ラブロス、700Whの大出力で冷蔵庫も動かせるハイブリッド式の家庭用蓄電池

700Whの大容量と、1,200Wのピーク出力を実現した家庭用バッテリー「エレクトロマジックハイブリッド EP-600」

ラブロスは8月2日、家庭用非常用電源「エレクトロマジックハイブリッド EP-600」を発表した。発売は8月6日。希望小売価格は125,000円となっている。

EP-600は、リチウムフェライトバッテリーと鉛蓄電池、スーパーキャパシタを組み合わせた家庭用の非常用バッテリーだ。家庭用のAC100Vのコンセントから充電でき(AC100V~240V対応)、AC100V(50Hz/60Hz)またはDC12Vの電力を取り出すことができる。フル充電に必要な時間は約6時間だ。

一般的に、リチウムフェライトバッテリーは小型軽量で自己放電が少ないが、価格が高い。鉛充電池は低価格だがサイズが大きく、重たくなる。スーパーキャパシタは、短時間で充電ができ、化学反応を使用していないため、充放電による劣化を考慮しないくて済むが、容量には限界がある。

このEP-600は、これら3つの方式を組み合わせることで、大容量、高い瞬間最大出力、低価格を実現したバッテリーだ。

バッテリー容量は700Whで、定格出力は600Wh。LEDバックライトタイプの40V型液晶テレビならば、4~5時間程度は動作させることが可能だ。また、ピーク時の最大出力が1,200Wというのも大きな特徴だ。電気製品は、電源を入れた際に大きな電流が流れる。一般的な家庭用充電池で、冷蔵庫や電気暖房機器などが使用不可となっているのはそのためだ。EP-600では、短時間なら大電流を流すことが可能なスーパーキャパシタを搭載することで、この問題に対処している。

本体の裏側には、DC12V端子を装備。ここからケーブルをつなぐことで、自動車のバッテリーが"上がった"際に、セルモーターを回すことも可能だ。またこの端子には、増設用蓄電池を接続することもできる。増設用蓄電池は、EP-600からコントローラー部分を除いたもので、容量は製品本体と同じ700Wh。希望小売価格は50,000円となっている。増設充電池は、最大4台まで接続可能だ。家庭用だけでなく、電源の採れない場所で電動工具を使用する際などに十分な電源用量を確保するのにも最適だ。

なお、背面には、「eco充電」用の端子も設けられている。これは、同社の販売する太陽光発電システムや風力発電システムと組み合わせるためのもの。

サイズは、W198×D376×H341mmで、重量は約26kg。

人気記事

一覧

新着記事