「Kindle Oasis」新モデルはお風呂でも使える! 画面も大きく見やすくなった

Amazon.co.jpは10月11日、Kindle電子書籍リーダーの最上位機種「Kindle Oasis」の新モデルを発表しました。すでに予約を受け付けており、10月末に出荷を開始する予定です。Kindle電子書籍リーダーとしては最大サイズとなる7インチ300ppiの高解像度ディスプレイを搭載し、IPX8等級相当の防水性能を備えています。

価格は8GBモデルが33,980円から、32GBモデルが36,980円から(いずれも税込)。Amazonプライム会員はクーポンが提供されるので、それぞれ4,000円引きとなります。

「Kindle Oasis」の新モデルは大きくなりました

画面が大きくなり、防水仕様に

最上位機種「Kindle Oasis」のニューモデルは、容量が8GBのモデルと32GBのモデルを用意。それぞれキャンペーン情報あり/なしを選択できます(「あり」のほうが安い)。また、3G+Wi-Fiモデル(容量は32GBのみ)もラインナップしますが、こちらはSIMスロットは備えておらず、新たにキャリア契約する必要もありません。3G通信機能が本体に内蔵されているイメージですね。8GBモデルではマンガ約140冊、32GBモデルならマンガ約650冊がダウンロード可能です。

サイズが大きくなっただけでなく、見やすくなっています

一番薄いところは3.4mmしかありません。軽い!

画面は前モデルの6インチから7インチにサイズがアップし、外形寸法は159×141×3.4~8.3mmと一回り大きくなっています。新書判とほぼ同じサイズになったので、マンガも以前より読みやすくなりました。

左が旧モデルの「Kindle Oasis」。並べてみると大きさの違いがわかります

バッテリーなどが入っている部分は厚みがあります

また、くっきりと明瞭な文字を表示する300ppiの高解像度ディスプレイを搭載しているため、マンガの絵などはディテールが楽しめるようになり、明るい日差しの下でも光が反射しにくくなっています。文字主体の書籍については、ページあたりの文字数を30%以上増やしたことで、ページをめくる手間を減らしています。

物理ボタンは2つで、上ボタンを押すとページが進み、下ボタンで戻ります。Kindle史上最も強度の高いカバーガラスに加え、新たにきょう体背部にアルミニウムを採用したことにより、最薄部はわずか3.4mmというスリムさを実現。重量は194gと軽く、持ちやすい形状となっています。

物理ボタンが2個ついています

自動調整フロントライトは、周囲の明るさを感知して自動調整します。LEDの数はKindleシリーズの中では最大となる12個で、画面の明るさがより均一になって、読みやすくなりました。

また、新モデルではKindleシリーズで初めてIPX8相当の防水仕様を実現しました。水深2mの真水に最大60分間の浸漬が可能で、お風呂やプールなどで水がかかった程度では全く問題ないとしています。

お風呂でゆったりと読書ができますね!

Kindle Oasisの新モデル用カバーは、装着すると端末と一体化し、本の表紙を開くように開閉することができます。カバーを閉じるとKindle Oasisが自動的にスリープし、開くとスリープが解除されます。素材の異なる2種類を用意し、水に強いファブリック素材のカバーは、インディゴ / サンドストーン / チャコールの3色で各5,280円(税込)、高品質なレザー製カバーは、ミッドナイト / メルロー / サドルタンの3色で各7,180円(税込)となっています。

左側がファブリック素材、右側がレザー製

カバーを閉じると自動でスリープします

インタフェースも改善、マンガなどがより読みやすく

操作性も向上しています。コレクションという機能を使えば、ダウンロードしたコンテンツがシリーズごとにまとめて表示されるようになりました。

同じシリーズは一つにまとめて表示されるようになりました

タップすると一覧で表示されます

また、マンガなどの見開きで1枚の絵になっているようなページでは、見開き表示ビューという小窓が表示されます。これをタップすると見開き画面が簡単に見られるようになりました。

見開きで1枚の絵になっている場合、見開き表示ビューが表示されます。この小窓をタップします

このように画面を横にして見開きの絵を見ることができます

ページターン機能も搭載し、ページめくり速度はKindleシリーズの中で最速を誇ります。ページをめくる際にはゲージが表示され、指の動きによって速さを変えられるようになりました。

デバイスマーケティング本部 本部長 橘宏至氏

デバイスマーケティング本部 本部長 橘宏至氏は「日本でKindleが登場して5周年を迎えました。この5年間、コンテンツともどもデバイスも大きく進化しています。最上位機種Oasisのニューモデルは防水仕様となり、いつでもどこでも物語にひたることができます」と語りました。

Kindle コンテンツ事業部長 友田雄介氏

また、Kindleコンテンツ事業部長 友田雄介氏は「9月19日には、Kindleマンガストアをリニューアルし、グラフィカルで直感的に操作できるようにしました。表紙画像をワンタップし、ページ移動をしなくてもすぐに購入できるなど、動線を短くしてより簡単に買えるようにしています。手軽に読めることもあり、Kindle Unlimited(月額980円の読み放題サービス)やPrime Reading(Amazonプライム会員であれば数百冊もの書籍が読み放題のサービス)の利用者数は右肩上がりで増えています」と語り、KindleコンテンツとKindle電子書籍リーダーの両輪で、今後もさらに読書サービスを強化することを強調しました。

ラインナップと価格 (いずれも税込。カッコ内はプライム会員価格)

  • Wi-Fi 8GB キャンペーン情報あり : 33,980円 (29,980円)
  • Wi-Fi 8GB : 35,980円 (31,980円)
  • Wi-Fi 32GB キャンペーン情報あり : 36,980円 (32,980円)
  • Wi-Fi 32GB : 38,980円 (34,980円)
  • 3G+Wi-Fi 32GB : 44,980円 (40,980円)
  • ファブリックカバー : 5,280円
  • レザーカバー : 7,180円
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事