「導入事例」最新記事一覧

企業はどう考え、IT機器を導入するのか、そのノウハウを掲載

関連キーワード

ヘッドライン

アキバのホビーショップが接客係に採用したAI搭載の2次元少女

買い物中に「トイレの場所を知りたいけど店員に聞く勇気がない……」という困難に直面した経験はないだろうか。店員に聞かずとも、知りたい場所へ案内してくれるシステムがあれば……、きっとそんな悩みを感じることはないはずだ。そしてそのシステムが2次元の美少女だった暁には、喜んでトイレの場所を聞いてしまうだろう。店舗側からしても、話題になること間違いなしだ。「そんなうまい話があるわけない」と、考えているあなた。あきらめるのはまだ早い。そのすべてを実現する場所が東京・秋葉原にあるのだ。

[15:00 9/20]

第一生命、RPAを全社業務に導入開始

第一生命保険は9月7日、生産性向上・働き方改革の推進に向けて、RPA(Robotic Process Automation)を全社業務への導入を開始すると発表した。

[10:30 9/8]

DeNAトラベル、カスタマーセンター業務で「AIコンシェルジュ」の導入検証

DeNAトラベルは9月5日、カスタマーセンター業務において、U-NEXTの子会社であるU-NEXTマーケティングの提供するAI(人工知能)を活用した自動応答サービス「AIコンシェルジュ」の導入検証を9月19日より開始すると発表した。

[14:36 9/5]

クラウドと人工知能の導入で、顧客サービス強化と生産性向上の実現を - 創業380年超の温泉旅館「箱根 一の湯」

箱根の温泉旅館「一の湯」は1630年に創業、380年以上続く老舗中の老舗だ。そんな一の湯が、AI機能を備えるオラクルのクラウドサービス「Oracle Service Cloud」を導入した。今回その狙いについて、一の湯の16代目の小川尊也氏、営業マネージャーの福岡昭憲氏に話を聞いた。

[11:30 8/29]

箱根の温泉宿「ホテルおかだ」「和心亭 豊月」はオラクルのクラウドで何を目指すのか

箱根の温泉旅館「ホテルおかだ」と「和心亭 豊月」が日本オラクルのカスタマー・サービスを支援するクラウド「Oracle Service Cloud」を導入して、顧客満足度の向上に取り組んでいる。それぞれ特徴が異なる温泉旅館である両者だが、Oracle Service Cloudで何を実現しようとしているのだろうか。

[13:30 8/17]

クラウド間ハイブリッドで、ビジネスニーズにマッチしたIT活用を実現 - 協和発酵キリン

協和発酵キリンが取り組んできたクラウド移行が佳境を迎えつつある。すでに全システムの約6割をAWSのIaaSを中心とするクラウドに移行させた。これに伴い、IT部門の働き方が変わってきているという。本稿では、同社のクラウドをベースとしたIT活用に迫る。

[13:30 8/7]

あみあみ 秋葉原ラジオ会館店に、AI案内係「あみこ」が登場

ティファナ・ドットコムは8月1日、人工知能(AI)接客・窓口システム「KIZUNA(絆)」が搭載されたAI案内係「あみこ」を、2017年7月15日にオープンした「あみあみ 秋葉原ラジオ会館店」に導入したことを発表した。

[15:31 8/2]

ANA AS、チャットツールによる情報共有で迅速かつ正確な搭乗を目指す

スマートフォンアプリやWebサービスを開発するL is Bは7月26日、同社が提供しているビジネスチャットツール「direct」をANAエアポートサービス(ANA AS)に導入すると発表した。手荷物・貨物搭載担当、搭乗口担当、工程管理部門間で出発準備情報共有の「正確性」「迅速性」「効率性」をさらに改善し、定時性や顧客満足度の向上を目指す。

[10:57 7/26]

エーアイのAITalk、モノゴコロのバーチャルロボットプロジェクトに採用

音声合成エンジン「AITalk」を提供しているエーアイは7月25日、人工知能技術の研究開発を行うモノゴコロの「バーチャルロボットプロジェクト」に「AITalk」が採用されたと発表した。同プロジェクトにおいて、バーチャルロボットの様々な感情を音声で伝えることを可能にしたという。

[11:58 7/25]

