「Java」最新記事一覧

Javaに関する最新ニュースやレポートを発信。

関連キーワード

ヘッドライン

Pythonが成長続行 - TIOBEプログラミング言語ランキング

TIOBE Softwareから、2017年11月のTIOBE Programming Community Index (PCI)が公開された。TIOBE Softwareは11月のPCI値の発表において、スクリプト言語のような動的型付け言語がこれまで人気を持ってきたが、状況が変わりつつあると指摘。最近ではスクリプト言語は全体として低迷しつつあり、Pythonのみが強く成長を続けていると説明している。

[10:41 11/14]

AndroidとiOSで98%超え - 10月モバイルOSシェア

Net Applicationsから2017年10月のモバイルOSシェアが発表された。2017年10月はAndroidがシェアを増やし、iOSがシェアを減らした。2017年9月におけるAndroidとiOSのシェアの合計値は97.87%、2017年10月におけるAndroidとiOSのシェアの合計値は98.20%となっており、合計値がついに98%を超えた。

[14:30 11/3]

嫌われているプログラミング言語ランキング - Stack Overflow

Stack Overflowは10月31日(米国時間)、「What are the Most Disliked Programming Languages? - Stack Overflow Blog」において、同社がオンラインの履歴書作成サービス「Developer Story」のデータを基に集計した「プログラミング言語好き嫌いランキング」を発表した。Developer Storyで少なくとも2000回以上言及されている言語を対象に集計が行われている。

[11:44 11/2]

アフリカの奇跡と呼ばれるルワンダでRuby on Railsを教えてみた - プログラマーが高給取りで人気の実態は?

1995年に起こった大虐殺が嘘のように収まり、平和で安定した高度経済成長を遂げ「アフリカの奇跡」と呼ばれるようになったルワンダ。その成長要因の1つがITだという。本稿では、ルワンダでRuby on RailsのトレーニングをDive into Code 代表取締役の野呂浩良氏の体験などをもとに、ルワンダのIT事情をお届けしたい。

[13:00 10/24]

Oracle Java SEに複数の脆弱性、アップデート推奨

JPCERTコーディネーションセンター(Japan Computer Emergyency Response Team Coofidation Center; JPCERT/CC)は10月18日、「2017年 10月 Oracle Java SE のクリティカルパッチアップデートに関する注意喚起」において、Oracle Java SE JDKおよびJREに複数の脆弱性が存在すると伝えた。この脆弱性を悪用された場合、遠隔から攻撃者によってJavaを不正終了されたり任意のコードが実行される危険性があり注意が必要。

[15:24 10/19]

AndroidのKotlin、2018年にはシェアでJavaを上回る可能性

Googleは2017年5月のGoogle I/O 2017で、プログラミング言語「Kotlin」をAndroidで正式にサポートすると発表した。KotlinはJetBrainsによって開発されたプログラミング言語。静的型付けのオブジェクト指向プログラミング言語とされている。この発表を受け、AndroidにおけるKotlinを利用したアプリ開発の割合が増加すると予想されていたが、2018年末にJavaと同等のシェアに到達するという予測が公開された。

[10:24 10/17]

GitHubで使われているプログラミング言語トップ15

Githubは10月11日(米国時間)、「GitHub Octoverse 2017|Highlights from the last twelve months」において、2017年におけるGitHubの利用データを公開した。GitHubでは377個のプログラミング言語が使用されており、プルリクエスト数をベースにランク付けされている。最も使われている言語は何だろうか。

[10:29 10/16]

GCC 5.5登場

GNUプロジェクトおよびGCCデベロッパチームは10月10日(米国時間)、「GCC 5.5 Released」において、GNU Compiler Collectionの最新版となる「GNU Compiler Collection version 5.5」の公開を伝えた。GNU Compiler Collection version 5.5は5系ブランチの最終バグ修正バージョン。1つ前のバージョンである5.4で発見されたリグレッションバグや重要度の高いバグを含め250以上のバグが修正されている。

[13:02 10/12]

SwiftとJavaが減少、その理由は? - 10月開発言語ランキング

2017年に入ってから、プログラミング言語「Swift」は2.3%のレーティング値を付けてトップ10入りしたものの、その後だんだんとポイントを下げて今回は16位につけた。SwiftとともにJavaも下落傾向にあるが、Tiobe SoftwareではこうしたSwiftとJavaの衰退の理由を、モバイルアプリの開発が個々のプログラミング言語を直接使うスタイルではなく、同時にiOSとAndroid向けのアプリを開発できるフレームワークに移っている点にあると指摘している。

[14:30 10/6]

タグからわかる開発者が関心を持っている技術の傾向とは? - Stack Overflow

Stack Overflowは10月3日(米国時間)、「Mapping Ecosystems of Software Development - Stack Overflow Blog」において、同社のサービスで蓄積されたタグデータを分析して、タグ間の関連性を分析した結果を発表した。この結果からは、プログラマーや開発者がどのような技術に興味を持っているのかを知ることができ、参考になる。

