【格安18社を比較】喪中はがきのネット注文印刷が安いおすすめ6選

こちらでは、喪中はがきの印刷が安い18社を比較し、総合的に安い業者6選、デザインタイプ別で安いおすすめ2、3選ずつでまとめています。

喪中はがきは自分で印刷もできますが、文面を考える、印刷の手間、故人への思いなどを考えて、印刷注文にされる方も多いです。

この記事では、喪中はがきのデザインタイプ別で、安いおすすめのネット印刷会社を心をこめてご紹介しています。

参考に、各デザインタイプ別の最新の価格比較表も載せています。

故人に思いを馳せた喪中はがきを安く注文と思っておられる方のお役に立てば嬉しいです。

この記事を書いた人
mayu
最初に私自身の身内が亡くなった際、喪中はがき作成は「早く出さないと」という焦りの方が多かったです。心の余裕をもって作りたかったのですが、マナーは大丈夫だろうか、文面は、デザインは失礼でないだろうかでも随分迷ってしまい、時間もかかって疲れ果ててしまいました。ですが、次に喪中はがき印刷を利用した際、故人に思いを馳せながらデザインを選ぶ余裕もあり、手間と時間が省くことで心の負担が大きく減ったと感じました。こちらでは、その経験から喪中はがき印刷を中心に、自分らしい心をこめた喪中はがきを出すための情報をまとめますね。

喪中はがきは早割(早期割引)の利用が特に安い

喪中はがきの印刷は、早割(早期割引)を利用するのが最も安いです。

喪中はがき印刷は早い所は9月上旬にオープン、その後順に割引が小さくなっていきます。

なので、余裕があるなら、喪中はがきは出そうと思ってから早めに印刷を依頼すると安くお願いすることができます。

ちなみに、喪中はがきを出す時期は早くて10月下旬~11月、遅くて12月上旬までです。思い立ったら早めに準備してしまわれると少し安くなりますし、安心です。

12月中旬以降に喪中はがきを出す
12月中旬を過ぎて喪中はがきを出す場合は、喪中はがきではなく寒中見舞いにします。

というのも、年賀状受付日の12/15を過ぎているので、相手の方がもう年賀状を作成済みかもしれないからです。

相手の方に配慮して、年明けて、松の内(1/7もしくは1/15)が過ぎてから寒中見舞いで喪中につき年賀状を欠礼する旨をお伝えします。

寒中見舞いは11月上旬からサイトはオープンしていますが、12月下旬でもまだ早割をしています。

なので、12月中旬を過ぎてなるべく早くに寒中見舞いのはがき印刷をお願いすると、まだ早割利用で安めでお願いすることができます。

喪中はがきの印刷を安く依頼する時気にしたい3つのポイント

喪中はがき印刷を安く依頼する時気にしたい3つのポイント
  1. 「官製はがき」「私製はがき+切手」のどちらで出すか
  2. 宛名印刷をお願いするかどうか
  3. 自分の出したいデザイン・枚数で安くなる業者かどうか

早割を利用すると安いのはもちろんですが、それ以外に安くしたいとき気にしたい3つのポイントをお伝えしますね。

「官製はがき」「私製はがき+切手」どちらで出すか


喪中はがきは「官製はがき」「私製はがき+切手」の2種類の出し方があります。コストが安くなるのは官製はがきです。官製はがきに安く印刷してくれる業者も多いからです。

ですが、私製はがきでも用紙代無料で印刷してくれるところもあります。

京都の四季おたより本舗挨拶状ドットコムは私製はがき印刷対応で、用紙代0円でコストは官製はがきと同じです。

喪中はがきを官製はがき、私製はがきのどちらで出すか
喪中はがきを官製はがき、私製はがきのどちらで出すかについては、今はどちらの方法も多いので官製はがきでも私製はがきでも大丈夫です。

ただ、以下のような点が気になる場合は私製はがき+切手で出されるのが確実です。

  • 昔から正式な挨拶状は私製ハガキ+切手という慣習があったこと
  • 官製はがきの郵便番号枠が赤色なのが気になる
  • 出す相手が挨拶状のマナーにも厳しめ

喪中はがき印刷は官製はがきのみという会社も多いので、私製ハガキで出す場合は、私製はがき印刷に対応している会社を選びましょう。

宛名印刷をお願いするかどうか


喪中はがき印刷は、最近はネット印刷会社だと宛名印刷無料で料金が安い会社が多いです。

宛名印刷をしてもしなくても料金同じなので、宛名印刷を利用した方がお得感があります。

宛名は喪中はがきらしい楷書体、行書体で仕上がりますし、あとは出すだけでとても楽です。

ただ、もし自分で宛名は手書きしたい場合は、宛名印刷なしで安い会社を利用されるとよいです。例えば、ラスクルは白黒宛名印刷なしの依頼も超格安です。

喪中はがきの文面は印刷、宛名は手書きで書く場合
喪中はがきの宛名を手書きで書く場合は、毛筆筆ペン万年筆で書くのがマナーです。(ボールペンは略式なので避ける)