オラクルのデータベース・クラウド導入で、在庫データ30万件をリアルタイムで外部に公開 - アズワンのハイブリッドクラウド活用術

大阪に本社を構えるアズワンは、1933年創業以来の歴史を有する理化学機器の総合商社。オラクルのデータベース・クラウドとチャットボットを導入することで、APIの連携で、30万点以上の在庫データを4300社の販売店へリアルタイムで公開することを実現したという。

[11:30 7/20]

プライベートクラウド+AWS+GCPを自由に使ってコスト30%減 - 富士ゼロックスのハイブリッドクラウド活用術

富士ゼロックスは2010年からプライベートクラウドの利用を始め、今では、パブリッククラウドである「Amazon Web Services」「Google Cloud Platform」も活用している。本稿では、これらで構成されるハイブリッドクラウド環境でどのようなメリットを享受しているのかについて迫る。

[13:00 7/14]

北國銀行、Microsoft Azure上でインターネットバンキングを構築

北國銀行とFIXERは6月14日、日本マイクロソフトのパブリッククラウド「Microsoft Azure」を基盤としたインターネットバンキングサービスとしては「北國クラウドバンキング」の開発を開始したと発表した。

[10:30 6/15]

AWSによるサーバレスアーキテクチャで構築したM-1グランプリ敗者復活戦投票システムの全貌

Amazon Web Servicesの年次イベント「AWS Summit Tokyo 2017」が5月31日から6月2日にかけて、開催された。本稿では、朝日放送による講演「サーバレスアーキテクチャで実現したM-1 グランプリ敗者復活戦投票システム」の模様をお届けする。

[12:00 6/14]

ソフトバンク、新卒採用選考にIBM Watsonを活用

ソフトバンクは5月29日、応募者をより客観的かつ適正に評価するため、同日より新卒採用選考のエントリーシートの評価にIBM Watson日本語版を活用すると発表した。

[12:45 5/29]

あいおいニッセイ、働き方改革推進に向け全社員1万人超にOffice 365導入

あいおいニッセイ同和損保と日本マイクロソフトは3月22日、マイクロソフトの統合型情報共有クラウドサービス「Office 365」を活用した全社員の働き方改革の推進に向けて協力すると発表した。

[11:02 3/23]

三井住友銀行、コールセンター全席に「IBM Watson」を導入

三井住友銀行と日本総合研究所は2月24日、日本IBM、SCSK、アドバンスト・メディアと共同し、三井住友銀行のコールセンター全席で「IBM Watson Explorer」を利用可能にするとともに、行内の営業部店から本部への照会対応業務でも利用を開始すると発表した。

[10:30 2/27]

Oracle Marketing Cloudでau WALLET Marketのキャンペーン成約率をアップ - ルクサ

日本オラクルはこのほど、B2Cマーケティングに関する説明会を開催した。説明会では、同社のB2Cマーケティングに向けた取り組みを紹介するとともに、「au WALLET Market」を運営するルクサが「Oracle Marketing Cloudを導入した経緯やメリットを説明した。

[14:00 2/20]

パイオニア・富士通・NEC、レッドハットのコンテナプラットフォームを採用

レッドハットは2月16日、同社のコンテナプラットフォーム「Red Hat OpenShift Container Platform」について、パートナー企業によるサポートが強化され、ユーザー企業における採用が加速することで、コンテナビジネスが拡大していると発表した。

[11:55 2/17]

スタートアップに学ぶAWS活用術 第5回 テレビの大画面で孫と会える! 遠く離れた家族を簡単な操作でつなぐ「まごチャンネル」

テレビを用いて、遠く離れたおじいちゃんやおばあちゃんとスマートフォンで孫を撮影した動画や写真を簡単に共有できるサービス「まごチャンネル」。2015年にクラウドファウンディングで話題となった同サービスだが、2016年に提供が開始された。今回、同サービスを手がけるチカクの共同創業者である桑田健太氏に話を聞いた。

[11:30 1/23]

東京工科大、 緊急用お知らせサイトにKUSANAGI for Microsoft Azure導入

プライム・ストラテジーは12月22日、東京工科大学が運用する「東京工科大学 緊急用お知らせサイト」にWordPress実行環境「KUSANAGI for Microsoft Azure」が導入されたと発表した。

