【レポート】

ギネス世界記録に認定! "変なホテル"は話題性だけのホテルなのか

1 ギネス世界記録認定は"たなぼた"

  • <<
  • <

1/3

ハウステンボスに昨年7月オープンした「変なホテル~変わり続けることを約束するホテル~」が快挙を成し遂げた。ロボットが始めてスタッフとして働いたホテルとして、ギネス世界記録に認定されたのだ。注目のホテルがさらに反響を呼びそうだが、この先はどうだろうか。

変なホテルがギネス世界記録TMに認定。認定証を持つハウステンボスの澤田秀雄社長(写真右)

変なホテルとは?

変なホテルは、長崎県佐世保市のハウステンボス内に所在するロボットホテルだ。フロントでは4カ国語に対応したロボットがチェックイン・チェックアウトの手続きを行い、宿泊者の荷物はロボットクロークが預かり作業を行う。部屋まではポーターロボットが手荷物を運び、窓拭きや庭の芝刈りもロボットが担当する。

画像左上:受付、右上:ロボットクローク、左下:芝刈ロボット、右下:窓拭きロボット(画像提供:ハウステンボス)

現在、稼動するロボットは現在約180台。人間のスタッフも常駐するものの、人数は極力抑えられ、まさにロボットホテルと称するだけのことはある。その話題のホテルがこのほどギネス世界記録の認定を受けた。

認定を受けるまでも苦労話がありそうだが、いきさつは意外なものだ。ハウステンボス側が申請したのではなく、ギネスワールドレコーズから話が来たとし、「今年8月に先方(ギネスワールドレコーズ)から連絡が来て、審査を受けて認定された」と、あっけない。

ハウステンボスでは1300万球のイルミネーションを光の王国と命名し、世界一を謳ってギネス世界記録を狙ったが、こちらについては、審査が通っていない。ハウステンボスでは今回が初のギネス世界記録の認定となるが、ある意味ラッキーだったようだ。

ギネス世界記録認定で期待されること

今回の認定によって期待されるのは、変なホテルのブランド価値の向上だろう。変なホテルは現在、ハウステンボス内の1店舗のみ。来年には千葉県浦安市に、愛知県蒲郡市のラグーナテンボスにそれぞれ2店目、3店目を出店した後、アジア圏を中心とした海外に進出し、フランチャイズ運営を含んで今後3-5年以内に国内外で100店舗を目指すという。

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) ギネス世界記録認定は"たなぼた"
(2) 生産性の高いホテルに必要なもの
(3) 話題性だけで終わるのか
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事