ただ、喪中はがきを印刷会社にお願いした場合、インクジェット紙より普通紙のほうがレーザー印刷がきれいになるため、官製はがきは普通紙が使われます。

年賀状の普通紙もなのですが、普通紙の官製はがきは筆ペンの文字がにじみやすく乾くのに少し時間がかかるので、時間に余裕もって宛名書きされるとよいです。

宛名印刷は、郵便局やコンビニで依頼すると宛名印刷代が1枚30円と高めなので、ネット印刷会社の宛名印刷無料を利用しましょう。

自分の出したいデザイン・枚数で安くなる業者を選ぶ


喪中はがきの文面デザインは、デザインによって安い会社が違うので、自分が出したいデザインタイプが安い業者を選ぶと満足度が高いです。

文面デザインは、昔は白黒や薄墨のみでしたが、今は明るい印象を出すためにカラー、カラーでもスターリッシュなデザインも増えています。

大切な人の喪中を伝えるはがきで、一生でもそれほど出すことが多いわけではないのであなたと故人にふさわしい色合いデザインで選ばれるといいですね。

喪中はがきのデザイン・枚数別トータル価格比較表

喪中はがきをネット注文する場合の価格は以下の4つで算出されます。

印刷料金+はがき代+宛名印刷代+送料

喪中はがきの場合、印刷料金と宛名印刷代で差がつきます。なので比較するときは、トータル価格で比べましょう。

また、白黒・カラーで価格が違うので利用したいデザインタイプ料金で比較しましょう。

以下は、各喪中はがきのタイプ別で各社トータル価格比較です。(2022年10月27日価格)
単純に現在の価格をまとめています。(オープン前の業者は空白です。)

①白黒(官製はがき)の喪中はがき価格比較表

  • 赤字は1番安い
  • 青字は2番めに安い
  • オレンジ字は3番目に安い
②カラー(官製はがき)の喪中はがき価格比較表

  • 赤字は1番安い
  • 青字は2番めに安い
  • オレンジ字は3番目に安い
③白黒(私製はがき)の喪中はがき価格比較表

  • 赤字は1番安い
  • 青字は2番めに安い
  • オレンジ字は3番目に安い
④カラー(私製はがき)の喪中はがき価格比較表

  • 赤字は1番安い
  • 青字は2番めに安い
  • オレンジ字は3番目に安い
⑤写真入りの喪中はがき価格比較表

  • 赤字は1番安い
  • 青字は2番めに安い
  • オレンジ字は3番目に安い

価格は上記にあるのですが、以下にデザイン別や用途別でおすすめ業者をまとめました。

あなたの必要な情報があるところをぜひご覧くださいね。
喪中はがき全般でおすすめが知りたい場合は【総合】をご覧ください。

【総合】喪中はがき印刷が安い会社おすすめ6選
①【白黒】モノクロ喪中はがきが激安-シンプルに安いおすすめ3選
②【カラー】色ありの喪中はがきが安い-明るく格安でおすすめ2選
③【私製はがき】の喪中はがきが激安-シンプルに安いおすすめ2選
④【おしゃれ】スタイリッシュな喪中はがきが安いでおすすめ3選
⑤【最速最短発送】喪中はがきの印刷で発送が早くて安いでおすすめ2選
⑥【コンビニ】喪中はがきコンビニで印刷で価格が安いのは?

【2023年】喪中はがきが安い・格安で人気!おすすめ6選(総合)

こちらでは、価格が安いはもちろんのこと、デザイン数やサービス面でもお得感があっておすすめの業者を6つご紹介します。

豊富な喪中はがきデザインから選んで格安で出せる!ネットスクウェア


ネットスクウェア喪中はがき印刷の特徴
デザイン数 約174点
現在の価格
割引50%OFF
2022/12/11まで
  • 喪中はがき白黒/薄墨印刷
    30枚¥3,658
  • 喪中はがきカラー
    薄墨カラー印刷
    30枚¥4,872
  • (宛名印刷・はがき代・送料・税込)
    ※複数同時購入で
    2つ目以降印刷料金200円引き

