「Surface」最新記事一覧

日本マイクロソフトのWindowsタブレット「Surface」に関する情報まとめ。新製品ニュース、レポート、レビューをお届け。

関連キーワード

ヘッドライン

新「Surface Pro」徹底レビュー - 新型ペンの使い勝手、改善された冷却ファンの音量をチェック

マイクロソフトの「Surface Pro」は、キーボードカバーを脱着できる2in1 PCだ。「(初代)Surface Pro」、「同2」、「同3」、「同4」と発売されてきたが、5代目でナンバリングをリセットして改めて「Surface Pro」としてリリースされた。6月15日の製品発売後となるので、主に使い勝手や、パフォーマンスの検証に重点を置いてレビューしよう。

[06:00 7/3]

128GB SSDを内蔵したSurface Pro用Bluetoothキーボード - リンクス

リンクスインターナショナルは6月30日、MicrosoftのWindowsタブレット「New Surface Pro」「Surface Pro 3」「Surface Pro 4」に対応したハードケース一体型Bluetoothキーボードとして、BRYDGEブランドの「BRYDGE 12.3 Pro 128」を発表した。128GB SSDを内蔵する点が大きな特徴。7月8日から発売し、店頭予想価格は39,800円前後(税込)。

[19:27 6/30]

【特別企画】最新版「Solid Edge ST10」とともに流熱解析や音響解析もアピール - DMS2017・シーメンスブース

2017年6月21日から東京ビッグサイトにて「第28回 設計・製造ソリューション展 (DMS2017)」が開催されている。CAD、CAE、ERP、生産管理システムなど製造業向けのITソリューションが出展される専門展だ。このDMS2017に、シーメンスは3D CADソフト「Solid Edge」を中心とした製品を出展。Solid Edge ST10とマイクロソフトSurfaceHubを連携させたデモなどを行い、製品のアピールを行っていた。

[11:30 6/23]

Windows 10ミニTips 第189回 回復環境が見つからない? を解決する - Surface編

Windows 10でトラブルが発生し、「回復環境が見つかりません」と、つれないメッセージが現れた。回復機能も回復ドライブも作成できなくなった場合、マイクロソフトのPC「Surface」であれば、Web上から回復イメージをダウンロードできる。今回はこちらを用いたWindows 10 PCの修正方法を紹介しよう。

[00:00 6/9]

COMPUTEX TAIPEI 2017 - Microsoftのどんでん返しなるか、Always Connected PC構想について考える

今年(2017年)のCOMPUTEX台北では、半信半疑ながらではあるが、Microsoftがこれからのパーソナルコンピューティングに大きなムーブメントを起こしそうな予感をもった。パソコンの業界のリーダーとして、これからのパーソナルコンピューティングがどのようにあるべきかを構想として提示できていたように感じる。

[12:17 6/2]

【特別企画】デキる3D CADエンジニアの1日に密着 - Surface Pro × Solid Edgeは何がスゴイ?

3Dプリンティングの普及が進み、いまや設計現場において3D CADソフトは欠かせないものとなった。この3D CADソフトを使いこなしてスタイリッシュに仕事を進める、とあるエンジニアのS氏。彼の仕事を支えているのが、マイクロソフトの2 in 1タブレットPC「Surface Pro」とシーメンスの3D CADソフト「Solid Edge」だ。

[07:30 5/30]

憎みきれない「新Surface Pro」を、ろくでなしの私が購入する理由 - 阿久津良和のWindows Weekly Report

既報のとおり日本マイクロソフトは、Surface Pro 4に続く新「Surface Pro」を6月15日に発売する。製品名から数字が消され「Surface Pro 5」とはならなかった新Surface Proは「買い」なのだろうか。約1年半前、2015年11月12日に発売されたSurface Pro 4と見比べながら考えてみたい。

[18:40 5/29]

山田祥平のニュース羅針盤 第94回 Surfaceは第二章へ進む、いろんな意味で

日本マイクロソフトがMicrosoft Japan Surface Eventを開催し、すでに発表済みのSurface Studio、Surface Laptopに加え、つい先日、上海でのイベントで発表されたSurface Proを日本に投入することが明らかになった。おおむね事前の噂通りで、Surface Proについては、Surface Pro 5ではなくnew Surface Proになる。

[06:00 5/29]

新「Surface」日本上陸! Surface ProのLTEモデルは2017年秋から展開

日本マイクロソフトは2017年5月26日、都内で新Surfaceデバイスに関する発表会を開催し、「Surface Pro」「Surface Studio」を日本市場で6月15日から、「Surface Laptop」を7月20日から発売することを明らかにした。同社代表取締役 社長 平野拓也氏は「日本におけるSurfaceビジネス第2章となるラインナップ」と抱負を述べている。

[20:10 5/26]

