ハンモックをレンタルできるおすすめサービス5選!お試しやイベント用に1泊から借りられる

ハンモックのレンタルサービス

ゆらゆら揺れながらリラックスできるハンモック。

最近では、ハンモックをキャンプや自宅で楽しむ方が増えています。

キャンプの間だけハンモックを使いたい方や、購入の前にハンモックの使い心地を実際に試したい方には、レンタルサービスの利用がおすすめです。

レンタルであれば、購入する前に手軽にお試しで使うことができます。

今回はハンモックをレンタルできるおすすめのサービス5選と、レンタルするハンモックを選ぶときのポイントなどを紹介します。

ハンモックをレンタルできるおすすめサービス

ハンモックをレンタルできるおすすめサービス5選

ハンモックのレンタルには、ハンモックチェアをレンタルできるCLASや自立式ハンモックをレンタルできるhinataレンタルなど、いろいろなサービスがあります。

ここでは、ハンモックをレンタルできるおすすめのサービス5選を紹介します。

CLASではLOGOSのハンモックチェアが1ヶ月からレンタルできる

CLAS

公式サイト https://clas.style/
ハンモックの
レンタル最安値
1,760円/月
ハンモックの
レンタル期間
1ヶ月〜
対象エリア 東京 / 神奈川 / 千葉 / 埼玉 / 大阪 / 京都 / 兵庫
送料 レンタル4ヶ月目から往復分の送料なし
補償・サービス ・組み立て設置サービス
・汚れ、傷の補償
・引越しサポート

CLASはおしゃれな家具や家電に加え、アウトドアグッズも豊富に取り揃えているレンタルサービスです。

1ヶ月からレンタル可能で、ハンモックの場合はレンタル開始から4ヶ月目以降は往復送料の4,400円がかからなくなります

CLASは短期でのレンタルよりも、4ヶ月以上レンタルしたい方に向いています。

CLASでレンタルできるおすすめのハンモック

LOGOS Tradcanvas ゆらゆらハンモックチェア

サイズ 約幅90×奥行68×高さ117cm(座高43cm)
素材 フレーム:スチール
生地:ポリエステル(PVCコーティング)
重量 約5.7kg
耐重量 約130kg
レンタル料金 1,760円/月
1日あたりの料金 約59円

1台でハンモックとチェアの2役をこなす、リクライニング機能付きのハンモックチェア。

ブランコのような揺れが心地よく、リラックスできます。

持ち運びに便利なベルト付きの収納バッグがあるため、持ち運びしやすく屋外での使用にもおすすめです。

subsclifeは長期で借りると月額1,260円でレンタルできる

subsclife

公式サイト https://subsclife.com/
ハンモックの
レンタル最安値
1,260円/24ヶ月
ハンモックの
レンタル期間
3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月・24ヶ月
対象エリア 全国
送料 商品により異なる
補償・サービス ・商品破損補償
・購入可能

subsclifeはレンタル料金が商品の定価を超えないサービスで、レンタルして気に入った商品をそのまま購入できます

レンタルする商品はすべて新品のため、中古品に抵抗がある方におすすめのレンタルサービスです。

レンタルできるハンモックは2種類あり、インテリア雑貨のカテゴリーで取り扱っています。

subsclifeでレンタルできるおすすめのハンモック

Path Nest

サイズ 幅100×奥行20×高さ10cm
素材 リサイクルPET糸(ポリエステル)、FSC認証のブナ材
重量 3.3kg
耐重量 110kg
レンタル料金 1,260円/24ヶ月
1日あたりの料金 42円

屋外・屋内のどちらでも使えるハンモックです。

2列のフリンジがゆらゆらと揺れるおしゃれなハンモックで、インテリアになじむおしゃれなデザインが特徴的です。


Path Hammock

サイズ 幅140×奥行32cm
素材 リサイクルPET糸(ポリエステル)
重量 4.6kg
耐重量 125kg
レンタル料金 1,890円/24ヶ月
1日あたりの料金 63円