割引の特徴
  • 早割65%OFF~
  • 複数同時注文200円引き
  • リピート割15%OFF
  • 新春豪華賞品抽選会!
    購入後アンケート回答で
  • 昨年は早割12/28で終了
  • 送料無料
宛名印刷 無料

ネットスクウェアは、価格が格安なのにデザインが豊富に選べる点でおすすめです。

喪中はがきのデザインは174種類で、白黒、カラー、薄墨それぞれ数多いデザイン数の中で選ぶことができます。

また、2022年9月から会員登録で宛名印刷無料になったのでお得度がさらにアップしました。

官製はがきのみですが、価格が格安でデザイン数が多くて選べるのはネットスクウェアならではです。

官製はがきで出す予定で、格安でかつデザインを選びたい方に特におすすめです。

私製はがきの喪中はがき印刷料金が格安!京都の四季


京都の四季喪中はがき印刷の特徴
デザイン数 約165種類
現在の価格例
特割65%OFF
2022/12/12
13時まで
  • 【官製はがき】
  • 白黒/薄墨白黒
    30枚 ¥3,870
  • カラー/薄墨カラー
    30枚 ¥4,647
  • 【私製はがき】
  • 白黒/薄墨白黒
    (ケント紙)30枚 ¥1,980
    (大礼紙)30枚 ¥2,310
  • カラー/薄墨カラー
    (ケント紙)30枚 ¥2,757
    (大礼紙)30枚 ¥3,087
  • (宛名印刷・はがき代・送料・税込)
    ※追加注文で印刷料金10%OFF

割引の特徴
  • 早割67%OFF~
  • 2回目注文10%OFF
  • リピート割
  • 送料無料
宛名印刷 無料

京都の四季は、私製ハガキの印刷料金が最安級に安い業者さんです。

私製はがきの喪中はがきは取扱店も多くはないですが、京都の四季は、ケント紙、大礼紙の2種類あり、どちらの料金もカラー印刷が特に最安級に安いです。

デザインは165種類で縦書きのデザインが多め、カラーの薄墨デザイン数が他より多いです。カラーの薄墨デザインなので明るい印象で素敵ですよ。

京都の四季は、初心者も使いやすいスマホ画面で注文が簡単で、宛名印刷無料も魅力です。

私製はがきでカラーデザインで安く出したいという方に特におすすめです。

定番デザインの喪中はがきで最安値で出せる!ラクスル


ラクスル年賀状印刷の特徴
デザイン数 約47点
現在の価格例
早割40%OFF
2022/12/12まで
  • 白黒(宛名なし)
    30枚 ¥3,885
  • カラー・白黒(宛名あり)
    30枚 ¥4,175
  • (宛名印刷・はがき代・送料・税込)
    ※追加注文割引は特になし

割引の特徴
  • 早割75%OFF~
  • 会員登録クーポン
  • 昨年は早割12/20で終了
  • 送料無料
宛名印刷 無料

ラクスルは、とにかく最安で喪中はがきを仕上げたい場合に向いている業者です。

デザイン点数は47点と他に比べて少なめですが、他の業者に比べると何枚の依頼でも最安のことが多いです。

ただ、データを入稿するという手間が1つかかるのと、発送も3日以内くらいとやや遅めです。

ですが、定番デザインは最低限そろっていますし、宛名印刷・送料無料なので超格安で喪中はがきを仕上げられます。

喪中はがきを定番デザインで最安で安く仕上げたい方に特におすすめです。

オリジナル喪中はがきデザインだけど安い!最短即日出荷のおたより本舗


おたより本舗喪中はがき印刷の特徴
デザイン数 約393点
現在の価格例
特割25%OFF
2022/12/12
13時まで
  • 【官製はがき】
  • 白黒/薄墨白黒
    30枚 ¥4,282
  • カラー/薄墨カラー
    30枚 ¥6,213
  • 【私製はがき】
  • 白黒/薄墨白黒
    (ケント紙)30枚 ¥2,392
    (大礼紙)30枚 ¥3,094
  • カラー/薄墨カラー
    (ケント紙)30枚 ¥4,323
    (大礼紙)30枚 ¥4,620
  • (宛名印刷・はがき代・送料・税込)
    ※追加注文で印刷料金10%OFF

割引の特徴
  • 早割40%OFF~
  • 同時注文割10%OFF
  • 会員グレード割最大20%OFF
  • 追加注文割引20%OFF
    (会員限定)
  • 割引はすべて併用可
  • 昨年は早割12/21で終了
  • 送料無料
宛名印刷 無料

おたより本舗はオリジナルデザインが豊富で価格が安い業者です。

オリジナルの温かい絵柄や文例が多い割には高くはない価格設定なので、選びがいがあります。

特に、30枚以下の白黒印刷、少量で薄墨デザインは官製はがき、私製ハガキとも安めです。

発送も最短即日、宛名印刷無料、投函代行無料・はがき持込OKでサービスも抜群によいです。

さらに、おたより本舗は毎年利用すると会員特典でさらに安くなるので、お気に入りを見つけて毎年安く利用したい場合にも向いています。

白黒印刷や温かなデザインで安く早く出したい方に特におすすめです!

