東京医大など、自家細胞移植による毛髪再生医療確立に向けた臨床研究を開始

東京医科大学(東京医大)、東邦大学、資生堂の3者は6月27日、脱毛症や薄毛に悩む患者を対象に、医師主導の臨床研究を開始すると発表した。

今回の取り組みは、患者から採取した細胞を培養して移植することで(自家細胞移植)、脱毛症や薄毛に対する治療法の確立を目指すというもの。免疫拒絶などの副作用がなく比較的安全性の高い治療方法と考えられているほか、必要な組織採取も直径数ミリ程度と侵襲性が比較的小さいため、女性も含め幅広い患者に適用できると考えられるという。

具体的には、東京医科大学皮膚科学分野 主任教授の坪井良治が臨床研究統括責任医師として、同大学病院ならびに東邦大学医療センター 大橋病院(責任医師は新山史朗 准教授)にて臨床試験を実施する。また、細胞加工培養は資生堂が担当する。治療方法としては、患者の後頭部(有毛部)より毛包を含む直径数ミリの頭皮を採取し、そこから毛髪細胞の一種である毛球部毛根鞘細胞だけを取り出し、細胞培養した後、患者の脱毛部位に注入(自家細胞移植)するというものとなる。

なお、毎日の使用が必要な育毛料と比べ、一度の治療で効果の持続が期待できることから研究チームでは、薄毛・脱毛に対する細胞治療法を確立することで、患者さんのQOL(クオリティ・オブ・ライフ:生活の質)向上に大きく役立つと期待しているとコメントしている。

今回の臨床研究の概要

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事