大鵬薬品、米国バイオベンチャーとオプション契約を締結

大鵬薬品工業は、革新的ながん免疫療法の創薬・開発に注力している米Arcus Biosciencesとオプション契約を締結したと発表した。

これにより大鵬薬品は、Arcusのパイプラインを日本およびアジア各国 (中国除く) で開発および販売するライセンスを取得するための優先的な権利を得る。また、その対価として総額3,500万ドルを支払うこととなる。

そのほか、大鵬薬品が権利を行使した際には、臨床試験や承認申請、販売などの各段階目標達成時に化合物や抗体ごとに一時金を支払うとともに、発売後は売上高に応じて販売ロイヤリティを支払う予定だとしている。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事