スマホアプリが親切で簡単!写真入りがお得なしまうまプリント


しまうまプリント喪中はがき印刷の特徴
デザイン数 約89点
現在の価格例
割引48%OFF
2022/12/12まで
  • 【官製はがき】
  • カラー/白黒 30枚 ¥4,470
  • (宛名印刷・はがき代・送料・税込)
    ※追加注文で印刷料金
    1,980円⇒660円に割引

割引の特徴
  • 早割58%OFF~
  • 2回目基本料割引
    1980円→660円
  • お友達紹介クーポン
  • 送料無料
宛名印刷 無料

しまうまプリントの喪中はがきは、スマホアプリで簡単に短時間で仕上げられるのが特徴の業者です。

価格は宛名印刷無料、送料無料でわりとリーズナブルです。白黒・カラー・写真入り全商品が同一価格なので写真入り喪中はがきの注文が特にお得感があります。

デザイン点数も89点と多くも少なくもない感じなので、価格気にせずにデザインを選びやすいのも魅力です。

アプリで簡単に作成してしまいたい、写真入りで安く作成したい方に特におすすめです。

専門スタッフに相談できて上品な喪中はがきデザイン!挨拶状ドットコム


挨拶状ドットコム年賀状印刷の特徴
デザイン数 約210点
現在の価格例
特割23%OFF
2022/12/11まで
  • 【官製はがき】
  • モノクロ印刷 30枚¥5,879
  • カラー印刷 30枚¥6,472
  • 【私製はがき】
  • モノクロ印刷30枚¥3,989
  • カラー印刷30枚¥4,582
  • (宛名印刷なし・はがき代・送料・税込)
    ※追加注文は特別価格

割引の特徴
  • 早割45%OFF~
  • 同時複数購入550円ずつ割引
  • リピート割引クーポンあり
  • 挨拶状ドットCLUBOFF
    が利用できる
  • 昨年の早割最終は12/26まで
  • 会員登録で送料無料
宛名印刷 11円/枚

挨拶状ドットコムは専門スタッフに相談しながらオリジナルデザインの喪中はがきが安く出せる業者です。

デザイン数は210点と多く、すべて挨拶状ドットコムのオリジナルデザインで他にない上品な雰囲気のデザインです。

オリジナルデザインはわりと高めの価格設定になることが多いですが、その分、挨拶状ドットコムは困ったことを専門のスタッフに相談できます。

落ち着いた上品なデザインで、初心者でも安心して作成できますね。

オリジナルデザインで上品な喪中はがきを仕上げたい方に特におすすめです。

迷ったらココ!格安でデザインも十分選べるネットスクウェア

ネットスクウェアをおすすめする理由
  • 理由1:価格が格安!
  • 理由2:デザイン数も174点で十分に選べる!
  • 理由3:定番からスタイリッシュまで幅広くカバー!

迷う場合は、格安で幅広いデザインから選べるネットスクウェアがおすすめです。

ネットスクウェアは、デザイン数も豊富で、どのデザインも価格が格安です!

また、今年度から宛名印刷無料になったので、宛名料金も気にせずに仕上げてしまえますよ。

さらに、ネットスクウェアは利用した翌年は必ずリピータークーポンが届き、年賀状・喪中はがきを早割からさらに割引で利用できます。

喪中はがきを豊富なデザインから選んで格安で出したい場合はぜひ利用されてみてくださいね。

①【白黒】モノクロ喪中はがきが激安-シンプルに安いおすすめ3選

おすすめ業者 料金(宛名印刷あり) 特徴とおすすめポイント
ネット
スクウェア

  • 10枚¥1,827
  • 30枚¥3,128
  • 50枚¥4,493
  • デザイン豊富
    で格安
  • デザイン点数
    (白黒)42点
  • 官製はがき
    に印刷
ラクスル
  • 10枚¥1,700
  • 30枚¥2,846
  • 50枚¥4,555
  • 価格が最安級
  • デザイン点数
    (白黒)4点
  • 官製はがき
    に印刷
おたより本舗
  • 10枚¥1,717
  • 30枚¥3,261
  • 50枚¥4,805
  • 温かいデザイン
    豊富
  • デザイン点数
    (白黒)45点
  • 官製はがき
    私製はがき
    両方対応
※官製はがきに印刷の料金 2022年9月30日時点価格

