一建設のリースバックプラスの評判を徹底調査!口コミやメリット・デメリットを解説

不動産売却

一建設のリースバックプラスで家を売りたいけれど、はじめて利用するリースバックサービスに対して不安を感じる人も多いのではないでしょうか。

「リースバックを本当に利用して大丈夫?」「一建設のサービスは信頼できるの?」という不安もあるかと思います。

そこで本記事では、一建設のリースバックプラスについて、利用者のリアルな口コミを紹介します。さらにサービスの特徴やメリット・デメリットを詳しく解説し、よくある疑問とその答えも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

※本記事は一建設株式会社のPR記事です。

リースバックとはどんなサービス?

そもそもリースバックとは、どういったサービスなのでしょうか。一建設のリースバックプラスを紹介する前に、リースバックについて理解を深めておきましょう。

リースバックとはリースバック業者に自宅を売却すると同時に「賃貸借契約」を結び、毎月家賃を支払いながら住み続けるようにするサービスです。

売却後は家の所有権を失うことになりますが、将来に資金的余裕ができたら買い戻すという選択もできます。

リースバックと、不動産会社の仲介それぞれの違いを表にまとめました。

  リースバック 不動産仲介
現金化までのスピード すぐに現金化できる 買い手が見つかるまで時間がかかる
売却価格 相場の70%程度になる傾向にある 相場と同じ
売却後の流れ 賃貸借契約が続く間は自宅に住み続けられる 新居への住み替えが必要

リースバックは「すぐに現金化ができる」「売却後も自宅に住み続けられる」というメリットが存在しますが、「売価が不動産仲介と比べて安くなる傾向にある」「賃貸契約が終了したら立ち退く必要がある(定期契約の場合)」などの注意点もあります。

リースバックで後悔しないためには、サービス利用前にプランの詳細をよく確認することが大切です。

賃貸借契約の家賃はどの程度なのか、契約はいつまで継続するのかなどしっかりと確認してから決断することで、トラブルなく安心して利用することができます。

\一建設のリースバックはこちら/
リースバックプラスの公式サイトへ

一建設「リースバックプラス」のリアルな口コミを紹介

それでは早速、一建設「リースバックプラス」のリアルな口コミをご紹介します。リースバック公式HPに掲載されている口コミをもとに、気になる以下の3つの項目別にご紹介します。

  • 担当者の対応
  • サービスの柔軟性・スピード
  • サービス内容

担当者の対応に関する口コミ

支払いシミュレーションや、5年間での支払い総額も書面とともに丁寧に説明され、安心しました。とりあえずこれから1年間は少し肩の力を抜いて生活が楽しめそうです。(60代・女性/戸建て)

今後の生活設計を改めて考えた上で“標準プラン”と“定期プラン5年”の2つのプランを丁寧に説明していただきました。(80代・男性/戸建て)

引用:事例紹介|リ-スバックプラス 一建設

サービスの柔軟性・スピードに関する口コミ

話をする中で家の登記簿上の広さと実際の広さが違うことが分かりましたが、早く現金が必要だったため、まずは登記簿上の広さで契約し、測量をきちんとして決済時に実際の広さ分の差額を清算してもらいました。このような提案は他社ではなかったです。(70代・男性/戸建て)

引用:事例紹介|リ-スバックプラス 一建設

サービス内容に関する口コミ

一建設さんは大手の上場企業だし、賃貸は普通賃貸借契約だから安心できました。プランの詳細を丁寧に説明してくれて、設備故障時に駆けつけてくれるサービスや色々な優待サービスなど、所有している時にはないメリットがあることも分かりました。(60代・女性/区分マンション)

決めた理由は、敷金などの諸費用不要、定期プランは1年目の賃料0円など費用面のメリットがあり、そのうえセコムのホームセキュリティや水周りのトラブルなど日常生活の困り事に24時間365日駆けつけてくれるといったサポートサービスが充実していたためです。(60代・女性/区分マンション)

引用:事例紹介|リ-スバックプラス 一建設

一建設「リースバックプラス」の口コミから分かること

口コミから、担当者の丁寧な対応や今後の生活設計を考えた上での提案に関する評価する声が見られました。また、一建設のリースバックプラスには、「サポートが充実している」「敷金などの諸費用不要など金銭的なメリットが多い」といった声も見られます。

大手上場の企業であることからも、安心してサービスを利用したい人や今後の生活設計を考えた上でリースバックを行いたい人におすすめのサービスと言えるでしょう。

\気になった人はこちら/
リースバックプラスの公式サイトへ

「リースバックプラス」を運営する一建設とはどんな会社?