[14:14 10/5]

AndroidとiOSの合計が前月からさらに増加 - 9月モバイルOSシェア

Net Applicationsから2017年9月のモバイルOSシェアが発表された。2017年9月はAndroidとWindows Phoneがシェアを増やし、iOS、Symbian、Java ME、BlackBerryがシェアを減らした。iOSにおいて、iPhoneがシェアを減らしたものの、iPadはシェアを増やしている。

[17:12 10/2]

IBM Java仮想マシン、オープンソースで公開

jaxenterに9月18日(ドイツ時間)に掲載された記事「Eclipse OpenJ9: IBM open sources their own JVM - JAXenter」が、IBMから公開されたオープンソースのJava仮想マシン「Eclipse OpenJ9」について伝えた。Eclipse OpenJ9はIBMの多くの製品のコア技術として使われている仮想マシン。IBMは「Eclipse OpenJ9」をオープンソース・ソフトウェアとして公開することで優れたエコシステムの構築を狙っている。

[15:03 9/25]

Java 9 SE公開 - 3年半ぶりのメジャーアップグレード

Oracleは9月21日(米国時間)、「Java SE - Downloads|Oracle Technology Network|Oracle」において、Javaの最新版となる「Java SE 9」の提供を開始した。Java 9 SEは3年半ぶりのメジャーアップグレードバージョン。Java 9はこれまでのバージョンと比較してモジュール関連の機能が大幅に強化されているほか、さまざまな新機能が導入されている。

[15:30 9/24]

GitHub、AtomにIDEの機能を追加する「Atom-IDE」公開

GitHubは9月12日(米国時間)、「Introducing Atom-IDE · GitHub」において、Facebookとの協力の下、コードエディタ「Atom」に統合開発環境(IDE)が実現しているような機能を導入するためのオプションパッケージ「Atom-IDE」を発表した。今回発表されたバージョンではコンテキストを考慮した自動補完機能に加え、ナビゲーション機能、アウトラインビュー機能、フォーマット機能などが実装されている。

[08:37 9/15]

最も成長しているプログラミング言語は? - Stack Overflow

Stack Overflowは9月6日(米国時間)、「The Incredible Growth of Python - Stack Overflow Blog」において、所得の高い国においてはプログラミング言語「Python」の成長が明らかに他のプログラミング言語よりも高い傾向にあると伝えた。また、所得が低い国においてもPythonは成長しているという。

[07:30 9/11]

9月TIOBEプログラミング言語ランキング、落ちるビッグ3・Java、C、C++

TIOBEプログラミング言語ランキングにおいて、Java、C、C++が15年以上にわたり1位から3位までを独占してきたが、状況が変わりつつある。最近、これらビック3は大きくシェアを減らしており、4位以下のC#とPythonとの差が狭まりつつあるのだ。TIOBE Softwareは現在は単一のプログラミング言語でシステムを開発するといったケースは珍しくなっており、結果としてインデックス値がそれぞれのプログラミング言語に分散する傾向が現れているという。

[06:30 9/10]

Oracle、Solaris関連の従業員をレイオフか

2017年に入ってからOracleがSolaris関係の従業員の大規模レイオフを実施するのではないかという推測が出ていたが、ついに先週の金曜日にレイオフが実施されたと複数のメディアが伝えた(Oracle Layoffs Hit Longtime Solaris Developers Hard|Phoronix、Oracle Finally Killed Sun|Meshed Insights Ltd)。複数の関係者がTwitterでレイオフに関するメッセージを出しており、かなりの数の従業員が影響を受けたものと見られる。

[08:15 9/6]

Android増加、AndroidとiOSで97.69% - 8月モバイルOSシェア

Net Applicationsから2017年8月のモバイルOSシェアが発表された。2017年8月はAndroidがシェアを増やし、iOSがシェアを減らした。

[13:00 9/4]

LINE Botを使ってみよう! LINEで始めるチャットボット 第2回 LINEアカウントでメッセージを送信するスクリプトを作ってみよう

LINEのチャットボットプラットフォーム「Messaging API」(通称:LINE Bot)でチャットボットを開発する方法を説明する本連載。前回は、Messaging APIが利用を開始するところまで作業を行った。第2回となる今回は、LINEアカウントでメッセージを送信するスクリプトを作ってみる。

[09:00 8/31]

Oracle、Java EEをオープンソースコミュニティに手渡す案を発表

Oracleは8月18日(米国時間)、「Opening Up Java EE|Oracle The Aquarium Blog」において、この夏以降にJava EE 8の提供を予定していることを伝えるとともに、Java EE 8を公開した後に開発プロセスを見直すと伝えた。現在Java EEの仕様策定はOracleの影響力が強い状況にあるとされている。この開発プロセスをオープンソースコミュニティに委ねることで、より優れたエコシステムの構築を目指すとしている。