28型液晶搭載のクリエイター向けPC「Surface Studio」は6月15日に国内販売

日本マイクロソフトは5月26日、28型ディスプレイを搭載したクリエイター向けの一体型PC「Surface Studio」の国内販売を発表した。6月15日の発売を予定し、本日より予約の受付を開始する。CPUやメモリ、ストレージ容量などが異なる3モデルをそろえ、価格は税別384,800円から。

[16:36 5/26]

Surface Dialは1万円強、Surfaceシリーズ向けの新アクセサリ続々

日本マイクロソフトは26日、Surface ProやSurface Studio向けのアクセサリ群を発表した。6月15日から順次、量販店や直販サイト「Microsoft Store」で販売開始する(法人向けには認定リセラーで販売)。本稿ではSurface Pro Signatureタイプカバー、Surfaceペン、Surface Dial、Surface Arc Mouseについて紹介する。

[16:12 5/26]

日本MS、新「Surface Pro」を6月15日に国内販売 - 税別105,800円から

日本マイクロソフトは5月26日、「Surface」シリーズの最新モデル「Surface Pro」を6月15日に日本国内で発売すると発表した。本日5月26日から全国の量販店やオンラインストアである「Microsoft Store」にて予約を開始する。価格はエントリーモデルで税別105,800円。

[14:12 5/26]

日本MS、「Windows 10 S」搭載の「Surface Laptop」を7月20日に国内販売

日本マイクロソフトは5月26日、13.5型ノートPC「Surface Laptop」の国内販売を発表した。7月20日の発売を予定し、6月15日から全国の量販店やオンラインストアである「Microsoft Store」にて予約を開始する。価格はエントリーモデルで税別126,800円、上位モデルで税別146,800円。

[13:26 5/26]

Surface Pro 3 / Pro 4をセット可能なアルミ製Bluetoothキーボード

リンクスインターナショナルは5月24日、Microsoftの「Surface Pro 3」と「Surface Pro 4」に対応したハードケース一体型Bluetoothキーボード、米Brydge製の「BRYDGE 12.3」を発表した。5月27日から発売する。価格は18,980円(税込)。リンクスインターナショナルは5月8日に、米Brydgeと国内販売代理店契約を締結している。

[19:54 5/24]

Microsoft、最大13.5時間の長時間駆動を実現した新「Surface Pro」

米Microsoftは5月23日、「Surface」シリーズの最新モデル「Surface Pro」を発表した。Surface Penを強化し、4,096段階の筆圧検知に対応。また、バッテリー駆動時間を従来の9時間から13.5時間に改善した。25地域の市場で6月15日の発売を予定し、価格は799米ドルから。

[22:38 5/23]

リンクス、米BrydgeのiPad用/Surface用キーボードなどを取り扱い開始

リンクスインターナショナルは8日、米Brydge Technologies LLCと国内販売代理店契約を締結したことを発表した。以降、日本国内における正規代理店として、「BRYDGE」ブランドのiPadやSurface Proに対応するハードケース一体型Bluetoothキーボード製品の取り扱いを開始する。

[17:24 5/8]

米MS「Surface Laptop」発表、薄くてパワフル、バッテリー動作14.5時間

米Microsoftは5月2日 (現地時間)、米ニューヨークでプレスイベントを開催し、「Surface Laptop」を発表した。CPUに第7世代Intel Core i5/ i7を搭載した13.5インチの薄型・軽量ノートPCだ。OSはWindows 10 S。今日のモバイルユーザーが求めるセキュリティとパフォーマンス、そして長いバッテリー駆動時間 (最大14.5時間:ビデオ再生)のバランスに優れる。価格は999ドルから。

[06:08 5/3]

Surface Book購入者に最大4万円キャッシュバック、Core i5モデル対象

日本マイクロソフトは20日、Surface Bookを購入し、アンケートに回答したユーザーを対象に最大40,000円をキャッシュバックするキャンペーンを実施した。対象モデルとキャッシュバック金額は、Core i5搭載128GBモデルが20,000円、Core i5搭載256GBモデルが40,000円。期間は2017年5月21日まで。

[19:58 4/20]

5月の発表会でSurface Pro 5は登場するか? - 阿久津良和のWindows Weekly Report

日本マイクロソフトは、「Surface Book(パフォーマンス ベース搭載モデル)」を4月20日に発売する。米国で同機種が発売されたのは昨年10月なので、約半年遅れの登場だ。個人的には、それよりも「Surface Book 2」に興味をひかれているが、米Microsoftが5月2日に開催するイベント「Learn what's next | #MicrosoftEDU」では、Surface Book 2は披露されないようだ。

[15:52 4/17]

Surface Pro 4/Surface Bookの一部に、Officeライセンスの不具合

日本マイクロソフトは14日、一部のSurface Pro 4およびSurface BookにプリインストールされたOfficeのライセンスに不具合があったと公表した。本来付属している永続版ライセンスのOffice Home & Business Premiumではなく、サブスクリプション版のOffice 365として認識されてしまう場合があるという。

