ポケトークをレンタルできるおすすめサービス5選!空港で当日に受け取れるサービスも紹介

ポケトークのレンタルサービス

ポケトークは74言語に翻訳できる、海外で言葉が通じなくて不安な方に人気のAI通訳機です。

ポケトークで翻訳しながら会話をすると、外国の方ともスムーズに会話ができます。

普段の生活で翻訳機は使わないけど、海外旅行のときや外国人が多く集まるイベントのときだけ使いたい方には、レンタルがおすすめです。

この記事ではポケトークをレンタルできるおすすめサービス5選と、購入よりもレンタルがお得なケースを紹介していきます。

ポケトークをレンタルできるおすすめサービス

ポケトークをレンタルできるおすすめサービス5選

ポケトークをレンタルできるサービスには、空港やホテルで商品を受け取れるモノカリや、グローバルSIM内蔵のポケトークを借りられるアールワイレンタルなどがあります。

ここからはポケトークを準備するのに向いている、家電レンタルのおすすめサービス5選を紹介します。

サービス名 ポケトークの
レンタル最安値(税込)
1日あたりの
料金
最短レンタル
期間
送料 対応エリア 公式サイト
4,630円 約1,543円 3日 無料
(北海道・沖縄は商品によっては発生)
全国
2,980円 約372円 7泊8日 無料
(北海道・沖縄を除く)
全国
2,520円 252円〜1,260円 2日 無料 全国
RentryRentry
3,980円 約995円 3泊4日 無料 全国
グローバルWi-FiグローバルWiFi
880円 880円 1日 無料 全国

モノカリならレンタルするポケトークを成田空港で受け取れる

モノカリ

公式サイト https://komono.me/rental/
ポケトークの
レンタル最安値
4,630円/3日
ポケトークの
レンタル期間
3日〜
対象エリア 全国
送料 無料(北海道・沖縄は商品によっては発生)
補償・サービス ・空港やホテルでの受け取り可能
・一部商品は店舗での当日受け取り可能
・修理費用は上限2,000円

モノカリは家電やカメラを全国どこでもレンタルできるサービスです。

全ての商品が3日または4日からとレンタル期間が短く、自宅だけでなく空港やホテルでも商品を受け取れるため、旅行の際のレンタルに最適です。

海外旅行中にポケトークをレンタルしたい方は、空港内の郵便局でポケトークの受け取りと返却をすれば、持って行くのを忘れたり返却し忘れを防げます。

ポケトークのレンタルの注文締め切りは、自宅での受け取りであれば前日の17時までのため、旅行の直前でも注文できます

モノカリでレンタルできるおすすめのポケトーク

商品名 レンタル料金(税込) レンタル期間 延長料金 1日あたりの料金
SOURCENEXT POCKETALK ポケトークW
SOURCENEXT POCKETALK
ポケトークW
4,630円 3日 400円/日 約1,543円
SOURCENEXT POCKETALK ポケトークS
SOURCENEXT POCKETALK
ポケトーク S
4,900円 3日 400円/日 約1,633円

ポケトークWとポケトークSのどちらも取り扱っています。

レンタル期間は3日となっていますが、1日400円の延長料金を支払えば3日以上のレンタルも可能です。

モノカリでレンタルしたポケトークの使用には、W-iFiが必要になります。

そのため、Wi-Fiの使える環境でしかポケトークを使わない方や、ポケットWi-Fiを持ち歩いている方におすすめです。

ゲオあれこれレンタルではレンタルしたポケトークをそのまま買える

ゲオあれこれレンタル

公式サイト https://geo-arekore.jp/
ポケトークの
レンタル最安値
2,980円/7泊8日
ポケトークの
レンタル期間
7泊8日
対象エリア 全国
送料 往復無料(北海道・沖縄を除く)
補償・サービス ・傷や通常利用範囲内での故障は補償対象
・不注意での故障は上限5,000円の負担

ゲオあれこれレンタルはカメラ・スマホ・家電を手軽に借りられるサービスです。

レンタルしている商品を気に入った場合、そのまま購入できる「買える!レンタル」というサービスがあり、購入前のお試しとしても利用できます。

ポケトークも「買える!レンタル」の対象商品のため、販売価格からレンタル料金を引いた差額を支払ってそのまま購入も可能です。

ゲオあれこれレンタルでレンタルできるおすすめのポケトーク

商品名 レンタル料金(税込) レンタル期間 延長料金 1日あたりの料金
ソースネクスト ポケトークW
ソースネクスト
音声翻訳機
ポケトークW
2,980円 7泊8日 200円/日 約372円

