【レポート】

組み込みシステムのすべてのコンポーネントを提供できる - アナログ部門のトップが語ったTIの強さ

1 AnalogとEmbedded Processingで売上高の83%を占めるTIのビジネス

  • <<
  • <

1/2

Photo01:発表を行ったSteve Anderson(Stephen A. Anderson)氏(SVP & GM, Analog)

Texas Instruments(TI)は7月22日に記者説明会を開催し、同社のアナログ部門トップによりビジネス全般の概況とすでに発表した製品の紹介、それと7月29日に発表されたUSB Type-C対応製品群についての説明が行われた(Photo01)。

まず同社のビジネス概要を。同社はおよそ10万の製品ポートフォリオを持ち、かつ10万を超える顧客を抱えている企業である。2015年3月のNXP SemiconductorsとFreescale Semiconductorの合併に関するレポートの中でも少し触れたが、2014年末にIHSが発表したレポートによれば、2014年度の売り上げは121億9500万ドルで業界第6位に位置づけられている。ちなみにこの数字はあくまでIHSのもので、当のTIは2014年のAnnual Reportで130億4500万ドルという数字を発表しているが、そう大きな違いでは無い。この内訳をラフにしめしたのがこちら(Photo02)。AnalogとEmbedded Processingで売上高の83%を叩き出しているのが判る。ちなみにアナログの中にある「シリコンバレー・アナログ事業部製品」というのは旧National Semiconductorの事業部のことだそうである。この売り上げの比率は、丁度この後合併するNXP/Freescaleの合計と恐らく逆である。こちらもさまざまなアナログ製品は抱えているものの、Embedded Processingの売り上げ比率はラフに言って50%を超えているだろう。これとどう競合していくかという話はまた別として、とりあえずTIの強さの源泉は、このアナログ部門にあることは間違い無い。

Photo02:というよりも、Analogだけで売り上げの62.3%を占めている、という方がむしろ判りやすい。Embedded Processingは全体の中で20.8%に過ぎない

ちなみに氏によれば、同社はいわゆる組み込みシステムのすべてのコンポーネントを提供できる事が強みである、としている(Photo03)。面白いのは、もちろん統合製品も出しているが、それとは別にDiscrete部品にも力を入れていることだ。氏曰く、「もちろんサイズあるいはコストの要求が強い場合は統合製品が必要になるが、逆に性能が必要な場合にはDiscreteを組み合わせるほうが顧客の問題の解決に繋がる」そうで、Discrete製品を引き続き提供し続けるとしている。

Photo03:普通のメーカーは(アナログにせよデジタルにせよ)この一部だけしか提供できない。というか、先のIHSのレポートを見ても、TIの上位に居るメーカーでもここまでのコンポーネントをすべて提供できるメーカーは存在し無い

そうした方向性に沿った形で2015年7月9日に発表されたのが「UCC27201A-Q1」である(Photo04)。ハイブリッド自動車(HV)向けのゲートドライバは車載向けアナログ半導体メーカー各社とも力を入れている分野であり、TIも多くの製品をリリースしているが、さらに競争力をあげた製品を追加した形だ。

Photo04:もっとも重量を削減といっても、すでにパッケージそのものは以前からかなり小さくなっており、もう本当に僅かな削減にしかならない。もちろんそれなりの数が使われているから、トータルではもう少し大きな違いになるのだろうが、もうそういうところまで来ているという話でもある

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) AnalogとEmbedded Processingで売上高の83%を占めるTIのビジネス
(2) 3種類のUSB Type-C製品を市場に投入


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事