AMD、64ビットCortex-A57ベースのデータセンター向けSoC「Opteron A1100」

 

AMDは1月15日、64ビットARMベースのデータセンター向けSoC「AMD Opteron A1100(開発コード名:「Seattle」)」を発表した。

「AMD Opteron A1100」はAMD初の64ビットARM Cortex-A57ベースのプロセッサ。高速のネットワークおよびストレージ接続と優れた電力効率を備えたARM Cortex-A57コアにより、ストレージ、Webおよびネットワークのワークロードにおいて、バランスの取れた総所有コストを提供するとしている。

「AMD Opteron A1100」

「AMD Opteron A1100」シリーズSoCの仕様は、以下の通り:

  • 4MB共有L2キャッシュ、8 MB共有L3キャッシュを搭載した、最大8基のARM Cortex-A57コア
  • 最大1866 MHzをサポートするECC対応の64ビットDDR3/DDR4チャネル:2基
  • 10Gbイーサネット接続:2基
  • 8レーンPCI-Express Gen 3
  • SATA-3ポート:14基

また、Silver Lining Solutions(SLS)と協力により、クラウドデータセンターとハイパースケール・データセンターでのストリーミング、Webおよびストレージワークロードなどに向けて、SLSのファブリック・テクノロジーを「Opteron A1100」シリーズを搭載した高密度サーバー設計に組み入れる取り組みが進められている。さらに、Red HatやSUSEと、OSおよびアプリケーションのサポート面で緊密に連携しているとしている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

日本IBM、オールフラッシュ・ストレージ「IBM Storwize」の新製品発表
[15:12 8/25] 企業IT
ドコモショップが保険選びをサポート「ドコモでほけん相談」
[15:12 8/25] スマホとデジタル家電
たぶん そのぶん ふたりぶん 第47回 しからない宣言
[15:00 8/25] ライフスタイル
これぞ"日本版アベンジャーズ"! 宇宙刑事ギャバンとデカレンジャーが巨悪に挑む
[14:54 8/25] ホビー
河口湖を眺めながら「鹿しゃぶ」を楽しむプランが登場 - 星のや富士
[14:48 8/25] ヘルスケア