エプソン、水晶振動子と無線送信ICを一体化した近距離無線用送信モジュール

 

セイコーエプソン(エプソン)は3月10日、水晶振動子と無線送信ICを一体化した近距離無線用送信モジュール「SR3225SAA」を開発したと発表した。

同モジュールは、3.2x2.5mmのセラミックパッケージ内に、水晶振動子、発振回路、PLL、Power Ampを内蔵しており、水晶発振器周波数初期偏差±2ppmという精度を実現している。また、搬送波周波数を300MHz~465MHz、600MHz~930MHzの範囲から任意に設定・変更することが可能。

主な用途としては、リモートキーレスエントリーシステムやパッシブエントリーシステム、近距離無線通信用送信機、ガレージドア開閉装置、無線タグ用送信機などが推奨されている。

近距離無線用送信モジュール「SR3225SAA」

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

i☆Risの芹澤優と茜屋日海夏がDAM★ともコラボ番組に登場
[14:36 9/1] ホビー
2016年第2四半期、iPhone出荷台数が前年同期比28.8%増 - IDC
[14:35 9/1] 企業IT
女性の自己投資、何に使ってる?
[14:35 9/1] マネー
パナソニック、転送レートTyp.50Mbpsの産業機器向けフォトカプラを製品化
[14:31 9/1] テクノロジー
アーキサイト、文字が消えない2色成形キーキャップ採用テンキー
[14:28 9/1] パソコン