【レポート】

NTTドコモが描く5Gの未来とは - 「DOCOMO R&D Open House 2015」開催

1 東京オリンピックをターゲットに

 
  • <<
  • <

1/3

11月26日と27日、NTTドコモは横須賀のドコモR&Dセンタにおいて、最新の技術動向を展示する「DOCOMO R&D Open House 2015」を開催した。このなかで、次世代移動通信規格「5G」に関する展示も研究棟を丸ごと1つ使って行われていたので、5Gに向けた先端技術の研究開発成果の動向について紹介しよう。

2020年開始を目標に開発が進む「5G」

1980年代に車載電話としてスタートした移動体通信の技術は、世代が新しくなるにつれ、概ね10年毎に高速・大容量を実現してきた。次世代通信の「5G」については2020年代をターゲットとして開発が進んでいる。

現在のLTE-Advancedは世代としては第4世代「4G」だが、ドコモがLTE通信(厳密には3.9世代だが)を「Xi」として商用サービスを開始したのは2010年12月24日。2020年はちょうど10年後となるわけだ

2020年といえば東京オリンピックが開催される予定であり、自動車の自動運転の解禁など、社会インフラもこの年を目処に大きく変革しようとしている。こうした技術を支えるインフラである移動体通信もまた、ここをターゲットに新しい世代になるのは自然な流れだ。

ドコモは次世代通信規格「5G」を、高速化・大容量化といった進化はもちろんだが、「あらゆるものが無線で接続されるスマートライフを実現する」ものとして5Gを規定しており、ドコモ自身のさまざまな技術やサービスも、こうしたスマートライフの実現に向けて開発が進められている。

最近のドコモのコーポレートメッセージなどを見ると、明確に5Gのある生活を意識しており、5G化した社会のビジョンがしっかりしているようだ

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 東京オリンピックをターゲットに
(2) 5Gを支える要素技術その1・2
(3) 5Gを支える要素技術その3・4
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

沢村一樹&瀬戸康史バディ再び! 『刑事 犬養隼人』第2弾放送決定
[05:00 8/26] エンタメ
長谷部誠、黒柳徹子の筋肉チェックで心整わず! 『徹子の部屋』初出演
[05:00 8/26] エンタメ
Apple「iOS 9.3.5」リリース、ゼロデー攻撃の可能性がある問題を修正
[04:08 8/26] スマホとデジタル家電
[大野拓朗]朝ドラ俳優が三宅宏実選手にバックハグ
[04:00 8/26] エンタメ
TVアニメ『ダンガンロンパ3』、Blu-ray BOX&DVDのジャケットイメージ公開
[00:00 8/26] ホビー