200坪の土地について知りたい!広さ・値段と活用方法も詳しく解説

不動産売却

「200坪の土地を相続することになったが、何かに使える?」「広い土地の活用法がわからないので、手放すか迷っている」という方も多いのではないでしょうか?

200坪の土地は、一般的な住居であれば希望通りの家が問題なく建てられる広い土地です。売却する場合でもある程度の価格で手放すことができるでしょう。さらに、その土地にマンションを建てるなどすることで活用することも可能です。

本記事では、200坪の土地についての基本的な情報から、値段、活用方法まで詳しく解説します。正しい知識を身に付け、200坪の土地を有効的に活用しましょう。

土地の活用方法に迷っているなら『HOME4U土地活用』に相談するのがおすすめ!
  • 土地活用の専門企業に、土地活用プランを無料で請求できる
  • 最大7社まで同時に依頼でき、費用や収益プランを比較検討できる
  • プラン請求できるのは厳選された実績のある優良企業のみ
  • 依頼した企業以外から連絡が来ることはないので安心
初めての方でも、プロのアドバイスを参考に安心して土地の活用をスタートできます。

\ まずは無料で診断してみる /
公式サイトはこちら

200坪の土地はどのくらいの広さ?

200坪といってもイメージがつかめない方も多いでしょう。まず、200坪の土地が具体的にどの程度の広さかを解説します。

25mプール2つ分の広さ

200坪の土地のイメージを掴むなら、25mプール2つ分の広さを想像しましょう。かなり広い土地であることがおわかりいただけるかと思います。

具体的な数字で捉えると、1坪は約3.30578平方メートルであるため、200坪は約660平方メートルです。660平方メートルもの面積があれば、大抵の建物は希望通りに建てることができます。建ぺい率や容積率といった制限にもよりますが、駐車場付きの店舗を建てることも可能でしょう。

一般的な住宅なら自由な間取りで建てられる

200坪もの広さがあれば、一般的な住宅なら希望通りの家を建てることができるといえるでしょう。庭付き、駐車スペース付きはもちろん、平屋や二世帯住宅など、ある程度の広さが必要な建築プランも問題ありません。

6SLDK以上の建物に3台以上の駐車スペース、広い庭のある家が問題なく建つと想像すれば、広大な土地であることも理解しやすいと思います。

そこまで広い家を建てないなら、1つの土地に複数の家を建築することも可能です。1つは自分の住居として利用し、ほかの家に家族を住まわせたり、人に貸し出したりすることができます。

200坪の土地の値段の調べ方

では、200坪の土地はどの程度の価値を持っているのでしょうか。ここでは、土地の価格の調べ方を中心に解説します。土地価格を調べるなら、次の5つの方法がおすすめです。

  • 固定資産税評価額から算出する
  • 取引事例を参考にする
  • 路線価図を参考にする
  • 地価公示を参考にする
  • 不動産会社に査定を依頼する

それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

固定資産税評価額から算出する

固定資産税評価額は、土地に対してかかる税金の基準となる価格です。固定資産税は土地の価値に応じて課せられるため、固定資産税評価額から土地の価格を把握することもできます。

固定資産税評価額は、毎年送付される固定資産税の納税通知書に明記されています。相続したばかりで所持していない場合や紛失した場合には、役所窓口で固定資産税評価証明書を取得しましょう。

とはいえ、固定資産税評価額と実際に取引される市場価格は同額ではありません。固定資産税評価額は市場価格の70%程度といわれています。次のように求めましょう。

市場価格=固定資産税評価額×0.7

ただし、この価格はあくまで目安です。土地の状態や周辺環境によって上下するため、参考価格として捉えましょう。

取引事例を参考にする

市場価格を算出するなら、過去に取引された事例を参考にすることをおすすめします。国土交通省運営「土地総合情報システムを利用すると、過去の取引事例を簡単に確認でき、おすすめです。