リースバックプラスを運営している一建設について紹介します。

社名 一建設株式会社
設立 1967年2月13日
資本金 3,298,500,000円
代表取締役 堀口 忠美
所在地 東京都豊島区南池袋2-25-5 藤久ビル東5号館
加盟団体
  • (公社)東京都宅地建物取引業協会
  • (公社)全国宅地建物取引業保証協会
  • (一社)全国住宅産業協会
  • (公社)首都圏不動産公正取引協議会
営業エリア 全国

リースバックプラスを運営している一建設株式会社は、1967年設立の老舗建設会社です。東証一部上場の飯田グループホールディングスの中核企業として全国に約400店舗と拠点を拡げ、戸建てを中心とした住宅の販売実績を積み重ねています。

2020年4月より、住宅に関するさまざまな顧客ニーズに応えるため、リースバックプラスの提供を始めています。

(公社)東京都宅地建物取引業協会、(公社)全国宅地建物取引業保証協会、(一社)全国住宅産業協会、(公社)首都圏不動産公正取引協議会と、複数の団体に所属しており、安心して利用できるサービスと言えるでしょう。

\気になった人はこちら/
リースバックプラスの公式サイトへ

一建設「リースバックプラス」とは?4つの特徴

一建設のリースバックプラスには次の4つの特徴があります。

  • ライフプランに合わせて2タイプから選べる
  • 契約後の賃料が最大1年間無料
  • 退去後に一建設が物件を売却して得た利益の一部をキャッシュバック
  • 自宅の再購入価格が安くなる

それぞれ詳しく説明します。

①ライフプランに合わせて2タイプから選べる

一建設のリースバックプラスは、賃貸契約の更新が可能な標準プランと、あらかじめ賃貸の契約期間を決める定期プランがあります

一般的なリースバックサービスは半年から2年の定期契約が多く、基本的に契約更新されません。長く住み続ける場合には、再契約を結ぶ必要があります。

しかし一建設のリースバックプラスは、買い戻しの予定に合わせてプランが選べます

  • 標準プラン
    期間の制限なくずっと住み続けたい人や、買い戻したいけれど時期が未定の人
  • 定期プラン
    再購入や引っ越しの予定が決まっていて一時的な資金確保のために利用する人

このように、それぞれの家庭のニーズに合わせて選択可能です。

②契約後の賃料が最大1年間無料

一建設のリースバックプラスの定期プランでは、契約後の賃料が最大1年間かかりません。

一般的なリースバックサービスでは、年間で売却価格の7%から13%の家賃が必要です。仮に10%として1ヶ月の家賃を計算すると、売却価格が1,000万円の場合は約8万3,000円、2,000万円では約16万6,500円かかります。売却価格が高いほど家賃も高くなるため、売却金から捻出しなければならない場合も少なくありません。

しかし、一建設のリースバックプラスの定期プランでは賃料が最大1年間無料になるため、売却金を事業や生活資金など自由に活用できます。短期で買い戻しの予定がある人にとって、注目すべき特徴です。

③退去後に一建設が物件を売却して得た利益の一部をキャッシュバック

リースバックプラスの「定期プラン」の利用者は、契約期間が終了したら物件から退去することになります。その後、一建設が独自に買い手を探し、物件を売却します。

この際、一建設が物件を売却して得た利益の一部は、定期プランの利用者にキャッシュバックされます。

キャッシュバックの金額=退去した物件の売却額 -(定期プラン契約時に決めた設定価格+諸経費)

これはリースバックプラスの独自サービスで、他社にはない特徴の1つです。

④自宅の再購入価格が安くなる

リースバックプラスの標準プランでは、賃貸契約期間中に自宅の再購入価格が下がっていきます

一般的なリースバックサービスの再購入価格は、売却金額に事務手数料やリースバック会社の利益分が加算され、売却額の110%から130%が相場です。

一方リースバックプラスは、賃貸契約中にも建物価値は減少していると見なすので、再購入価格が賃貸契約期間の長さに比例して下がっていきます(下限は一建設への売却価格)。

そのため「いつになるかはわからないが、物件を将来買い戻したい人」にも向いています。

\気になった人はこちら/
リースバックプラスの公式サイトへ

一建設の「リースバックプラス」ならではの5つのメリット

一建設のリースバックプラスには、次の5つのメリットがあります。

  • 大手の上場企業のため安心
  • 3年目以降に新居への住み替えが可能
  • 敷金預入家賃減額制度
  • 敷金・礼金・仲介手数料・更新料不要
  • 住み替え時の引越し費用を一建設が負担

徹底的に顧客目線にこだわったサービスなので、詳しくみていきましょう。

①大手の上場企業のため安心

リースバックプラスを提供している一建設は、2013年東証一部上場の飯田グループホールディングスの中核企業で、社会的信頼度が高く健全な財務体質を維持し続けています。

全国に約400店舗の拠点を置き、地域に密着してさまざまなニーズに応えるこだわりの家を提供し続け、全国シェアは約3割(2019年3月期)を記録しています。さらに一建設は年間46,000戸以上の住宅を販売し、毎年確実に業績を伸ばし続けているので、安心してサービスを利用できる会社です。

②3年目以降に一建設の新築戸建てへ住み替えが可能

リースバックプラスの標準プランでは、3年目以降になると一建設の新築戸建てに住み替えできます。もちろん家賃の支払いは継続ですが、引越し費用は一定額まで一建設が負担します。

自宅同様に新居も価格が下がるリースバック対象になり、賃貸契約期間が長いほど安い価格で購入可能です。

③敷金預入家賃減額制度

一建設のリースバックプラスには、売却金の一部を預けると賃料が最大50%減額される敷金預入家賃減額制度があります。売却金を老後資金や事業の資金に充て、残った分を敷金として預けることで賃料が安くなります。その際に預入した敷金は、都合に合わせていつでも引き出しできるので安心です。