こちらでは白黒の喪中はがきが安いおすすめ3選をご紹介します。こちらの3社はすべて宛名印刷・送料無料です。

ネットスクウェアは、デザイン数が豊富で価格も安くバランスがよいです。

今年度は特に白黒料金が大幅値下げで、デザインも選んで安く仕上げたい場合におすすめです。

ラクスルは、定番デザインで価格が最安級です。

デザイン数は少なく、データ入稿作業もありますが、何枚でもとにかく最安級で作成できます。

おたより本舗は、デザイン数多く、多様なデザイン対応で、最短即日発送で安く利用できます。

はがき持込・投函代行ともにOKのサービスの良さなので、満足度高くお願いできます。

mayu
白黒(薄墨白黒も含む)デザインは、枚数でいけば、20枚以下だとおたより本舗が、30枚以上だとネットスクウェアが安めです。

②【カラー】色ありの喪中はがきが安い-明るく格安でおすすめ3選

おすすめ業者 料金(宛名印刷あり) 特徴とおすすめポイント
ネット
スクウェア

  • 10枚¥2,438
  • 30枚¥3,977
  • 50枚¥5,425
  • 定番~故人の思い出
    デザイン豊富
  • デザイン点数
    カラー111点
  • 官製はがき
    に印刷
京都の四季
  • 10枚¥2,485
  • 30枚¥4,035
  • 50枚¥5,418
  • 花でデザイン
    が選べる
  • デザイン点数
    カラー90点
  • 官製はがき
    私製はがき
    両方対応
ラクスル
  • 10枚¥1,761
  • 30枚¥2,969
  • 50枚¥4,707
  • 価格が最安級
  • デザイン点数
    カラー40点
  • 官製はがき
    に印刷
※官製はがきに印刷の料金 2022年9月30日時点価格

こちらではカラーの喪中はがきが安いおすすめ3選をご紹介します。こちらの3社はすべて宛名印刷・送料無料です。

ネットスクウェアはカラーデザイン点数111点と多く、価格が安いです。

かつ縦書き、横書きデザインも多く、定番の花~故人の思い出デザインまでデザイン柄も多様に揃うので選びがいがあります。

京都の四季はカラーデザイン点数90点で、こちらも価格が安いです。

縦書きデザインが主流で、花の種類が多く花で選べるのが特徴です。発送も早く、16時までの注文で翌日発送です。

ラクスルは、定番のカラーデザインが40点で、価格がとにかく最安級に安いです。簡単なデータ確定作業がありますが、何枚でも最安級なのが魅力です。

mayu
ネットスクウェアと京都の四季の大きな違いはデザインですね。好みのデザインがある方で選ばれるのがよいかと思います。

③【私製はがき】の喪中はがきが激安-シンプルに安いおすすめ2選

おすすめ業者 ケント紙 大礼紙
おたより本舗
  • 10枚 ¥1,087(白黒)
    10枚 ¥1,930
    (カラー)
  • 30枚 ¥1,371(白黒)
    30枚 ¥2,479
    (カラー)
  • 50枚 ¥1,655(白黒)
    50枚 ¥3,027
    (カラー)
    • 10枚 ¥1,490(白黒)
      10枚 ¥1,855
      (カラー)
    • 30枚 ¥1,540(白黒)
      30枚 ¥2,145
      (カラー)
    • 50枚 ¥1,670(白黒)
      50枚 ¥2,268
      (カラー)
京都の四季
    • 10枚 ¥1,490(白黒)
      10枚 ¥1,855
      (カラー)
    • 30枚 ¥1,540(白黒)
      30枚 ¥2,145
      (カラー)
    • 50枚 ¥1,670(白黒)
      50枚 ¥2,268
      (カラー)
    • 10枚 ¥1,600(白黒)
      10枚 ¥1,965
      (カラー)
    • 30枚 ¥1,870(白黒)
      30枚 ¥2,475
      (カラー)
    • 50枚 ¥2,220(白黒)
      50枚 ¥2,818
      (カラー)
2022年9月30日時点価格

