日立キャピタルなど、「ワークスタイル変革ソリューションパック」を提供

日立キャピタルは10月17日、日立ソリューションズと協力し、企業の働き方改革を支援する「ワークスタイル変革ソリューションパック」を同18日から、月額サービスで提供開始すると発表した。

新サービスは、日立キャピタルのPCの貸出や管理に関わる業務を支援する「Life Cycle Managementサービス(以下、LCMサービス)」と、日立ソリューションズのテレワークや組織の生産性向上などを支援する「ワークスタイル変革ソリューション」を組み合わせたものとなる。

今回、第1弾としてテレワークの導入・運用に関わる業務をオールインワンで支援する月額サービスを提供する。日本マイクロソフトのタブレットPC「Surface Pro」の貸出からセキュリティ対策、「Office 365」などの法人向けクラウドサービスの導入、問い合わせ対応、資産管理までを支援する。

日立キャピタルは、新サービスを通じて、柔軟に働ける職場環境の整備に伴う管理業務の軽減、コスト平準化を実現し、企業の働き方改革を支援するという。日立ソリューションズは、先進のデジタルソリューションと社内検証から得た確かな知見を集約したワークスタイル変革ソリューションを提供しており、今後はテレワークの可視化ツールやAIを活用したシステムなどの提供を予定している。

今後、両社はは日本マイクロソフトによる法人向けオフィスツアーをはじめとするイベント・セミナーの開催など、タブレットPCおよびクラウドサービスを活用したテレワーク環境を実体験することができる機会を提供し、ワークスタイル変革ソリューションパックのメニューを拡充することで、働き方改革に取り組む企業の多様なニーズに応えていく方針だ。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事