[16:43 4/14]

HDMIや有線LANなどを増設できるSurface用ドッキングステーション

サンワサプライは14日、HDMIポートやUSB3.0ポート、有線LANポートを増設できるSurface用ドッキングステーション「400-HUB039S」を直販サイト「サンワダイレクト」で販売開始した。Surface本体のキックスタンドに挟み込むことで、HDMI×1、USB 3.0×3、1000BASE-T準拠の有線LANポート×1が使用できるようになる。価格は税別7,019円。

[15:20 4/14]

モバイルPC最前線 - 2017年春の"軽量ノートPCベストテン"でみる注目機種

世界最薄最軽量をうたったレノボ・ジャパンのYOGABOOKが、2016年10月の発売以来、長い間品薄が続くほどの人気を誇り、アップルもMacBookで薄型、軽量を追求するなど、軽量ノートPCの動きが賑やかになってきた。2017年に入ってからも、13.3型の世界最軽量ノートPCの座を巡り、NECPCと富士通の2社が熾烈な争いを繰り広げている。

[09:31 4/11]

「Surface Book」GPU強化モデルが4月20日発売、税別285,800円から

日本マイクロソフトは、「Surface Book」のグラフィックス強化モデル「Surface Book (パフォーマンスベース搭載モデル)」を4月20日に発売する。外部GPUにNVIDIA GeForce GTX 965Mを採用し、バッテリも大容量化した。量販店や直販サイトなどで3月30日から予約受付を開始し、参考価格は税別285,800円から。

[17:29 3/30]

Windows 10 Insider Previewを試す(最終回) - Creators Updateの準備が整いつつあるビルド15058登場

2017年3月14日(以下すべて米国日時)、MicrosoftはWindows 10 Insider Preview ビルド15058を、ファーストリングを選択したPC向けにリリースした。3日前にリリースしたビルド15055と同様にバグフィックスを中心としたビルドである。

[16:34 3/15]

インテル、新潟を皮切りに全国で最新PC体験イベントを実施 - 第7世代Coreプロセッサのメリットを訴求

インテルは今春、新社会人に向けた最新PC体験イベントを全国で開催する。会場にはMicrosoft、富士通、NEC、東芝、Lenovo、ASUSの最新PC計7~8台を用意。来場者に使い勝手の良さをアピールするほか、旧型PCとのパフォーマンス比較なども行っていく。イオンモール新潟南で3月11日に行われたイベントに参加した。

[22:39 3/13]

Windows 10 Insider Previewを試す(第87回) - 「バージョン1703」を明示したビルド15055登場

2017年3月11日(以下すべて米国日時)、MicrosoftはWindows 10 Insider Preview ビルド15055を、ファーストリングを選択したPCとモバイル向けにリリースした。本ビルドでも大きな変更点はないものの「バージョン1703」が確定し、その他はバグフィックスが中心となる。

[14:51 3/13]

独特デザイン&Bluetoothの「Microsoft Surfaceエルゴノミクスキーボード」

日本マイクロソフトは3日、Surfaceアクセサリーファミリーに、Bluetoothキーボード「Surface Ergonomic Keyboard」を追加した。3月3日から発売し、Microsoftストアでの価格は16,178円(税込)。

[22:28 3/3]

マイクロソフト、SurfaceのLINEアカウント開設 - 平日は有人によるトーク

日本マイクロソフトは3月1日、ブログ「Japan Windows Blog」において、「LINE」を通じてSurfaceのユーザーがSurface をもっと便利に楽しく使えるように、LINE のトークによるコミュニケーションを開始すると発表した。

[15:00 3/2]

Windows 10 Insider Previewを試す(第85回) - Windows Defenderセキュリティセンターが本格稼働するビルド15046

2017年2月28日(米国日時)、MicrosoftはWindows 10 Insider Preview ビルド15046を、ファーストリングを選択したPC向けにリリースした。モバイル版のリリースは見送られている。本ビルドではWindows 10 Creators Updateに向けて行ってきた実験を終え、アイコンデザインや配色などに再び手を加えた。

[15:02 3/1]

Windows 10 Insider Previewを試す(第84回) - Creators Updateへ向けたバグ修正が加わったビルド15042

2017年2月24日(以下すべて米国日時)、MicrosoftはWindows 10 Insider Preview ビルド15042を、ファーストリングを選択したPC向けに、Windows 10 Mobile Insider Preview ビルド15043をモバイル向けにリリースした。大きな変更は少なく、バグフィックスが中心となっている。

[13:05 2/27]

Surface バックナンバー

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2010年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2008年

このキーワードについて (パソコン>PC本体>Surface)

Surface トップへ
日本マイクロソフトのWindowsタブレット「Surface」に関する情報まとめ。新製品ニュース、レポート、レビューをお届け。

人気記事

一覧

新着記事