こちらでは私製はがきの喪中はがきが安いおすすめ2選をご紹介します。

私製はがきの喪中はがきで安いのは、おたより本舗京都の四季です。

実は京都の四季の喪中はがきは、おたより本舗が印刷されているので品質・用紙も同じです。

mayu
用紙はケント紙と大礼紙の2種類あり、ケント紙だと用紙代無料なので、官製はがきと同料金で私製はがきの喪中はがきが出せます。

料金は、おたより本舗は白黒印刷料金、京都の四季はカラー印刷料金が特に安いです。

おたより本舗はカラーデザイン数が235点と圧倒的で、縦書き、横書きともに多く、柄も定番・故人の思い出・写真入りとたっぷりの中から選べます。

京都の四季は、カラーデザイン数は90点、縦書きが主流で、花の種類が多く花柄で選べるのが特徴です。

mayu
私製はがきの取扱いがあって安い業者は多くないので、私製ハガキで安く出したい場合はおたより本舗か京都の四季どちらかがおすすめです。

④【おしゃれ】スタイリッシュな喪中はがきが安いでおすすめ3選

おすすめ業者 料金(宛名印刷あり) 特徴とおすすめポイント
ネット
スクウェア

  • 10枚¥2,438
  • 30枚¥3,977
  • 50枚¥5,425
  • モダン/花/
    個人との思い出
    デザイン等
  • デザイン点数
    カラー111点
  • 官製はがき
    に印刷
おたより本舗
  • 10枚¥2,560
  • 30枚¥4,369
  • 50枚¥6,177
  • 故人の趣味/思い出写真
    /ほっこり感謝
    デザイン等
  • デザイン点数
    カラー235点
  • 官製はがき
    私製はがき
    両方対応
挨拶状
ドットコム

  • 10枚 ¥3,360
  • 30枚 ¥5,790
  • 50枚 ¥8,221
  • スタイリッシュ
    デザイン等
  • デザイン点数
    カラー135点
  • 官製はがき
    私製はがき
    両方対応
2022年9月30日時点価格

こちらでは喪中はがきでもおしゃれなデザインが安いおすすめ3選をご紹介します。

この3社のデザインは、縦書き・縦書きに文章が横書き・横書きそれぞれのデザイン数が多いのが特徴で、送料無料が共通です。

ネットスクウェア、おたより本舗は宛名印刷代無料です。

ネットスクウェアは価格的には3社の中では最も安く、カラーデザインは111点あります。

柄では、花やろうそく、山などを背景にしたモダン、読書、料理、カメラなど故人にちなんだイラストの入る故人の思い出などのデザインが選べます。

おたより本舗は、価格は安めで最短即日発送、カラーデザイン数は235点と圧倒的な数で選べます。

柄は、ゴルフ、お茶など故人の趣味、背景に動物や景色で明るめの印象の明るめ、感謝のことばをデザインした感謝デザイン、他、故人の写真をいれられるものもあって明るい気持ちで選べます。

挨拶状ドットコムは、宛名印刷代が11円/枚なので他の2社よりやや高めで、カラーデザイン数は135点です。

スタイリッシュのデザインは、星空、シャボン玉、月、空といったオリジナルの絵柄を温かくやさしく添えたものが多いです。

スタイリッシュな柄は各社で特徴がそれぞれ違うので、気になる業者をぜひご覧になって選んでみて頂けたらと思います。

mayu
スタイリッシュ柄があって価格の安さで選びたい場合は、ネットスクウェアが安めです。

⑤【最速最短発送】喪中はがきの印刷で発送が早くて安いでおすすめ2選

おすすめ業者 料金(宛名印刷込み) 最短発送
おたより本舗
  • 10枚¥2,560
  • 30枚¥4,369
  • 50枚¥6,177
    • 13時までの
      注文で
      即日発送
京都の四季
    • 10枚¥2,485
    • 30枚¥4,035
    • 50枚¥5,418
    • 16時までの
      注文で
      翌日発送
しまうま
プリント

    • 10枚¥2,780
    • 30枚¥4,380
    • 50枚¥5,980
    • 最短
      翌日発送
2022年9月30日時点価格

こちらでは喪中はがきの発送が早いおすすめ3選をご紹介します。こちらの3社はすべて宛名印刷代・送料無料です。

おたより本舗は、発送の早さでは最も早く、13時までの注文で最短即日発送です。

宛名印刷あり、なしにかかわらず、同じ発送日なので、急ぎで用意したい時にとても重宝します。

また、投函代行もOKなので、仕上がり次第早く投函してもらうこともできます。

京都の四季は、16時までの注文で最短翌日発送です。

宛名印刷も16時までに入力が終われば、翌日発送扱いになります。こちらは投函代行はありません。

しまうまプリントも、原則、注文日の翌日発送です。

サイトに必ず発送日が書いてあるので、それを目安にされるとよいです。

しまうまプリントも投函代行OKなので、急ぎの場合はそのまま投函してもらえます。

mayu
喪中はがきは思いがけない不幸で急に必要になることもあります。その際は、発送が早い業者を利用されると安心ですね。

⑥【コンビニ】喪中はがき印刷:セブンイレブン・ファミリーマート・ローソンで価格が安いのは?