土地総合情報システムを使って取引事例を調べる方法は次の通りです。

  1. 「不動産取引価格情報検索」をクリック
  2. 取引時期を選ぶ(最新のものを選ぶのがおすすめ)
  3. 不動産種類から土地を選ぶ
  4. 地図やフォームで地域を選んで検索する
  5. 取引事例情報が一覧で表示される
  6. 駅までの距離や面積など似た条件の取引事例をチェックする

土地の価格はエリアによって大きく異なります。都心部の土地は高額で取引される反面、地方の土地は低価格で売り出されていることも多いです。取引事例を調べる際は、自分の土地に似たエリアや条件の土地に絞って調べましょう。

路線価図を参考にする

国税庁が発表する相続税路線価も、土地価格を知るうえで重要な価格です。相続税も固定資産税と同様に土地の価値に応じて税金が課せられます。路線価に基づいて決定される相続税の基準価格を相続税評価額といいます。

相続税評価額は、国税庁ホームページの「路線価図・評価倍率表」を見て自分で計算することも可能です。相続税評価額は市場価格の80%程度といわれており、次のように計算できます。

市場価格=相続税路線価×0.8

しかし、路線価はその名の通り道路に対して決められた価格であるため、土地の用途や使い勝手といった内容まで評価することができません。また、複数の道路に接している場合など、計算が複雑になることも多いため、固定資産税評価額で概算するほうが比較的容易です。

路線価についての基礎知識や計算方法について詳しく知りたい人は、こちらの記事をご覧ください。

路線価とは?基礎からわかりやすく解説!土地の価値を自分で調べよう
土地を含め不動産を売却するなら相場を把握しておきましょう。相場に合った適正価格を設定して売り出すことで、より買い手が付きやすくなり、不動産業者の査定額の妥当性も判断できます。今回は路線価という考え方で土地を評価する方法をご紹介します。

相続評価額についての詳細は、こちらの記事で解説されています。

不動産の相続税評価額とは?概要から評価額算出方法までご紹介!
不動産を相続した際に支払い義務が発生する相続税を算出する際に重要なポイントになるのが、相続税評価額です。不動産の相続税評価額とはいったいどのような内容なのでしょうか。今回は、相続税評価額の概要や具体的な算出方法まで徹底的に解説します。

地価公示を参考にする

不動産取引の基準価格とされる地価公示を参考にすることもおすすめです。地価公示も先ほど紹介した国土交通省の「土地総合情報システムで確認できます。地価公示とは、国土交通省が毎年発表する土地価格です。全国各地に設定した標準値の価格を提示することで、土地取引が公正に行われることを目的としています。

土地総合情報システムで地価公示を調べる方法は次の通りです。

  1. 「地価公示都道府県地価調査」をクリック
  2. 地図上から都道府県を選ぶ
  3. 地図上から市区町村を選ぶ
  4. 対象、調査年、土地の用途区分などを選んで検索する
  5. 自分の土地に近い基準地の価格を確認する

地価公示は1平方メートルの価格を示しています。200坪の土地の価格を調べるなら、660平方メートルとして計算しましょう。ただし、地価公示が参考にできるのは、土地の近くに基準地が設けられている場合です。地番や地図を見ることで、参考にしてよい価格かどうか判断できます。

公示地価について解説したこちらの記事もおすすめです。

公示地価とは?土地の評価やスムーズに土地を高く売る方法も解説!
土地を売る前に、「公示地価」について知っておいても損はありません。この記事では、公示地価の基本的な知識だけでなく、公示地価を調べる方法やその他土地の評価、最新のデータを紹介します。スムーズに高く土地を売却する3つの方法も取り上げます。

不動産会社に査定を依頼する

土地の価格はさまざまな要因で常に変化しているため、土地の正確かつ最新の価値を知りたいなら不動産会社に査定を依頼するとよいでしょう。また、不動産会社によって査定額が異なるので、複数の不動産会社に査定を依頼できる一括査定サイトがおすすめです。

