iOS 8ではヘルスケア/フィットネスが目玉機能に、iWatch連動も - 海外報道

 

海外報道によれば、米Appleは次期iOS 8において、モバイルヘルスケアやフィットネス関連の機能を前面に推しだしてくる可能性があると説明している。これはまた、長らく噂されている同社の腕時計型デバイスとの連動も想定したものであり、関連ハードウェアの発表も示唆されている。

同件は9 to 5 Macが関係者の話として1月31日(米国時間)に報じている。それによれば、Appleはモバイルヘルスケアやフィットネスの世界に新たな展望を見いだしており、今年2014年にリリースが見込まれるiOSの新バージョンにおいて、これら追跡機能を主要機能として組み込んでいく計画だという。また同時に、「iWatch」などの名称で呼ばれる腕時計型デバイスについても、必要な各種センサーを組み込んだ形で登場することになると説明されており、一連の動きが連動したものであることが想定される。

なお、AppleがiOS 8で組み込むとされている健康管理アプリの開発コード名は「Healthbook」となっており、歩数計やカロリー燃焼、血圧や心拍数などの記録を複数管理できるようになっており、ちょうどヘルスケア版Passbookといった体裁のようだ。

とはいえ、これら情報は驚くべきものではなく、現状判明している範囲の情報で十分予測可能なものだ。例えば、ウェアラブル関連の人材を数年前からAppleが集めていることは広く知られており、特にiWatchの噂が出た直後にはNike FuelBandの開発者がAppleに移籍したことがニュースとして報じられている。これだけを見ても、Appleが腕時計型デバイスなどウェアラブル製品にフィットネス関連の機能を盛り込もうとしていることは容易に想像できる。

また、同社は「M7」と呼ばれる新型コプロセッサをiPhone 5s発表のタイミングで公表している。M7は「ARM Cortex-M3」がベースになっているといわれ、メインのA7プロセッサとは独立して歩数計などのセンサー情報をバックグラウンドでカウントするために用いられている。

だが、M7が用意された本来の目的はこうした用途というよりもむしろ、「ウェアラブル製品に組み込むためのプロセッサを別途用意する」ことにあるという推測が当初からなされている。その意味で、iOS 8で標準アプリやインターフェイスが用意され、さらにそれを補助する外部センサーとしての「iWatch」が登場すれば、過去の伏線がすべてつながって現れるというわけだ。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

国土交通省、東京のタクシー初乗り運賃を410円に引き下げる実証実験を実施
[15:30 7/28] ホビー
中国XiaomiがWindows 10搭載ノートPC発表、13.3型と12.5型の2モデル
[15:26 7/28] パソコン
ボルボ特別仕様車「S60 / V60 D4 ダイナミックエディション」8/10販売開始
[15:13 7/28] ホビー
『アイマス』声優の平山笑美などが出演、プレスターライブが8月14日開催
[15:06 7/28] ホビー
機能性表示食品の「肝臓の健康にセラクルミン」が発売
[15:02 7/28] ヘルスケア