【レポート】

大きなインパクトを持つ新製品、「Apple Watch Series 3」と「Apple TV 4K」 - 松村太郎のApple深読み・先読み

1 新たな時代の幕開けを告げる、LTE対応のApple Watch

  • <<
  • <

1/4

Appleは9月12日に、Apple ParkのSteve Jobs Theaterでメディア向けスペシャルイベントを開催した。10周年を記念するiPhoneに注目が集まるイベントとなったが、iPhoneの前に登場させたApple Watch Series 3とApple TV 4Kは、予想以上に大きなインパクトを与えそうだ。

Apple Watch Series 3

Apple Watch Series 3は、先代で実現した水泳にも耐えられる防水機能と、GPSを内蔵し、スポーツを楽しむ人々にとって親しまれている機能を踏襲しつつ、もう1つのミッシングピースを埋めるた製品だ。

赤いデジタルクラウンで一目で分かるSeries 3の新機能は、LTE通信を内蔵したこと。これまでApple Watchは、iPhoneとペアリングしている状態、あるいは既知のWi-Fiネットワークがある環境下でのみ、インターネットに接続した活用ができた。

ジョギングをする人にとっては、手首のApple Watch以外に何も持たない方が軽快にワークアウトに専念できるが、外出中に電話があったら、メッセージが届いたら……ということを考えると、どうしてもiPhoneを持っていかなければ対応できなかったのだが。

LTE通信をサポートするApple Watch Series 3は、eSIMとLTE通信をサポートし、iPhoneとの接続が解除されると、自動的に、iPhoneと同じ電話番号での通話を行うことができる仕組みとしだ。イベントでは、Apple Watchから電話をかけ、映像の生中継を行っていた湖のいる同僚も、Apple Watchで応答し、口元に近づけなくても十分クリアな通話品質を実現する様子を紹介した。

SiriもApple Watch単体で使えるように

LTEに対応しても、やはりiPhoneとのペアリングを前提として、電話番号もiPhoneと共通だが、単独での通信をサポートしたことで、その活用の可能性は大きく広がった。前述の通話に加えて、メッセージやLINEなどのコミュニケーションアプリも、iPhoneなしで新着メッセージの確認や、新規メッセージの送信ができる。また、そうした動作をSiriに声で命令することもできるようになった。Siriを利用するにはネット接続が必要で、Apple Watch単体ではSiriを利用できなかったのだ。

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) 新たな時代の幕開けを告げる、LTE対応のApple Watch
(2) 通信業界にとっても、激震の可能性
(3) 4K HDRをサポートした第5世代Apple TV 4K
(4) 新たな可能性を切り拓くカテゴリーが鮮明に
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事