルとしてメールで送付されてくる。このファイルを実行すると攻撃者に対して遠隔からのアクセスを許可することになる。

[10:00 4/19]

「Hack」がトップ50入り - 4月プログラミング言語人気ランキング

TIOBE Softwareから、2017年4月のTIOBE Programming Community Index (PCI)が公開された。2017年4月はプログラミング言語「Hack」が初めてトップ50位入りを果たした。Hackは3年前にFacebookによって導入されたプログラミング言語。PHPをベースに開発されており、高速で安全、さらにスケーラビリティが期待できるという特徴を持っている。

[16:30 4/10]

iPhoneとiPadが増加 - 3月モバイルOSシェア

Net Applicationsから2017年3月のモバイルOSのシェアが発表された。3月はAndroid、Windows Phone、Java MEがシェアを落とし、iOSがシェアを増やした。バージョン別では、iOSではiPhoneもiPadもシェアを増やしている。Appleは2016年3月後半に入ってからiPhoneとiPadの新製品を発表。こうした新製品がiPhone/iPadのシェア増加につながった可能性がある。

[13:30 4/3]

2017年、最も人気のプログラミング言語・フレームワーク・データベースは?

Stack Overflowは3月22日(米国時間)、「Stack Overflow Developer Survey 2017」において、2017年のデベロッパー調査の結果を発表した。Stack Overflowは2011年から毎年1回づつ開発者を対象とした調査を実施しており、今回の調査は6万4000人ほどの開発者が調査に協力したとされており、これまでの調査で最大数に到達したという。

[17:30 3/25]

クロスプラットフォームのエディタ「CodaText」とは?

It's F.O.S.Sに3月13日(米国時間)に掲載された記事「Meet CudaText: A Cross-Platform Open Source Code Editor」が、クロスプラットフォームで利用できるオープンソース・ソフトウェアのコードエディタ「CudaText」を紹介した。CudaTextはLazarusをベースに開発されたコーディング向けエディタで、見た目はGeanyやEclipse IDEに似ているとしている。Pythonベースのプラグインを追加することで機能を拡張することが可能で、必要に応じたカスタマイズが可能だとされている。

[14:30 3/19]

Java バックナンバー

このキーワードについて (パソコン>セキュリティ対策>Java)

Java トップへ
Javaに関する最新ニュースやレポートを発信。

人気記事

一覧

新着記事