エプソン、水晶振動子と無線送信ICを一体化した近距離無線用送信モジュール

 

セイコーエプソン(エプソン)は3月10日、水晶振動子と無線送信ICを一体化した近距離無線用送信モジュール「SR3225SAA」を開発したと発表した。

同モジュールは、3.2x2.5mmのセラミックパッケージ内に、水晶振動子、発振回路、PLL、Power Ampを内蔵しており、水晶発振器周波数初期偏差±2ppmという精度を実現している。また、搬送波周波数を300MHz~465MHz、600MHz~930MHzの範囲から任意に設定・変更することが可能。

主な用途としては、リモートキーレスエントリーシステムやパッシブエントリーシステム、近距離無線通信用送信機、ガレージドア開閉装置、無線タグ用送信機などが推奨されている。

近距離無線用送信モジュール「SR3225SAA」

関連キーワード


IT製品 "比較/検討" 情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

「Windows 10 Anniversary Update」は8月2日リリース - Microsoftが発表
[02:46 6/30] パソコン
[冬目景]月刊マンガ誌「バーズ」で新連載へ
[00:00 6/30] ホビー
JR東日本、仙石東北ライン上り始発・下り最終が女川駅へ - 8/6直通運転開始
[23:45 6/29] ホビー
「ガンダム名鑑ガム」に第2弾登場、マンダラガンダムの3形態も再現
[23:35 6/29] ホビー
[夏のドラマ見どころ]男の生き様 山田孝之、2年ぶりウシジマ 三上博史は初深夜 フジ日9は中島裕翔
[22:56 6/29] エンタメ