一括査定サイトなら、一度の入力で複数社に一括で査定を依頼することができます。複数の会社を訪ねる時間や電話をする手間を省くことができ、査定結果を比較して相場を知りたいときに最適です。

ただし、査定後に不動産会社から営業の電話がかかってくることも多いので注意しましょう。依頼フォームの備考欄に売却の予定がないことや、価格が知りたいだけである旨を記載しておくことをおすすめします。

初めての方におすすめの一括査定サイトは「すまいステップ」

■すまいステップはこんな人におすすめ
  • 初めてで不安だから実績のあるエース級の担当者に出会いたい
  • 厳選された優良不動産会社のみに査定を依頼したい
  • 悪徳業者が徹底的に排除された査定サイトを使いたい

おすすめの一括査定サイト21選を紹介したこちらの記事もぜひご覧ください。

不動産一括査定サイトランキングおすすめ21選!選び方や利用者の声も紹介!
不動産一括査定サイトのおすすめ21サービスをランキング形式で紹介します。不動産売却でどこに査定依頼すればよいかお悩みならばぜひご覧ください。査定サイトの選び方や注意点、利用者の口コミなど取り上げた査定サイト選びのための保存版です!

節税したいなら土地活用がおすすめ

200坪の土地の利用方法に迷っているなら、何らかの形で土地活用することをおすすめします。200坪もの広大な土地は、所有しているだけでも固定資産税をはじめとする維持費が必要です。土地を活用することで、収入が得られるだけでなく節税効果も期待できます。ここでは、なぜ土地活用がおすすめであるのか、その理由を解説します。

更地のままでは固定資産税が高額になる

土地の維持費のなかでも特に大きな出費となるのが固定資産税です。前述の通り、固定資産税は土地の価値に応じて課せられます。具体的には次のように計算されます。

固定資産税(円)=固定資産税評価額×1.4%

たとえば、4,000万円の評価を受けた土地であった場合の固定資産税は56万円です。しかし、この土地に建物が建っていた場合、用地面積に応じて減額措置が適用できます。減税の内容は次の通りです。

用地面積 固定資産税 都市計画税
敷地面積200平方メートル以下 評価額を1/6にして計算 評価額を1/3にして計算
敷地面積200平方メートル超え 評価額を1/3にして計算 評価額を1/3にして計算

200坪の土地の場合、固定資産税評価額に1/3をかけて計算することができます。4,000万円の更地の固定資産税は56万円でしたが、建物を建てることで土地にかかる固定資産税を19万円以下に抑えられます。ただし、建物を建てた場合、土地だけでなく建物にも税金が課せられるため注意しましょう。

広い土地の固定資産税について触れたこちらの記事もおすすめです。

土地が広いと固定資産税が高い?税額の算出方法と節税対策も紹介
土地が広いほど固定資産税は高くなりますが、工夫や対応次第で低くすることも可能です。この記事では、固定資産税の算出方法や節税対策についてまとめました。税金で損をしないためにも、ぜひこの機会に正しい知識を学んでおきましょう。

相続税評価額の節税ができる

200坪土地を相続した際、多額の相続税がかかって苦労したという方も多いのではないでしょうか。土地活用をすることで、いつか自分の子どもにその土地を相続する際の相続税を減らすことも可能です。

具体的には次のような効果が期待できます。

  • 建物を人に貸し出すことで評価額が30%減額
  • 賃貸不動産を所有することで評価額が10~30%減額
  • 小規模宅地等の特例で評価額が80%まで減額
  • ローンを組むことで総遺産額を減らす

以上のように、建物を建てたり人に貸し出したりすることで、更地のままよりも相続税の負担を軽くできます。

次の記事ではマンション経営での節税対策例を取り上げていますので、併せてご参考ください。

マンション経営で節税ができるのは本当?仕組みからリスクまで解説
マンション経営によって節税することは可能ですが、節税を期待できる税金の種類は限られています。この記事では、マンション経営で節税する方法を詳しく解説します。また、注意したい節税や節税を成功させるコツなども取り上げましょう。

