三菱電機、出力5万kW、容量30万kW時の大容量蓄電システムを九州電力に納入

 

三菱電機は3月3日、出力5万kW、容量30万kW時の大容量蓄電システムを九州電力に納入したと発表した。

同日、全設備の運用を開始した九州電力の「大容量蓄電システム需給バランス改善実証事業」の一環として、同システムが福岡県・豊前発電所構内に設置された。同実証事業は、送変電設備に接続する形で大型蓄電池を設置し、蓄電池の大容量性を活かした電力需給バランスの改善適用の可能性等について実証を行うもの。

同システムは、揚水発電設備と同等の電力貯蔵機能を持ち、再生可能エネルギー大量導入時の需給バランスの改善を実現しており、三菱電機の蓄電池監視制御システム「BLEnDer RE」で多数の蓄電池をユニットごとに監視制御することにより、効率的に全体を制御し、蓄電システムの運転効率を向上している。また、蓄電池を2段積みのコンテナ型コンパクト構造としたことで、省スペース化および設置期間の短縮と工事費用の大幅削減を実現した。

九州電力 豊前蓄電池変電所「大容量蓄電システム」



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

開幕まで一週間! iPhone/iPadアプリを使ってリオ五輪をもっと楽しもう!!
[14:23 7/30] スマホとデジタル家電
iPhone/iPadにMacを使って夏休みの自由研究に取り組もう! - 子供向けワークショップ「サマーキャンプ」が開講
[13:57 7/30] パソコン
Windows 10ミニTips 第104回 「ファイル履歴」でユーザーファイルを復元する
[13:42 7/30] パソコン
「LOVE STAGE!!」大団円、CIELは和泉と龍馬のメモリアルすごろく付き
[13:25 7/30] ホビー
イケメン2人の“パンイチスイミング”に注目『時をかける少女』SP企画も決定
[13:00 7/30] エンタメ