[16:48 8/21]

Mono 5.2.0安定版登場 - 64ビットをデフォルト化

Monoプロジェクトは8月14日(米国時間)、「Mono 5.2.0 Release Notes|Mono」において安定版の最新バージョンとなる「Mono 5.2.0」の公開を伝え た。Windows版(32ビット版、64ビット版)、Mac OS X版、Linux版のバイナリが提供されている。

[09:14 8/17]

日本オラクル、三菱電機と製造業のスマート化を実現するIoT基盤開発で連携

日本オラクルは8月8日、三菱電機と製造業のスマート化を実現するIoT基盤開発で連携することを発表した。具体的には、三菱電機が提案する製造業におけるビジネス・アプリケーションとデバイスの間に位置するエッジ領域のオープンなソフトウェアプラットフォーム「FA-ITオープンプラットフォーム」とオラクルのクラウドサービスを連携し、生産現場のデータの収集・分析・改善を支える基盤として活用していく。

[16:02 8/8]

JavaとCが史上最も低い値 - 8月プログラミング言語ランキング

TIOBEプログラミングコミュニティインデックスのトップ10に入っているプログラミング言語はここ数年で下落の傾向を見せている。最近ではJavaとC言語の下落が激しく、今月はJavaもC言語もこれまでで最も低い値を付けた。これまで長期にわたって2位または1位だったC言語は3位以下に落ちる兆候も見せている。

[11:30 8/4]

AndroidとiOSで97.47% - 7月モバイルOSシェア

Net Applicationsから2017年7月のモバイルOSのシェアが発表された。7月はAndroidとiOSがシェアを増やし、Windows Phone、Symbian、Java ME、BlackBerryがシェアを減らした。AndroidとiOSのシェアが合計値は先月よりも増加しており、スマートフォンやタブレット向けのオペレーティングシステムとしてAndroidとiOSがより支配的な位置づけになったことがわかる。両者のシェアの合計は97.47%と高い値に到達している。

[09:17 8/3]

プログラミング言語専用の開発環境に人気の兆し - JetBrains

Top IDE indexによれば、2017年7月における統合開発環境人気は1位はVisual Studioで、2位以降はEclipse、Android Studio、Vim、NetBeans、IntelliJが続いている。上位の統合開発環境は基本的に複数のプログラミング言語に対応しており、さらに拡張機能やプラグインにより機能を拡張できる仕組みになっているものが多い。ただし最近、こうした統合開発環境とは異なる新たなトレンドが生まれつつある。

[09:22 7/28]

GCC、MS Languageサーバプロトコル実装へ

GNUプロジェクトおよびGCCデベロッパチームは2017年7月24日(米国時間)、「David Malcolm - [PATCH 00/17] RFC: New source-location representation; Language Server P」において、GCCに対して新しいロケーション情報を取り扱う機能とそれに関連する分析機能およびMicrosoft Language Server Protocol実装したパッチを提案した。

[20:58 7/25]

Oracle Java SEに脆弱性 - 最新版にアップデートを

JPCERTコーディネーションセンター(Japan Computer Emergency Response Team Coordination Center:JPCERT/CC)は7月19日、「2017年 7月 Oracle Java SE のクリティカルパッチアップデートに関する注意喚起」において、Oracle Java SE JDKおよびJREに複数の脆弱性が存在すると伝えた。この脆弱性を悪用されるとJavaが不正終了したり任意のコードが実行される危険性があるとされている。

[11:00 7/20]

セゾン情報システムズ、データ連携ソフトウェアの最新版

セゾン情報システムズは7月18日、アプレッソが開発するデータ連携ソフトウェア「DataSpider Servista」の最新バージョン「DataSpider Servista 4.1」を同31日より提供を開始すると発表した。

[14:30 7/18]

2017年に最も使われたプログラミング言語14選

fossBytesに7月13日(米国時間)に掲載された記事「14 Most Used And Popular Programming Languages Of 2017」が、JetBrainsの開発者調査結果「The State of Developer Ecosystem in 2017」を引き合いに出し、2016年後半から2017年前半にかけて最も利用されたプログラミング言語を伝えた。

[17:00 7/15]

NEC、Oracle Cloud Machineを1-OCPUから利用可能なサービス

NECは7月12日、顧客企業のデータセンターやNECのデータセンターからOracle Cloudを提供する「Oracle Cloud Machine」を、NECの業務システム開発を支援する製品「SystemDirector Enterprise」と組み合わせることで、Oracle Cloud Machine上のPaaS/IaaSを1-OCPUから利用可能なサービスとして第3四半期より提供開始すると発表した。

[10:00 7/13]

Java バックナンバー

このキーワードについて (パソコン>セキュリティ対策>Java)

Java トップへ
Javaに関する最新ニュースやレポートを発信。

人気記事

一覧

新着記事