高額な収入が見込める

土地活用をすることのメリットとして、高額な収入が得られることも挙げられます。200坪もの広大な土地であれば、ポテンシャルを活かして収益性の高い土地活用法を選ぶこともおすすめです。

初期費用をかけずに広さを活かした活用を行うなら、駐車場経営やトランクルーム経営、太陽光発電などがよいでしょう。200坪の土地ならほかにもさまざまな活用方法が考えられます。活用法の選択肢が多いこともメリットです。

200坪の土地で考えられる土地活用法例については次で詳しくご紹介します。

200坪の土地におすすめの活用例7選

200坪の広い面積があれば、ほかの土地では諦めてしまいがちな大規模な土地活用法を選ぶこともできます。200坪の土地におすすめな土地活用法は次の7つです。

  • 賃貸住宅経営
  • 駐車場経営
  • トランクルーム経営
  • 太陽光発電
  • 小規模商業施設の経営
  • 医療施設の経営
  • 小規模介護施設の経営

賃貸住宅経営

マンションやアパートを貸し出す賃貸住宅経営は、土地活用のなかでも人気が高いです。建物を建てる土地活用法であるため、相続税対策として使われることもあります。

賃貸住宅経営の最大のメリットは、入居者がいれば安定した収入を得ることができる点です。毎月ある程度のまとまった収入が得られるため、本業としている人もいます。ただし、入居者が見つからず、空室が増えると維持費のほうが大きくなり、収入がマイナスになる点はデメリットです。

200坪もある土地なら、間取りによっては10部屋程度貸し出すことができ、空室リスクを減らしながら経営できます。

賃貸物件の種類ごとに不動産投資のメリット・デメリットを紹介したこちらの記事もおすすめです。

おすすめの不動産投資は?物件の種類ごとのメリットデメリットをご紹介!
不動産投資の種類として代表的なのが「アパート投資」「ワンルーム投資」「戸建投資」です。この記事ではそれぞれの特徴とメリット、デメリットを解説します。また、土地だけを活用した不動産投資や不動産投資の知識を身につける方法についても紹介します。

駐車場経営

立地によっては駐車場経営でも十分な利益が得られる場合があります。

駐車場には月極駐車場とコインパーキングの2種類があり、それぞれ特徴が異なります。それぞれのメリット・デメリットは次の通りです。

駐車場の種類 メリット デメリット 向いている土地
月極駐車場
  • 安定した収入が得られる
  • 初期費用が安い
  • 契約者がいなければ収入が得られない
  • 不正利用等の心配
  • 住宅地の近く
  • オフィスビルの近く
コインパーキング
  • 比較的収益性が高い
  • 安全性が高い
  • 初期費用が高い
  • 利用者がいなければ収入が得られない
  • 商業施設の近く
  • 繁華街の近く

駐車場経営は、ほかの土地活用法に比べて初期費用が安く始めやすいといわれています。管理を業者にすべて委託することも可能なので、遠方に土地がある場合にもおすすめです。また、建物を建てないため転用もしやすいため、短期的な土地活用を希望する方にも向いています。

駐車場経営について詳しく知りたい方は、次の記事がおすすめです。

土地活用で駐車場経営をするメリットとは|始める手順も解説
駐車場経営は他の方法と比べて初期費用があまりかからず、低リスクで転用もしやすいことから、土地活用の初心者や暫定的に土地活用したい方に向いています。本記事では駐車場経営のメリット・デメリット、駐車場経営を始める手順等について解説します。

トランクルーム経営

賃貸住宅を建築するほど初期費用をかけたくない方や、日当たりがよくないため住環境に向かない土地、アクセスの悪い土地を所有している方は、トランクルーム経営を検討しましょう。

トランクルームは、自宅に近く車で行きやすいところに位置していれば需要があるといわれています。駅からのアクセスが悪い土地や、郊外の人通りが少ないエリアであっても、トランクルームなら十分な収益が得られる可能性があります。