【喪中はがき白黒印刷(官製はがき) 価格比較】2022年10月28日現在

セブン
イレブン
ローソン ファミリー
マート
10枚 ¥2,643 ¥2,878 ¥2,288
30枚 ¥4,405 ¥4,723 ¥3,705
50枚 ¥6,113 ¥6,568 ¥5,343
80枚 ¥8,617 ¥9,290 ¥7,830
100枚 ¥10,313 ¥11,104 ¥9,488

※宛名印刷なし、シンプルデザイン価格を比較。

他のタイプの価格比較はこちら
【喪中はがきカラー印刷(官製はがき) 価格比較】2022.10.28現在

セブン
イレブン
ローソン ファミリー
マート
10枚 ¥2,709 ¥2,878 ¥2,586
30枚 ¥4,484 ¥4,723 ¥4,308
50枚 ¥6,206 ¥6,568 ¥6,031
80枚 ¥8,729 ¥9,290 ¥8,614
100枚 ¥10,438 ¥11,104 ¥10,336

【喪中はがき白黒印刷(私製はがき) 価格比較】2022.10.28現在
※別途切手代が必要

セブン
イレブン
ローソン ファミリー
マート
10枚 ¥2,013 ¥1,950 ¥1,658
30枚 ¥2,515 ¥2,133 ¥1,815
50枚 ¥2,963 ¥2,573 ¥2,193
80枚 ¥3,577 ¥3,271 ¥2,790
100枚 ¥4,013 ¥3,735 ¥3,188

【喪中はがきカラー印刷(私製はがき) 価格比較】2022.10.28現在
※別途切手代が必要

セブン
イレブン
ローソン ファミリー
マート
10枚 ¥2,079 ¥2,298 ¥1,956
30枚 ¥2,594 ¥2,837 ¥2,418
50枚 ¥2,963 ¥3,376 ¥2,881
80枚 ¥3,577 ¥4,185 ¥3,574
100枚 ¥4,013 ¥4,725 ¥4,036

各社コンビニでも喪中はがきの印刷が10月ごろからはじまります。

セブンイレブン・ファミリーマート・ローソン3つで喪中はがき印刷が安いコンビニはどこか?

結論からいくと、現時点(2022年10月28日時点)では宛名印刷なしで比べると全体的にファミリーマートが安めですね!

セブンイレブンもファミリーマートもどちらも早割40%なのですが、もともとの価格設定がファミリーマートが今年は安いようです。

また、どのコンビニでも官製はがき・私製ハガキ両方の印刷を取り扱いがあります。

基本的にできあがったものは店頭受取で、ローソン、ファミリーマートは配送だと送料550円がかかります。投函の代行はどのコンビニも対応していません。

宛名印刷はセブンイレブンが1枚あたり4円安いです。

  • ファミリーマート・ローソン・・・44円/枚(税込)
  • セブンイレブンは40円/枚(税込)
mayu
ただ、ネット印刷会社は宛名印刷無料で安いので、宛名印刷をされるならコンビニは割高になるのであまりおすすめではないです。

他に、3社で違いがあるとすれば

セブンイレブン ローソン ファミリーマート
全デザイン数 15点 29点 25点
横はがき/横書きデザイン 1 7 2
特徴的なデザイン メタリック喪中 オリジナル喪中 特撰喪中はがき
アプリ
セブンイレブン年賀状

なし

なし

といった違いがあります。喪中はがきのサイトは、ローソン・ファミリーマートはサイトのつくりは同じ感じですが、セブンイレブンは独自のサイト設計になっています。

セブンイレブンのメタリック喪中はやや高級感のある仕様デザインです。アプリがあるので作成がよりしやすいのが特徴です。

ローソンは、デザインの数が多く、縦書き以外のデザイン(横はがき、縦はがきに横書き)やオリジナルデザインもあるので3社の中では一番デザインが豊富な印象です。

ファミリーマートは、ローソンとデザインが共通しているものも多いです。今はファミリーマートの割引が大きく安めなのが特徴ですね。

mayu
コンビニの喪中はがき印刷は店頭注文よりネット注文のほうが安くなっています。

なので、コンビニで年賀状印刷をお願いするなら、どこで申込むにしてもWEB注文で申し込んで少しでも安く利用しましょう。

ただ、コンビニよりも安くデザインも選びたい場合は、ネット印刷会社がおすすめです。

喪中はがきの印刷注文についてのQ&A

喪中はがきは横書きでもよいの?

