「Android Wear 2.0」登場、スマートウォッチの独り立ちへ大きく前進

米Googleは2月8日(現地時間)、ウェアラブル端末向けOSの新メジャーバージョン「Android Wear 2.0」の提供を発表した。

Android Wear 2.0は昨年5月にGoogle I/O 2016で発表され、2016年秋のリリースが予定されていたが、大規模な変更になることから開発者向けプレビュー期間が延長されていた。正式リリース版は、Google I/Oで発表した全ての機能を備える。

Android Wearには、Android 4.3以上、iOS 9以上で動作するスマートフォンが必要

2.0の強化点および新機能は「スタンドアローンアプリ」「通信やセンサーのオプション拡大」「新しいユーザーインターフェイス」「ウォッチフェースのカスタマイズ機能の拡充」「Google Fitの強化」「入力方法の拡充」「Google Assistant」など。

スタンドアローンアプリと通信オプションの充実によって、スマートフォンを持ち歩いていない時でも、独立したAndroidデバイスとして幅広く活用できるAndroid Wearウォッチが可能になる。スタンドアローン・アプリは、スマートフォンとの連携を必要とせず、Android Wearウォッチのみで使用できるアプリだ。Android WearがGoogle Playストアを備えており、Android Wearウォッチでアプリをインストールすることが可能。Web版のGoogle PlayストアからAndroid Wearウォッチへのインストールを指定することもできる。ワイヤレス機能はBluetoothのほか、単独のWi-Fi通信、LTEを含むセルラー機能など、スマートウォッチを単独でネット機能に対応させるオプションをサポートする。

ユーザーインターフェイスは、ナビゲーションが簡素化され、スワイプを軸により直観的に操作でき、よく利用する機能やアプリにアクセスしやすい。クラウンを回す、ベゼルを回すといった回転を使った操作のサポートが組み込まれている。

豊富なウォッチフェースを選べるのがAndroid Wearの特長の1つだが、ウォッチフェースの色、背景、コンプリケーションなどを端末上でユーザーが柔軟にカスタマイズできる。ウォッチフェースに情報を表示するコンプリケーションのAPIが用意され、サードパーティによるコンプリケーションの提供も始まった。

NFCに対応し、Android Payを利用できる。GPS、モーションセンサー、心拍数センサーなどフィットネスに必要なセンサーをサポート。Google Fitは、距離、ペース、消費カロリー、心拍数、さらにウエイト回数の計測もサポート、腕立て伏せ/腹筋/スクワットなどのチャンレンジ機能を備える。

入力機能は、小さな画面でも指先でなぞるようにしてキーボード入力が可能(SwiftKey入力)、ほかにもスマートリプライや手書き認識などを使用できる。

Google AssistantはAIを活用した会話型のデジタルアシスタントだ。Android Wearウォッチでは「OK, Google」と話しかけるか、電源ボタンを押すと起動し、情報の入手やサービスの利用をサポートしてくれる。ただし、現時点でサポート言語は英語とドイツ語のみ。今後の拡大が予告されているが、日本語対応がいつ頃になるかは不明。

Android Wear 2.0を搭載するスマートウォッチとして、8日にLGがGoogleと共同で開発した「LG Watch Style」「LG Watch Sport」を発表した。また、以下の機種を含む数多くのAndroid WearウォッチにAndroid 2.0へのアップデートが提供される。

ASUS ZenWatch 2/3、Casio Smart Outdoor Watch、Casio PRO TREK Smart、Fossil Q Founder、Fossil Q Marshal、Fossil Q Wander、Huawei Watch、LG Watch R、LG Watch Urbane、LG Watch Urbane (2nd Edition LTE)、Michael Kors Access Smartwatches、Moto 360 (第2世代)、Moto 360 for Women、Moto 360 Sport、New Balance RunIQ、Nixon Mission、Polar M600、TAG Heuer Connected

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事