[15:54 12/22]

LOHACOのチャットボット・マナミさん、有人対応も組み合わせLINEで試験運用

LINEは11月21日、同社が来春の本格公開に向け試験運用を進めるコミュニケーションアプリ「LINE」を活用した法人向けカスタマーサポートサービス「LINE Customer Connect」において、アスクルが運営する「LOHACO」が、LINE上でAIエンジンと有人チャットを組み合わせた顧客応対サービスの試験運用を開始したと発表した。

[10:19 11/22]

ヤフー、米国データセンターのOpenStack基盤にKubernetesを導入

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)とグループ会社のITOCHU Techno-Solutions Americaは11月10日、ヤフー(Yahoo! JAPAN)の米国現地法人YJ Americaの米国データセンターで、OpenStack基盤にコンテナ管理のOSS「Kubernetes」を導入したと発表した。

[10:30 11/11]

東北大、約1600名の職員向けに仮想デスクトップ環境をCitrix製品で構築

シトリックス・システムズ・ジャパンは10月11日、東北大学が約1600名の事務職員が利用する仮想デスクトップ環境構築に「Citrix XenDesktop」「Citrix NetScaler」を採用したと発表した。

[10:30 10/12]

NEC、ANAの国際線旅客システムと社内システムのデータ連携基盤を構築

NECは9月30日、全日本空輸(ANA)における国際線の旅客事業強化に向けたクラウド型国際線旅客システム「Altea」(アルテア)のサービス利用に伴い「Altea」とANAの社内システムを連携する大規模データ連携基盤(CAP2)を構築したと発表した。

[16:05 10/3]

ネットワン、三菱重工エンジン会社のIoT活用ネットワーク基盤を構築

ネットワンシステムズは9月23日、三菱重工エンジン&ターボチャージャの相模原地区第三工場にIoT(Internet of Things)活用を可能にするネットワーク基盤を構築したと発表した。同環境は9月から稼働しているという。

[10:55 9/26]

生産性は二の次!? 社屋移転で「通う価値があるオフィス」を作り出すヤフー

ヤフーは今年6月、東京ガーデンテラス紀尾井町への本社移転に合わせて、従業員の個性や才能が生かせる働きやすいオフィスを目指し、さまざまな施策を行うことを発表した。今回、ヤフーが「働き方革命」に踏み切ることで、何を狙っているのか聞いてきた。

[12:00 9/23]

ランチスタンプ5つでビール1杯サービス! さくら水産がスマホアプリ活用で集客率アップ

首都圏を中心に親しまれている居酒屋「さくら水産」は、1980年に創業したテラケンが21年前から展開してきたブランドだ。そのさくら水産がスマホアプリを活用して、デジタルマーケティングを推進している。今回、テラケン 代表取締役副社長の中西雅也氏に、さくら水産のマーケティング施策について話を聞いた。

[11:30 9/21]

甲友会、「ZeeM人事給与」導入で人事制度の改革を実現

クレオマーケティングは9月13日、甲友会が「ZeeM人事給与」の医療法人向け人事給与ソリューションを導入し、人事制度改革への対応、業務効率向上、人事データ活用の有効化を実現したことを発表した。

[09:22 9/14]

ほくほくFG、Citrix XenDesktopで仮想デスクトップ/アプリ基盤を統合

シトリックス・システムズ・ジャパンは9月1日、同社の仮想デスクトップおよび仮想アプリケーション「Citrix XenDesktop」がほくほくフィナンシャルグループ(ほくほくFG)に正式に採用されたことを発表した。

[15:01 9/2]

脱"売りっぱなしビジネス"、オラクルのクラウド導入で営業改革を実現した山根木材

広島県で木造住宅の建築を中心に「木の家」にこだわったビジネスを展開している山根木材。同社は、営業改革やデジタルマーケティングを実現するため、日本オラクルのクラウドサービスを導入した。今回、グループ会社を統括するヤマネホールディングスの代表取締役社長を務める山根誠一郎氏に話を聞いた。

[11:00 8/24]

導入事例 バックナンバー

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

このキーワードについて (企業IT>企業動向>導入事例)

導入事例 トップへ
企業はどう考え、IT機器を導入するのか、そのノウハウを掲載

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事