SIM内蔵ではない「ポケトークW 」のため、WiFiが使える環境でのみ使用できます。

最短レンタル期間が7泊8日と他のレンタルサービスより長く、1日あたりの料金が約372円と安いのが魅力です。

アールワイレンタルではグローバルSIM内蔵のポケトークをレンタルできる

アールワイレンタル

公式サイト https://www.ry-rental.com/
ポケトークの
レンタル最安値
2,520円/2日
ポケトークの
レンタル期間
2日〜
対象エリア 全国
送料 無料
補償・サービス ・WEBサイトから予約で全品10%OFF
・最短で即日発送・翌日にお届け
・大手損害保険会社の補償制度に加入

アールワイレンタルは、スーツケースなどの旅行用品に関する商品を取り扱っているレンタルサービスです。

損害保険会社の補償制度に加入しているため、商品が破損したとしても無償で対応してくれるので安心です

ポケトークのレンタルは2日から30日まで、好きなレンタル期間を選べます。

アールワイレンタルでレンタルできるおすすめのポケトーク

商品名 レンタル料金(税込)
WEB価格
レンタル期間 延長料金
POCKETALK W
POCKETALK(ポケトーク)W 翻訳
2,520円〜8,400円 2日〜30日 180円/日

ポケトークWのブラック、レッド、ピンクの3色を取り扱っています。

アールワイレンタルのポケトークはグローバルSIMが内蔵されているため、すぐにクラウドに接続して使用可能です。

レンタル料金は2日から30日の間で1日ごとに金額が決められています。

以下に一部の料金をピックアップし、1日あたりのレンタル料金を比較しました。

日数 Web予約 1日あたりの料金
2日間 2,520円 1,260円
10日間 3,960円 396円
20日間 5,760円 288円
30日間 7,560円 252円

レンタル期間が長くなるにつれてレンタル料金が高くなっていますが、1日あたりの料金は安くなっています

30日以降の延長料金も1日あたり180円とお安いため、長期の海外旅行にもアールワイレンタルはおすすめです

Rentryならレンタルしたポケトークを近くのコンビニで返却できる

Rentry

公式サイト https://rentry.jp/
ポケトークの
レンタル最安値
3,980円/3泊4日
ポケトークの
レンタル期間
3泊4日〜
対象エリア 全国
送料 往復無料
補償・サービス ・過失のない故障、破損は費用請求なし
・追加の保険料は必要なし
・トラブル時はチャットまたは電話で対応

Rentryは最新のカメラや家電をレンタルできるサービスです。

クロネコヤマトが配送を担当しているため、ヤマト営業所のある空港やホテルで商品を受け取れます。

返却も近くのコンビニや滞在先のホテルからで簡単です

さらに、利用方法に過失のない故障・破損についての費用請求はないため、海外でも安心して利用できます。

Rentryでレンタルできるおすすめのポケトーク

商品名 レンタル料金(税込) レンタル期間 延長料金 1日あたりの料金
POCKETALK W
音声翻訳機
POCKETALK (ポケトーク)W
3,980円 3泊4日 400円/日 約995円

SIM内蔵ではないポケトークW のため、WiFiが使える環境でのみ使用できます。

ポケトークを実際にレンタルして気に入った場合、返却せずに34,980円でそのまま購入も可能です。

グローバルWiFiならWi-Fiとセットでポケトークをレンタルできる

グローバルWiFi

公式サイト https://townwifi.com/
ポケトークの
レンタル最安値
880円/日
ポケトークの
レンタル期間
1日〜
対象エリア 全国
送料 無料
補償・サービス ・安心補償パックは有料
・出発4日前までキャンセル料無料

グローバルWiFiは、海外渡航の際のWi-Fiのレンタルで人気のサービスです。

国内19空港、35ヶ所のカウンターで受取・返却ができ、1日から好きな期間レンタルできます

ポケトークはWi-Fiレンタルのオプションとして一緒にレンタルできます。

しかし、ポケトーク単体でのレンタルは行っていないため、ポケトークのレンタル料に加えWi-Fiのレンタル料がかかるため注意が必要です。

Wi-Fiのレンタル料金は渡航先やプランによって異なるため、公式サイトからかんたんに確認できます。

グローバルWiFiでレンタルできるおすすめのポケトーク

商品名 レンタル料金(税込) レンタル期間 安心保証パック
POCKETALK W
POCKETALK W
(ポケトーク W)
880円 1日 550/日〜
POCKETALK S
POCKETALK S
(ポケトーク S)
1,100円 1日 550/日〜

