【レポート】

Cerevo、Googleカレンダーと連携するBluetooth搭載スマート・アラーム「cloudiss」 - "シェイク"で起こす新型目覚まし

1 目覚まし時計の再定義

 
  • <<
  • <

1/3

Cerevoは16日、Googleカレンダーと連携する、Bluetooth搭載アラーム装置「cloudiss」(クラウディス)を発表した。iPhone経由でGoogleカレンダーの予定を解析し、朝の最も早い予定に合わせて自動的にアラームを設定・作動できる。同日から直販サイトで販売開始。価格は税別12,800円前後。出荷は11月中を予定する。

スマート・アラーム装置「cloudiss」

ちょっと遠くからcloudissを見たところ。手のひらサイズの小型軽量デバイスだ

「cloudiss」は、Bluetooth 4.0 Low Energyで接続する、iPhone連携型のアラーム装置。本体は時計機能、操作ボタンが省略された、アラームに特化した小型デバイスで、iPhoneとペアリングし、専用アプリからアラーム時刻の設定や音量調整といった全操作を行なう。また、アラームを止めるボタンも搭載しないため、鳴り続ける音を止めるには、"本体をシェイクする"というユニークな方法が採られていることも特徴だ。

本体サイズは36.5×91.5mm、重量は約51g。電源は内蔵バッテリ(250mAh)で、充電端子はmicroUSB。充電時間は約2時間30分で、一度の充電で約21日間駆動する。専用アプリはiOS 8.3以降に対応。

本体は10cm弱の円筒形。本体はアルミ削り出しで、上部はウォールナット材のキャップ付き

アラームは下部から再生。この小型きょう体から鳴っているとは思えないほどの大音量だ

キャップをひねると充電用microUSB端子、電源ボタンが現れる(キャップは外れない)。microUSB端子左側のLEDは、電源オンオフや充電状況を通知するためのもの

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 目覚まし時計の再定義
(2) スマホの歴史の中で、アラームだけが進化なし
(3) 最大80回 - アラームは"シェイク"で停止
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

沢村一樹主演『レンタル救世主』ポスターに明記された電話番号にかけると…
[12:33 9/26] エンタメ
住信SBIネット銀行、ディープラーニングを活用したデジタルマーケティング
[12:20 9/26] 企業IT
ビジネスインパクトを拡大するビックデータ活用とは - TERADATA PARTNERS 2016 基調講演
[12:10 9/26] 企業IT
IBM、クレジットカード関連の「FinTechカードAPI」提供 - 6社と仕様合意
[12:05 9/26] 企業IT
【特別企画】『キングオブコント2016』優勝予想1位は? 2位しずる、3位タイムマシーン3号
[12:04 9/26] エンタメ