また、コンテナを設置するだけの屋外型トランクルームであれば、初期費用をおさえた経営も可能です。

トランクルームの経営については、こちらの記事で詳しく取り上げています。

トランクルーム経営はおすすめ?メリデメや、別の土地活用法と徹底比較!
土地活用の方法として、トランクルーム経営という新しい方法が登場しました。トランクルームにはさまざまな需要があるため注目を集めています。本記事では、トランクルーム経営の基本的な情報から、経営失敗を防ぐための方法まで詳しく解説しています。

太陽光発電

広さのある土地なら、太陽光発電用地としても利用できます。太陽光発電パネルを設置し、発電した電力を売ることで収入を得る活用方法です。人口が少ないエリアや、人通りの少ない土地でも、日当たりがよければ活用できます。

電柱を建てるといった工事が必要になる場合もありますが、基本的にはソーラーパネルを設置するだけで活用を始められます。初期費用を抑えることができ、管理も比較的簡単であるため、注目を集める活用法です。

ただし、昨今太陽光発電の売電価格は減少傾向にあるため、固定資産税などの費用に見合う収入が得られるかどうか十分に計算しましょう。

太陽光発電での投資を考えるならば、リスクや設置費用なども知っておきましょう。

太陽光発電での投資は儲かる?期待できる利益やリスクについて解説
環境に優しく、光熱費が節約できるため自宅に太陽光発電を設置している人が増えていますが、投資目的で導入する人も増えてきています。そこで今回は、太陽光投資とはどのようなものなのかや、期待できる利益やリスクなどについて解説します。
太陽光発電の設置費用の相場はいくら?5つの方法で節約できる!
マイホームへの太陽光発電の設置費用について不安はありませんか?太陽光発電は費用が大きいのが難点ですが、補助金などのポイントを押さえれば費用を節約することも可能です。本記事では、そんなマイホームの太陽光発電で節約する5つの方法を紹介します。

小規模商業施設の経営

コンビニなどの小規模商業施設を経営することもおすすめです。人通りの多い集客が見込まれるエリアに限定されますが、立地によっては高い収益も期待できます。

立地条件のよい土地なら、店舗を運営する事業者に土地を貸し出し安定した収入を得る定期借地方式を選択することも可能です。管理を全て任せ、売り上げに左右されない収入を得られます。

ただし、200坪の土地は一般的なサイズのコンビニを数個建築できるポテンシャルを持っています。ほかの土地活用法と組み合わせたり、土地の形によっては中大型の商業施設を経営したりすることもおすすめです。

以下の記事では、コンビニの設置費用について取り上げていますので併せてご参考ください。

コンビニの建設費はどれくらい?その他開業費用や経営のポイント解説
土地活用でコンビニ経営を考えている方は多いのではないでしょうか。本記事では、コンビニの建設費相場や建設費捻出方法、コンビニ経営の注意点について解説しています。また、その他土地活用方法も紹介。記事を参考に理想の経営スタイルを見つけてください。

医療施設の経営

小規模医療施設の経営も200坪の土地に向いている活用法です。収入が得られるだけでなく、周辺住民の生活を向上させることにもつながるため、社会貢献度の高い土地活用法といえます。

開業希望の医師や医療法人に土地を貸し出す方法と、医療施設を建築して貸し出す方法が選べます。建築にはある程度の知識が必要になるため、医療知識がない場合は前者のほうがおすすめです。

200坪の土地があるなら、クリニックだけでなく調剤薬局も併設することができます。付随する施設をつくることで、さらに人々の暮らしを豊かにすることができるでしょう。

社会貢献度の高い活用法なら保育園経営もおすすめです。

土地活用なら保育園で社会貢献!運営方法やメリデメ、開設手順まで攻略
土地活用として保育園は、社会貢献をしながら長期で収入が期待できると注目を集めています。何から始めたらよいかわからないという方のため、本記事では運営方法やメリットデメリットを紹介します。ぜひ参考にして、保育園での土地活用を検討してみましょう。