ペットボトル102本分の再生プラスチックを使用したPET糸を手編みしている、環境に優しいハンモックです。

Path Hammockは受注生産品のため、製造に3.5ヶ月から4.5ヶ月程度かかります。

レンタルしたい場合は、注文してからハンモックの受け取りまでに数ヶ月かかるため、スケジュールに余裕を持って注文する必要があります。

hinataレンタルでは自立式ハンモックが1泊からレンタルできる

hinataレンタル

公式サイト https://hinata-rental.me/
ハンモックの
レンタル最安値
2,000円/月
ハンモックの
レンタル期間
1泊2日〜
対象エリア 全国
送料 ヤマト運輸の運賃表に基づいた往復送料
補償・サービス ・アイテム破損補償料一律1,000円
・キャンセル補償は任意
・キャンプ場で受け取り返却可

hinataレンタルはキャンプ用品のレンタルサービスです。

レンタルした商品は直接キャンプ場で受け取り・返却ができるため、手ぶらでキャンプに行けます。

レンタル料金とは別に、アイテム破損補償料1,000円と送料が追加でかかります。

送料の詳細は、公式サイトで商品をカートに入れて、お届け先を入力すると確認できます。

キャンプは天候に左右されるため、悪天候によるキャンセルが心配な方は、1,000円で付けられるキャンセル補償もあります。

hinataレンタルでレンタルできるおすすめのハンモック

キャプテンスタッグ 自立式ハンモック

サイズ 295cm×68cm×110cm
重量 10.5kg
耐重量 約80kg
レンタル料金 2,000円/1泊2日
1日あたりの料金 1,000円

設営がかんたんな自立式ハンモック。

屋内・屋外のどちらでも使えて、大人1人がゆったり寝られるサイズです。

ホワイト、ブルー、オレンジの3色のハンモックのどれかがランダムで配送されます。

Rentioでは3WAYのハンモックをレンタルできる

rentio

公式サイト https://www.rentio.jp/
ハンモックの
レンタル最安値
3,582円/7泊8日
ハンモックの
レンタル期間
7泊8日〜
対象エリア 全国
送料 無料
補償・サービス ・通常利用状況下での修理費負担なし
・不注意で壊しても負担は最大2,000円まで

Rentioは3,600種類以上の最新製品を買わずに試せるレンタルサービスであり、カメラやアウトドア用品まで幅広い商品を取り扱っています。

レンタルできるハンモックの種類も、今回紹介したレンタルサービスの中で最多の3種類あります。

ワンタイムプランと月額制プランがあり、レンタル期間を短期と長期で選べるのもRentioの魅力です。

Rentioでレンタルできるおすすめのハンモック

LOGOS 3WAY スタンドハンモック

サイズ ハンモック:幅250×奥行86×高さ80.5cm(座高23cm)
ハンモックチェア:幅121×奥行86×高さ106cm(座高33cm)
ハンガーラック:幅121×奥行86×高さ106cm
素材 スチール、コットン
重量 約10.7kg
耐重量 100kg
レンタル料金 ワンタイムプラン:6,282円/7泊8日
月額制プラン:3,300円/月
1日あたりの料金 ワンタイムプラン:約785円
月額制プラン:33円

「ハンモック、ハンモックチェア、ハンガーラック」の3WAYの使い方ができる、便利なハンモックです。

ハンモックの素材にコットンを使用しているため肌触りがよく、ふかふかのクッション付きでリラックスタイムに最適です。

付属の収納バッグにコンパクトに収納でき、屋内・屋外問わず使えます

イベント21では自立式と吊り下げ式のハンモックが揃っている

イベント21

公式サイト https://event21.co.jp/
ハンモックの
レンタル最安値
990円/3日
ハンモックの
レンタル期間
3日
対象エリア 全国
補償・サービス ・17時半までの問い合わせは当日中に連絡
・支払方法がクレジットカード・PayPay・LINE Payなど豊富

イベント21は、イスやテーブル、テントなどのイベント運営に関する様々なアイテムをレンタルできるサービスです。

レンタルだけでなく、イベント会場の設営や看板の制作などの幅広くイベントの運営に関わっています。

ハンモックは自立式と吊り下げ式の2種類を取り扱っています。

特に吊り下げ式のハンモックは3日で990円と安いため、気軽にレンタルできます。

イベント21でレンタルできるおすすめのハンモック

ハンモック OTH-838Of

設置に必要な長さ 250cm以上
耐重量 150kg
レンタル料金 990円/3日
1日あたりの料金 330円

身体を包み込んでくれる吊り下げ式のハンモック。

横幅が最大145cmあるため、大人と子供が同時に使えるゆったりサイズです。

3日からレンタルできるため、キャンプやバーベキューのようなイベントの日にだけハンモックを使いたい方におすすめです。


ハンモック(カリフォルニア) OTH-920E

サイズ 約258cm
素材 ネット:ポリエステル100%
フレーム:スチール
重量 約9kg
耐重量 330kg(静止耐荷重)
レンタル料金 2,200円/3日
1日あたりの料金 約733円