喪中はがきの横書きはカジュアルな印象になるので、利用するなら出す相手を選んで利用されるとよいでしょう。

喪中はがきは厳かな気持ちを共有する正式な挨拶状の1つなので、今はまだ縦書きが主流で無難です。

ですが、故人がクリスチャンだった場合や相手が友人で明るく出したい場合に横書きはがきも使われるようになっています。

人によっては出す相手によって年配の方や親戚・会社の方には縦書き、友人・知人は横書きで使い分ける方もおられます。

もし喪中はがきで明るい雰囲気を出したい場合は、縦書きでも背景全体に薄いカラーデザインを選ぶと印象がかなり素敵になりますよ。

喪中はがきが届いた人にも出していいの?

喪中はがきは喪中はがきが届いた人にも出して大丈夫です。

というのも、「こちらが喪中のため新年の挨拶を欠礼します」という挨拶状で、相手の喪中の影響は受けないからです。

毎年年賀状のやり取りをしている方であれば例年どおり出しておきましょう。

喪中はがきの宛名を手書きで書くとき使う文房具は?

喪中はがきの宛名を手書きで書く場合に使う文房具は、毛筆筆ペン万年筆を使います。

ボールペンは略式になってマナー違反になるので、避けましょう。また、宛名シールを貼るのも失礼にあたります。

喪中はがきは縦書きが基本になるので、文房は一般的に利用しやすさで筆ペンを利用される方が多いようです。

喪中はがきが余ったらどうすればいい?

喪中はがきが余って有効活用できる方法を2つご紹介しますね。

①はがきなどと交換する

官製はがきで郵便で出していないものは通常はがきや切手と同じように手数料を払えば郵便局で交換してもらえます。

交換するもの 手数料
郵便切手・通常はがき 1枚につき
5円
往復はがき・郵便書簡 1枚につき
10円
レターパック封筒
スマートレター封筒
1枚につき
42円
10円未満の郵便切手
郵便はがき
合計額の半額

はがきは使わなくても、切手やレターパックであれば使いやすい方も多いので、使いやすいものとの交換がよいですね。

②書き損じはがきで寄付をする

また、書き損じはがきで寄付もできますよ。簡単にできる支援で人気があります。

日本ユネスコ協会連名
https://www.unesco.or.jp/terakoya/kakisonji/

シャンティ国際ボランティア会
https://sva.or.jp/youcando/monokifu220204/

日本ユニセフ協会
https://www.unicef.or.jp/cooperate/company/ex/impress/

喪中の時に年賀状が届いたらどうする?

喪中の時に年賀状が届いた場合は、相手に喪中はがきを出したかそうでないかで対応が変わります。

喪中の時に年賀状が届いた場合の対応
  • 喪中はがきを出した相手・・・返信せずそのまま
  • 喪中はがきを出していない相手・・・寒中見舞い
  • 故人と面識がない仕事関係者・・・年賀状を出す

基本はこちらが喪中で年賀状を欠礼した旨が相手に伝わればよいので、喪中はがきを出した方には返信はなくても大丈夫です。

逆に喪中はがきを出していない方から届いた場合は、こちらが喪中で年賀状を欠礼したことを知らせるためにも寒中見舞いを出します。

また、個人的には喪中だけど、仕事先関係で故人とは関係がない方から年賀状が届いた場合は、ビジネスなので年賀状で返信でOKです。

ですが、家族経営などで故人が取引先と関わりがある場合は、寒中見舞いと相手との関係で分けるのがよいですね。

喪中はがきネット印刷注文が安いのまとめ

喪中はがきネット印刷が安いのまとめ

喪中はがき印刷は早めに注文するほど安くお願いできます。

注文時に安さを比べる場合は、印刷料金・はがき代・宛名印刷料金・送料に消費税を足したトータル価格で比較するとわかりやすいです。

出す機会が多いものではない喪中はがき。デザインが違うだけで印象も違います。

モノクロ・カラー、スタイリッシュデザイン、あなたと故人にあった素敵な喪中はがきがリーズナブルに仕上がって出せるといいですね。

あなたの思いのこもった喪中はがきが大切な人に無事届きますように。

関連記事 RELATED POSTS