旧日本海軍の潜水艦の発見に自律型無人潜水機などが貢献 - 東陽テクニカ

 

東陽テクニカは8月17日、日本テレビ放送網(日本テレビ)による長崎県五島列島沖の沈没潜水艦調査に協力し、東陽テクニカが取り扱っている自律型無人潜水機および遠隔操作水中ロボットなどを用いて、水深約200mに沈んでいる旧日本海軍の大型潜水艦「伊402」と推定される沈没潜水艦の発見・撮影に成功したと発表した。

「伊402」は太平洋戦争中に旧日本海軍によって建造されもので、全長約122m、水中排水量約6600t、水上攻撃機を3機搭載する、当時世界最大の潜水艦だった。終戦後米軍が接収し、1946年4月に長崎県五島列島沖で海没処分された。

今回、東陽テクニカは、日本テレビの「真相報道バンキシャ!」の取材チームによる調査に協力し、TELEDYNE GAVIA社製「自律型無人潜水機 GAVIA」におる艦影のスキャニングや、SEAMOR Marine社製「遠隔操作水中ロボット」による、ビデオ撮影を実施するとともに、データ解析を行った。その結果、水深200mの同海域に沈む24隻の潜水艦の中から、得られたスキャニング映像と水中撮影映像により「伊402」をほぼ特定することに成功した。

同調査では「伊402」が船首と船尾の一部が破壊されているものの、ほぼ原形を保った状態で沈没していることや、格納筒の開閉扉が半開状態であること、上部木甲板の木部が朽ち鉄骨がむき出しであること、40口径14cm単装砲が原形のまま残されていることなどが判明した。

「GAVIA」によるサイドスキャン取得イメージ

遠隔操作水中ロボットによる、カタパルト撮影写真

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (3) 空要素の記述法
[10:00 8/25] 企業IT
IntelのKNL(Knights Landing)の性能は? - ISC 2016 第4回 まだまだ続くコア数の増加とFlopsの向上
[10:00 8/25] テクノロジー
『GANTZ:O』、完成披露上映会の開催決定! 小野大輔、M・A・Oらが登壇
[10:00 8/25] ホビー
本当に高校生? 松本人志も驚いた16歳・北村優衣とは - 苦労の先にあった、松岡茉優との衝撃共演
[10:00 8/25] エンタメ
iiyama、HDMI 2.0ポート搭載の28型4Kディスプレイ「ProLite GB2888UHSU」
[10:00 8/25] パソコン