レインボーカラーが特徴的な自立式のハンモックです。

耐荷重330kgあるため耐久性があり、イベントにも安心して設置できます。

屋外では使用できない商品のため、屋内でのイベントや家でハンモックを試してみたいときに向いています。

ハンモックは種類が多いためレンタルでお試しするのがおすすめ

ハンモックには、自立式ハンモックや吊り下げ式ハンモックなどの種類があります。

ハンモックを今まで使ったことがない方や、どの種類のハンモックを購入しようか迷っている方は、購入する前にレンタルでお試しするのがおすすめです。

レンタルならいろいろな種類のハンモックを1泊から試せる

ハンモックの使い心地は、実際に使ってみないとわからないことが多いです。

「設置スペースが狭いからハンモックチェアを置いたけど、もっとゆったりと使いたいから自立式ハンモックにすればよかった」といったことがあるかもしれません。

その点レンタルでは、購入前に気軽にハンモックを実際に使ってみることができます

hinataレンタルでは1泊から借りられるため、購入前のお試しでレンタルするのにもおすすめです。

レンタルならキャンプ用と家用とでシーンによって使い分けられる

屋内用と屋外用の2つのハンモックを購入するのは、費用がかかる上に保管スペースの問題もあり、現実的ではありません。

レンタルであれば屋内のイベントのときには屋内用のハンモックをレンタルし、キャンプのときには屋外用のハンモックをレンタルする、といった使い方ができます。

他にも大人用と子供用を使い分けたり、季節によって使い分けたりといろいろな楽しみ方ができるのがレンタルのメリットです。

ハンモックをレンタルする際の選ぶポイントは種類とサイズ

いざハンモックをレンタルしようと思っても、選ぶ基準がわからず迷っている方もいると思います。

ここでは、よりリラックスできるハンモックを選ぶための3つのポイントを紹介します。

ハンモックの種類を選ぶ

ハンモックには、以下の4つの種類があります。

  • 自立式ハンモック
  • 吊り下げ式ハンモック
  • ハンモックチェア
  • 3wayハンモック

「自立式ハンモック」は、スペースさえあればどこでも使える一方、スタンドが重いと持ち
運びが大変になります。

「吊り下げ式ハンモック」は、設置場所にある木や柱に吊るして使うタイプです。

生地だけを持ち運べるため、持ち運びがかんたんです。

キャンプで使うのにも向いていますが、吊るせる場所がないと使えないデメリットがあります。

「ハンモックチェア」は、名前のとおりイスのように座れるハンモックです。

スペースをあまり取らないため、室内にも気軽に置きやすいタイプになります。

「3wayハンモック」は、自立式ハンモック、椅子、ハンガーラックの3つの機能を備えたタイプのことです。

1台で3役をこなすため、ハンモックを使っていないときにも活躍してくれます。

ハンモックの4つの種類にはそれぞれ違った特徴があるため、使う場所や目的に合わせて選ぶのがポイントです。

ハンモックのサイズを選ぶ

ハンモックにはシングルやダブル、ファミリーの3つのサイズがあり、使用人数に合わせてサイズを選びます。

ただ実際に使ってみると、「1人で使うからシングルのハンモックを買ったけど、思っていた以上に窮屈だった」と感じることがあります。

レンタルなら短期でハンモックを借りられるため、サイズのお試しや設置スペースの確認もできます。

ゆったりとハンモックを使いたいならワンサイズ大きめ設置スペースが狭いならぴったりサイズのハンモックをレンタルするのがおすすめです。

ハンモックの素材を選ぶ

ハンモックに使われている素材には、コットンとパラシュート生地があります。

コットンは最も多くハンモックに使われている素材です。

やわらかくて肌触りがよく、吸湿性・吸水性が高いため、のんびりとリラックスしたいときに最適です。

重くて持ち運びには向いていないため、屋内で使うハンモックによく使われています。

屋外でハンモックを使うなら、軽くてコンパクトに畳めるナイロン素材のパラシュート生地がおすすめです。

吸湿性・吸水性が低い点はデメリットですが、雨風に強いためハイキングやキャンプなどのアウトドア向けの素材です。

ハンモックを短期で使うなら購入するよりレンタルがお得

ハンモックをキャンプのときなど短期でしか使わないのであれば、購入するよりもレンタルがお得です。

LOGOS Tradcanvas ゆらゆらハンモックチェアを「Amazonで購入した場合」と「CLASで1ヶ月レンタルした場合」の費用を比較してみます。

金額(税込) 送料 合計
Amazonで購入 14,800円 無料 14,800円
CLASでレンタル 1,760円 4,400円 6,160円

CLASで1ヶ月レンタルすると、Amazonで購入したときよりも、費用が2分の1以下に抑えられます

さらにレンタルであれば、ハンモックを使わない期間の保管スペースも必要ありません。

キャンプなどによく行く夏の間だけハンモックをレンタルして、使わない時期は返却できるのがレンタルのメリットです。