スチールケースと日本マイクロソフトが働き方改革の推進に向けて協業

スチールケースと日本マイクロソフトは8月24日、日本法人の顧客における働き方改革に貢献することを目指し、クリエイティブな思考や、より良いコラボレーションを生み出すためにデザインされたさまざまなテクノロジーを備える「クリエイティブスペース」を共同展開することを発表した。

今回の協業は、3月にスチールケースと米マイクロソフトが発表したパートナーシップに基づき、アジア太平洋地域では初めて、日本において開始する。

スチールケースワークライフ東京(東京都港区南麻布)には、最新のSurface Hub、Surface Studio、Surface Book、Surface Proを配備。スチールケースの建築要素と家具に、Microsoft Surfaceデバイスや統合型情報共有クラウドサービス「Office 365」がシームレスに統合されたオフィス環境となる。

また、日本マイクロソフトの品川本社オフィスの来客スペース内にもクリエイティブスペースをコンセプトとした小規模なスペースを設置。両社では、個別の商談やセミナー、働き方改革の取り組みを紹介するオフィスツアーなどを通じて、法人の顧客にクリエイティブスペースを紹介していく。スチールケースでは自社内のコミュニケーション&コラボレーション基盤として、Office 365を導入するとともに自社での導入・活用の経験を踏まえて、顧客にクリエイティブスペースを提案していく方針だ。

スチールケースワークライフ東京と日本マイクロソフトの品川本社オフィスには、デュオスタジオ、メーカー・コモンズ、レスパイト・ルーム(スチールケースのみに設置)の3種類のクリエイティブスペースを設置している。

デュオスタジオは、Surface Studioを使用して個人ワークをサポートしつつ、2人が共同作業するクリエイティブワークも可能になるほか、他の人を招き入れて、Surface Hubを活用した意見交換や、リラックスして休息できるラウンジ的要素も含まれている。

デュオスタジオ(Duo Studio)

メーカー・コモンズは、Surface HubやSurface BookなどのSurfaceデバイスをさまざまに組み合わせながら、会話や試作、集中といった作業を素早く切り替えられるという。

メーカー・コモンズ(Maker Commons)

レスパイト・ルームは、1人での熟考と活発なグループワークをバランスよく混在させるなど、多様な脳の状態を快適に実現できることが要求されるクリエイティブワークの際に、ゆったりとした姿勢でリラックスを可能とし、注意散漫を防ぐとしている。

レスパイト・ルーム(Respite Room)

さらに、スチールケースの販売代理店であるワークプレースソリューションズが、新たにマイクロソフトのSurface Hub取次リセラーに加わり、オフィスの設計デザインや家具を販売するスチールケースの販売網を通じてSurface Hubが販売される。

今後、スチールケースではMicrosoft Azure IoTテクノロジ(AzureのIoT向け機能の総称)を活用したオフィスソリューションの発表予定している。同技術は、ワークスペースを改善する分析機能を顧客に提供するほか、オフィスで働く人が多様なオフィス環境の中から最適な場所を探し出しやすくするという。

日本マイクロソフトでは、オフィスの移転や開設、レイアウト変更などを行う顧客に対して、自社製品・サービスに加えてスチールケースのソリューションも提案する。そのほか「働き方改革推進会社ネットワーク」の賛同法人向けにクリエイティブスペースを紹介するセミナーを、スチールケースと連携して実施する予定だ。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事