定期プランの契約で売却後の賃料が最大1年間無料、さらに敷金預入家賃減額制度の利用で2年目以降の賃料を減額すれば、賃貸期間のコストは最小限に抑えられます。

④敷金・礼金・仲介手数料・更新料不要

一建設のリースバックプラスでは敷金・礼金・仲介手数料・更新料は必要ありません。

一般的なリースバックサービスでは、次のような費用が発生します。

  • 敷金・礼金 家賃の1ヶ月から2ヶ月分
  • 仲介手数料 売却価格の3%+6万円
  • 更新手数料 家賃の1ヶ月分程度

一建設のリースバックプラスでは、賃貸契約や仲介契約に必要な諸費用が不要なので、負担を最小限にしてリースバックサービスを利用できます

\気になった人はこちら/
リースバックプラスの公式サイトへ

一建設の「リースバックプラス」を利用する際のデメリット・注意点

多くのメリットがある一建設のリースバックプラスですが、新居への住み替えには制限があることと、定期プランは延長できない点には注意が必要です。

それぞれ詳しく説明します。

①新居への住み替えには制限も存在する

標準プランのサービスの1つ、3年目以降の新居への住み替えは、飯田グループホールディングスで販売している戸建て住宅が対象です。新居の場所や種類はタイミングによって異なり、契約者は限られた物件の中から選択しなければなりません。

新築への住み替えに当たって、自宅から離れた別の場所へ引越しする可能性もあるため、注意しましょう。

②定期プランでは、契約の延長が不可

リースバックプラスの定期プランは、契約期間が1年から5年と決められ、更新はできません賃貸契約が終了したら退去、もしくは再購入する必要があります。

標準プランの場合は契約を更新していつまでも住み続けられますが、定期プランの場合は賃貸契約を更新することができません。そのため、リースバックプラスを契約する際には、プランの選択を慎重に行いましょう

\気になった人はこちら/
リースバックプラスの公式サイトへ

一建設「リースバックプラス」で査定依頼をする流れ

fudousan8543

一建設のリースバックプラスを利用するまでの流れは、次の通りです。

  1. お問い合わせ
  2. 物件の書類査定
  3. 面談・現地確認
  4. 契約

①お問い合わせ

電話や公式サイトの専用フォームから問い合わせ・相談します。

専用フォームへは名前・年齢・電話番号・メールアドレス・物件所在地などを入力します。備考欄には今後の連絡手段についての要望や、相談内容なども入力しましょう。後に担当者から内容確認の電話がかかってくるので、自宅の状況や今後の予定などを伝えるとよいでしょう。

②物件の書類査定

ヒアリングした情報をもとに書類査定が行われます。審査期間は1日から3日程度で、後に結果が記載された書面が郵送で届きます。

③面談・現地確認

自宅に一建設の担当者が訪問して現地確認を行い、最適なリースバックプランの提案が行われます。詳しい説明を聞き、じっくり内容を吟味しましょう。

現地確認で行うのは建設図面や登記図面との照合や境界線の確認などです。事前に担当者から権利証や自宅間取り図など、必要書類の連絡がくるため準備しておきましょう。

④契約

条件が整ったら、自宅の売買契約と賃貸契約を結びます。契約した後は決済となり、売却金を受け取ります。一建設のリースバックプラスでは、最短で即日決済も可能です。

\気になった人はこちら/
リースバックプラスの公式サイトへ

一建設「リースバックプラス」に関するFAQ

ここでは一建設のリースバックプラスについて、よくある疑問に答えていきます。

取り扱えない物件はある?

基本的に取扱い不可の物件はありません。事業用建物や倉庫なども対応可能です。

ローンが残っていても大丈夫?

ローンが残っていても対応可能です。ただし、ローンの残債状況によっては難しい場合もあるため、担当者に詳しく相談しましょう。

査定に費用はかかる?

一建設のリースバックプラスの査定は無料です。書類査定した後の現地確認でも費用は発生しません。

近所に知られずに進められる?

周辺の聞き取り調査などは一切行わないので、近隣住民にリースバックサービスの利用を知られる心配はありません。

\気になった人はこちら/
リースバックプラスの公式サイトへ

まとめ

リースバックプラスは、東証一部上場の飯田グループホールディングスの中核企業である一建設が提供しています。大手の上場企業が提供しているため安心して利用でき、3年目以降に新居へ住み替えや敷金預入家賃減額制度など、顧客目線のサービスが充実しています。

さらに敷金・礼金・仲介手数料・更新料が不要で、住み替え時の引越し費用を一建設が負担するなど、リースバックプラスにはたくさんのメリットがあります。

一方、新居への住み替えは制限つきであることや、定期プランでの延長はできないことには注意が必要です。申し込みの際には慎重に内容を吟味し、担当者に相談して最適なプランを選択しましょう。

\気になった人はこちら/
リースバックプラスの公式サイトへ

タイトルとURLをコピーしました