ARM、次世代の組み込み/IoT機器向けプロセッサ「Cortex-A32」を発表

 

ARMは2月23日(英国時間)、消費電力に制約のある次世代の32ビット組み込みアプリケーションにARMv8-Aアーキテクチャの利点を提供する新たなプロセッサ「ARM Cortex-A32」を発表した。

同プロセッサは1コアから4コアまで構成を柔軟に変えることができ、既存プロセッサであるCortex-A7比で25%の効率向上を実現しつつ、より低消費電力での動作を実現。28nmプロセスを用いた場合のシリコン面積は0.25mm2未満で、100MHz時の総消費電力は4mW以下だという。

また、セキュリティ技術であるTrustZoneも搭載しているほか、認証と保護を効率的に処理する暗号化命令を備えているため、TrustZone CryptoCell-700シリーズ製品と併用することで、暗号化ハードウェアアクセスセラレーションの強化と高度なRoT(Root of Trust)の実現が可能となる。

なお、すでにCortex-A32はTSMCの28nmプロセスおよび40nmプロセスに対応するARM ArtisanフィジカルIPを利用して実装することが可能となっているほか、同社ではCortex-A32のサポートとしてソフトウェアおよびハードウェアに関するトレーニングの提供なども開始している。

Cortex-A32のイメージ

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

極楽とんぼ、11年ぶり"ケンカ"披露!「懐かしすぎる」「やっぱ最高」の声
[23:45 7/30] エンタメ
シンデレラガールズCD歴代出荷ナンバーワンはあの曲! CD&映像累計300万枚突破&『STARLIGHT MASTER』シリーズ発売記念イベント
[22:46 7/30] ホビー
[笑ってはいけない]お尻たたきは痛いのか? 話題のバスに乗ってみた
[22:45 7/30] エンタメ
ロンブー淳、極楽・山本の地上波復帰に号泣「ずっと山本さんについていく」
[22:43 7/30] エンタメ
「魔法少女まどか☆マギカ」ソウルジェムとセットになったラバーマスコット
[22:15 7/30] ホビー