【レポート】

iPhoneとOS X Yosemiteで何ができる?(第1回) - Macから掛ける・受ける・接続する

1 接続する

 
  • <<
  • <

1/4

iPhoneやiPadとMacのより深い連携は、Appleが掲げるContinuity(連係)機能の1つだ。OS X Yosemiteがこのほど一般公開されたが、iOS 8.1を導入したiPhoneやiPadと、OS X Yosemiteを導入したMacとの間では、前者の通信機能を簡単にMacから利用できるようになった。同じApple IDでログインしているAppleデバイスを使えば、快適なテクノロジーを体験することができるのだ。

Macを簡単にインターネット接続

Macを使っていて、急場でインターネットに接続したい時に便利なのが、Macの画面から直接iPhoneやiPadのセルラーモデルのインターネットが利用できる機能だ。

操作方法は簡単で、Macの画面上部にあるメニューバーのWi-Fiのアイコンをクリックすると、Wi-Fiのリストの一番上に、利用できるiPhoneやiPadが表示される。これを選択することで、簡単にMacをインターネットに接続できるようになる。

iPhoneやiPadのインターネット接続を、Macの画面から利用できる。これまでテザリングをiPhoneやiPad側で起動する必要があったが、MacのWi-Fiの設定から起動可能になった

メニューバーには、デバイスの名前に加えて、受信している電波強度、3G/4G/LTEといった接続の種類、電池残量が表示されている。もしも複数のキャリアのデバイスを持っている場合、接続状況の最も良い回線を選択することも可能だ。

実際に街中でこの機能を使ってみる場合はどうなるだろう。

これまで、iPhoneのパーソナルホットスポットを起動して、Macでインターネットに接続する、という使い方は可能だった。例えばMacBook Airを操作していてインターネットが必要になった際、ポケットのiPhoneを取り出して設定する、というのが通常の流れだった。

新機能を使うと、iPhoneをポケットから取り出さなくても、iPhoneのテザリング機能をONにして、Macをインターネットに接続することができるようになる、ということだ。

筆者は現在、iPhone 6 Plusを使っており、椅子に座っている際にはあまりポケットに入れず、カバンに放り込んでおくことも多くなってきた。あるいは、iPhone 5sを使っていた時代、夕方になってバッテリーがピンチになり、カバンの中で充電している際にも、取り出さずに充電を続けながらMacでネットを利用する場合にも便利そうだ。

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) 接続する
(2) 受ける
(3) 掛ける
(4) 特殊事例:SIMを入れ替えずに快適通話

人気記事

一覧

新着記事

現状に不満がある理由1位は?
[17:31 9/29] マネー
イベントは戦なり!『刀剣乱舞』モチーフの抜刀できる17色変化ペンライト登場
[17:13 9/29] ホビー
宮根誠司、同級生のダウンタウンとTV初共演「聞きたいことをぶつけられた」
[17:13 9/29] エンタメ
[渕上舞]ガルパン応援大使・蝶野選手と「パンツァー、フォー!」 “カップ麺・愛”も語る
[17:11 9/29] ホビー
ローランドDG、ワークエリアが1.6倍に拡大した3D切削加工機「MDX-50」
[17:09 9/29] テクノロジー