小規模介護施設の経営

小規模の介護施設なら200坪で経営することが可能です。具体的にはグループホームやデイサービスセンター、リハビリテーション施設などが挙げられます。

経営方式は、建物を建築して貸し出すリースバック方式か、土地を貸し出す定期借地方式の2つから選ぶことができます。長期間の安定した収益が見込まれることがメリットです。

ただし、介護施設として運営するにはいくつかの条件を満たす必要があり、専門的な知識が必要になることも多いです。専門家と相談しながら建築するか、定期借地方式を選ぶほうが無難でしょう。

こちらの記事ではデイサービスの経営について紹介しています。

遊休地で地域社会に貢献!土地活用としてのデイサービス施設を紹介
デイサービスはこれからの高齢化社会においておすすめの土地活用方法です。運営を始める前の不安を解消するため、デイサービスとは何かから、実践するときのデメリットまで解説します。ぜひ参考にして、安定した収入源で余裕のある老後を目指しましょう。

土地活用法を幅広く紹介したこちらの記事も参考にしてください。

土地活用の決定版!10通りの活用法と成功者が持っている知識とは?
所有している土地の特徴を上手に生かして、多くの利益を得たいと考えている人は多いものです。本記事では、費用を抑えた活用法や田舎地域に合った方法まで、10通りの土地活用を紹介しています。また、土地活用に役立つ知識や相談先の情報も解説しています。

200坪の土地を活用する際の注意点

本記事の最後に、200坪の土地で土地活用する際に気をつけておきたいポイント4つを解説します。

  • 用途地域で活用が限定される場合がある
  • 初期費用の上限を決めておく
  • ニーズに合わせた活用方法を選ぶ
  • 自分だけで判断せず専門家に相談

用途地域で活用が限定される場合がある

土地の所在によっては、用途地域の制限で活用が限定される場合があるため注意しましょう。土地は計画的な市街地形成のため、行政によって用途が指定されることがあります。この指定を用途地域といい、次の13種類に分けられます。

用途地域 内容
第一種低層住居専用地域
  • 低層かつ良好な住環境保護を目的
  • 床面積の合計が50平方メートル以下の店舗が出店可能
第二種低層住居専用地域
  • 低層を中心とした良好な住環境保護を目的
  • 床面積150平方メートル以下の店舗が出店可能
第一種中高層住居専用地域
  • 中高層住宅の良好な住環境保護が目的
  • 建物は2階建て以内
  • 店舗敷地は500平方メートル以下
第二種中高層住居専用地域
  • 第一種中高層住宅専用地域よりも制限が緩い
  • 店舗敷地は1,500平方メートル以下
  • 事務所や食品工場なども可能
第一種住居地域
  • 住環境保護が目的
  • 高層階マンションも認められる
  • 床面積が50平方メートル以下の周辺環境に適した建物は建築可
第二種住居地域
  • 店舗、オフィス、遊戯施設と住居との共存や保護を図る目的
  • 建築物の自由度が高い
準住居地域
  • 道路沿いや交通量の多い地域に多い
  • 車庫や倉庫、床面積が10,000平方メートルを超える店舗も認められる
田園住居地域
  • 農地と調和した低層住宅の住環境保護地域
  • 農業関連施設や農産物店舗の建築が可能
  • 用途変更する際は市町村長の許可が必要
近隣商業地域
  • 近隣住民の生活に関わる商業地域
  • 比較的自由度の高い建築が可能
商業地域
  • 商業業務の利便性向上を図る地域
  • サービス業に対する規制が緩やか
準工業地域
  • 近隣住民の生活環境に配慮した工業地域
  • 危険性の高い工場や環境面に不安がある工場の建築は禁止
  • 環境に問題なければ幅広い建物が建築可
工業地域
  • あらゆる工場を建築できる
  • 人々の生活に密接した建物も建築可
工業専用地域
  • 工業の利便性向上を図る地域
  • 住居や病院、店舗は建築できない