ポケトークWとポケトークSのどちらも取り揃えています。

SIM内蔵のポケトークではありませんが、Wi-Fiとセットでのレンタルなのでそのまますぐに使用できます。

Wi-Fiとポケトークのどちらのレンタル料金も安いため、海外旅行に行く際にWi-Fiとポケトークの両方をまとめてレンタルしたい方におすすめです

ポケトークを海外旅行で使うなら購入するよりレンタルがお得

ポケトークを海外旅行で数日間のみ使いたいのであれば、購入するよりレンタルした方がお得になる可能性があります。

ここでは、購入するよりもレンタルがおすすめなケースを紹介していきます。

ポケトークを海外旅行で使う

ポケトークを海外旅行の間のみ使いたいのであれば、レンタルがお得です。

ポケトークWをAmazonで購入すると9,000円以上かかりますが、レンタルだと半額以下に抑えられます

ただし海外旅行や出張などを年に何度もする方や、外国語の勉強など日常的にポケトークを使いたい方は、レンタルよりも購入するのがお得になります。

使う頻度が少ない方や短期で使用したい方は、レンタルでお得にポケトークを使うのがおすすめです。

他の翻訳機と比較するためにお試しで使う

翻訳機を使ったことがない方や、ポケトークと他の翻訳機の使い心地を比べたい方にもレンタルが最適です。

実際に海外旅行先でお試しで使用し、気に入ったら購入するといった使い方ができるのもレンタルの魅力です。

ポケトークのレンタルサービス選びはレンタル料金と補償内容をチェック

ポケトークをレンタルできるサービスはたくさんあり、それぞれサービスごとに違った特徴があります。

ここでは、ポケトークのレンタルサービスを選ぶときに、チェックすると良いポイントを解説します。

レンタル料金が安いサービスを探す

レンタルサービスによって期間と料金が違うため、ポケトークを使いたい期間に合わせて最もお得なサービスを選ぶのがポイントです。

ポケトークWをゲオあれこれレンタルで7泊8日レンタルした際の料金は、以下のとおりです。

届け先 レンタル料金(税込) 送料 合計
北海道 2,980円 800円 3,780円
沖縄 2,980円 1,500円 4,480円
それ以外 2,980円 無料 2,980円

同じく8日間、アールワイレンタルでポケトークWをレンタルした場合の料金は、全国どこでも3,600円です。

ポケトークWを8日間お得にレンタルしたいのであれば、北海道と沖縄で受け取るなら「ゲオあれこれレンタル」、北海道、沖縄以外の地域であれば「アールワイレンタル」がお得になります。

補償内容を確認する

海外旅行で使うとなると、旅行中に「不注意でポケトークを壊してしまった」といったトラブルが起こることがあります。

通常の使用の範囲内での故障や破損は、原則として修理費負担が発生しないサービスや、有料オプションで補償を付けられるサービスもあります。

万が一、不注意で故障や破損させてしまっても、アールワイレンタルでは無償で対応可能

モノカリとゲオあれこれレンタルは、修理費の上限が設けられているサービスになります。

受け取り場所を選べるサービスもある

レンタルするポケトークを、空港や宿泊先のホテルで受け取れるサービスもあります。

海外旅行の際の荷物を減らせる上に、レンタルしたポケトークの持って行き忘れを防ぐこともできます。

今回紹介したレンタルサービスではモノカリとRentry、グローバルWiFiは空港での受け取りができるサービスです。

レンタルするポケトークを選ぶポイントはSIM内蔵かどうか

ポケトークはSIM内蔵かどうかとポケトークWとポケトークSの違いを確認すると、自分に合ったポケトークを選べます。

ここでは、どのポケトークをレンタルすればいいか迷っている方に向けて、ポケトークの選び方を解説していきます。

SIM内蔵のポケトークか確認する

ポケトークはSIM内蔵のものだと、WiFiに接続せずに使えます

ポケットWiFiを持って海外旅行に行くのであれば、SIM内蔵でないポケトークであってもどこでも使用できます。

WiFiの接続をせずにポケトークを使いたいのであれば、SIM内蔵のポケトークを選ぶのがおすすめです。

今回紹介したレンタルサービスの中では、アールワイレンタルはSIM内蔵のポケトークを取り扱っています

またポケトークとWiFiを一緒にレンタルしたい方は、グローバルWiFiでまとめてレンタルができます。

「ポケトークW」と「ポケトークS」の違い

レンタルできるポケトークには、ポケトークWとポケトークSがあります。

ポケトークSはポケトークWの新機種として発売されたため、新機能が追加され、ポケトークWより価格が高くなっています。

ポケトークSに追加された新機能は以下の6つです。

  • カメラ翻訳
  • 会話レッスン
  • 単位変換
  • 現在地の時計表示
  • メダル獲得
  • 言語切り替え時に国旗選択が可能

この中で最も使われる機能はカメラ翻訳機能で、ポケトークSとポケトークWと大きな違いになります。

カメラ翻訳機能とは、カメラで撮影した文字を翻訳してくれる機能です。

例えばレストランのメニューや看板、本などをポケトークSのカメラで撮影すると翻訳してくれます。

カメラ翻訳機能を使いたいのであればポケトークSをレンタルし、会話でのコミュニケーション時のみ翻訳機を使いたいのであれば、価格の抑えられているポケトークWをレンタルするのがおすすめです。