ブックオフ、「法人・団体向けiPadレンタルサービス」を開始

ブックオフコーポレーションは7月13日、「法人・団体向けiPadレンタルサービス」を開始した。サービス開始を記念し、初回申し込みの法人・団体に限りレンタル料金10%割引キャンペーンを実施している。

新サービスのバナー

同社は2015年から家電の取り扱いを開始しており、iPadなどのタブレット端末について、多くの法人・団体からレンタルでの利用はできないかとの問い合わせや要望を受けていたという。

同サービスは、1日1台から利用を可能とし、展示会や企業説明会、研修、店頭イベント、教育現場、ペーパーレス会議、社内でのタブレット導入検討のトライアルなど、多様なシーンで利用できるとしている。

同サービスの特徴として、利用しやすい料金、2日分が得になるレンタル期間、全端末への補償プランの添付、使用後のデータ消去の4点を挙げる。

料金に関しては、iPad端末だけを気軽に短期間でレンタルしたい企業向けとしおり、利用ニーズの高い機種に絞るとともに、Wi-Fi環境が充実している背景も踏まえ通信環境をあえて提供しないことでランニング費用・管理費用などを抑え、レンタル費用や補償料金に充てる。

レンタル期間については、原則として利用開始日の2日前に商品を届けられるように配送手配し、操作前に余裕を持って事前の確認ができるので安心としている。

補償プランは、落下破損・水没・火災による故障など、レンタル中に商品を万一壊してしまっても、ユーザー企業の負担はないという。レンタル期間中、盗難・紛失を除くすべての自損事故に対処する。

使用後のデータ消去に関しては、同社はアメリカ国防総省認定のデータ消去システムを導入しており、セキュアな環境の下で専門スタッフが1台1台丁寧な作業を行っている。これにより、情報漏洩や流出、データの取り残しなどの不祥事を徹底した体制で防止するとしている。

利用の流れは、専用サイトからの申し込み後、注文・見積もり、ユーザー企業における審査・発注、商品発送、商品到着(利用開始の2日前)、利用開始、利用終了・商品返送、支払いとなる。

貸し出し端末はiPad Air2であり、料金はレンタル期間が1~3日の場合は4000円、4~7日の場合は5000円、8~14日の場合は6000円、15~30日の場合は1万2000円(いずれも税別)。 レンタル延長料金は、1台あたり1日500円(同)。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事