富士通とパナソニックのシステムLSI設計・開発事業を統合した新会社が始動

 

富士通とパナソニックのシステムLSI事業を統合した新会社「ソシオネクスト」は3月2日、事業を開始したことを発表した。

同社は、システムLSI設計・開発を手掛けてきた両社ならびに日本政策銀行(DBJ)からの出資を受けて設立されたファブレス半導体企業。代表取締役会長 兼 CEOには西口泰夫氏、代表取締役社長 兼 COOには井上あまね氏が就任し、本社を神奈川県横浜市に設置するほか、京都や東京・あきる野など国内に7拠点、海外に15拠点を有し、「IoTシステム事業部」「ビジュアルシステム事業部」「グラフィックスソリューション事業部」「ネットワークSoC事業部」「ハイパフォーマンスSoC事業部」「カスタムSoC事業部」「ミルビュー事業部」「コネクテッドイメージング事業部」という8つの事業部構成で、設計・開発および販売を手掛ける組織となっている。

なお、社名である「ソシオネクスト」は、SoCを中心とする半導体製品およびサービスの提供を通じて、広く社会に貢献し明るく豊かな未来を拓く、という新会社の在り方を表現するために創作されたもので、中心的なビジネス領域である「soc」に加えて、同社の強みである「Imaging」および「Optical Transport Network(io)」、「顧客、取引先、従業員をはじめとするすべてのステークホルダーにとってナンバーワンの企業となること(one)」、「つねに次の時代を見据える(next)」、「可能性を拡げていく(extention)」などの意味が込められているという。

また、事業開始にあたって、自社のブランドプロミスを「for better quality of experience」と制定したとする。これは単なる高性能、高信頼性といった「品質」の向上にとどまらず、同社の製品やサービス利用する顧客、さらにはその先にいる世界中の人々に新しい価値を提供し、豊かな社会の実現に貢献していく、という思いを表現したものだという。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

DEEPCOOL、水冷ユニットを標準搭載するミドルタワーPCケース「GENOME」
[08:00 8/30] パソコン
声優・竹達彩奈、ワイン×料理研究家・大橋みちことともに宅バル動画に登場
[08:00 8/30] ホビー
キャリアのiPhoneをApple 表参道で買いたくなる理由 - 知られざるサービスがすごかった
[08:00 8/30] スマホとデジタル家電
日本の自然災害リスクの総合順位は世界17位 国連大学の報告書
[08:00 8/30] テクノロジー
Fairchildの買収をFTCが承認 - ON Semiconductorの狙いを探る
[08:00 8/30] テクノロジー