ARM、Cortex-R8のライセンス供与を開始 - 出荷は年内の予定

ARMは2月19日、「ARM Cortex-R8(Cortex-R8)」のライセンス供与を同日より開始すると発表した。シリコン出荷は2016年内の予定。

Cortex-R8はクワッドコア構成によって総性能が大きく向上しているほか、リアルタイム機能と低レイテンシメモリを兼ね備えている。同社は同製品は将来の5Gモデムやマスストレージデバイスに必要な低レイテンシ、高性能、高電力効率を提供するものだとしている。ARMのシリコンパートナーはすでに設計作業を開始しており、マスストレージ市場向けのCortex-R8搭載SoCは2016年内に提供が開始される見通し。

ARMは同製品について「5Gは、データレートを大幅に高め、現在よりはるかに快適なモバイル体験を提供することにより、モバイル通信に革命を起こします。Cortex-R8は、市場で最もパワフルなリアルタイムCPUであり、比類のない性能が5Gモデムの開発を推進します。将来のスマートフォン、タブレット、コネクテッドカー、IoTの通信の要となるでしょう。」とコメントしている。

Cortex-R8ソフトウェアおよびハードウェアに関するトレーニングはオンラインで予約することが可能で、従来のCortex-Rコアから移行する場合は、要望に応じて移行コースをカスタムするとしている。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事