このように、用途地域によっては建築できない建物に当てはまる場合もあるので注意しましょう。用途地域は自治体のホームページや窓口で確認できます。

こちらの記事では、用途地域ごとの制限について詳しく取り上げています。

用途地域ごとの制限を一覧で紹介!理想の土地を見つけて家を建てる!
住みやすく健全な街づくりを行うためには、指定された用途地域通りに土地を利用をしなければけません。そのためにも用途地域の中身や用途地域ごとの制限を把握することが大切です。今回は用途地域の内容や種類、それぞれの種類ごとの特徴を一覧で紹介します。

初期費用の上限を決めておく

どの活用法を選ぶかによって初期費用は上下します。必要に応じて事業用のローンを組む必要もあるため、あらかじめ初期費用の上限を決めておきましょう。

初期費用の上限を決めることで、数ある活用法のなかから適した活用方法を選ぶこともできます。

特にアパートやマンション、商業施設、医療施設といった建物を建築する場合はローンを組むことが一般的です。ローンを組まずに自己資金で土地活用をしたいなら、駐車場経営やトランクルーム経営といった初期費用が比較的抑えられる活用法を選択しましょう。

ニーズに合わせた活用方法を選ぶ

土地活用を成功させるために大切なのは、ニーズに適した活用法を選ぶということです。

自分のやりたい土地活用を選ぶだけでは収益化が見込まれない場合もあります。たとえば、保育施設を経営しても、周辺住民が高齢者ばかりの土地では利用者は現れないでしょう。活用方法を選ぶ際には、次のような周辺環境の調査が必要です。

  • エリアの人口
  • 近隣住民の年齢層
  • 周辺の交通量や人通り
  • 周辺の商業施設

赤字経営にならないよう、所有する土地の周辺のニーズに合った活用方法を選択しましょう。

自分だけで判断せず専門家に相談

土地活用するなら、専門家のアドバイスを聞くこともおすすめです。特に200坪もの広大な土地では、建築費や維持コストも大きくなる場合があります。費用や節税効果など総合的に相談できると安心です。

ローンについての相談は金融機関、収支に関するアドバイスはファイナンシャルプランナーや土地活用コンサルタント、税金問題については税理士など、悩みに合わせて複数の専門家を頼ることもおすすめします。

自分だけで考えず、さまざまな人の意見を聞くことで、より幅広い視野で土地活用を考えることができるでしょう。

土地活用に関する相談先を詳しく取り上げたこちらの記事も参考にしてみてください。

土地活用したい方必見!4つの相談先を目的やプランに合わせてご紹介
土地活用について専門家や業者に相談する場合、その方法や相談先について理解を深めておかなければなりません。この記事では、土地活用の目的別の相談先や相談前に知っておきたい土地活用の基礎知識、失敗をしないポイントなどを取り上げます。

活用法選びで頼れる土地活用コンサルタントについて解説した記事はこちらです。

土地活用コンサルタント選び方とメリット4選!依頼できる内容も解説
土地活用を始めたい方は、その道のプロである土地活用コンサルタントに相談してみませんか。この記事では、土地活用コンサルタントが行う業務やコンサルタントの選び方、利用するメリット・デメリット、利用するときの流れなどを取り上げます。

まとめ

200坪の土地は25mプールを2面設けられるほど広大な土地です。その広さの分固定資産税をはじめとする維持コストがかかります。「維持費がかかるくらいなら利用したい」「少しでも維持コストを減らしたい」と考えているなら、土地を活用しましょう。面積が広い分、活用方法の選択肢も幅広いです。

土地活用を成功させるなら、地域のニーズに適していることや、自身の目的に合った活用方法を選びましょう。自分だけで悩まず、専門家のアドバイスを聞くこともおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました