「オシロスコープ」最新記事一覧

オシロスコープの製品情報やハウツー記事など、組み込み開発に必須のスキルを掲載

関連キーワード

ヘッドライン

テクトロ、組み込み/自動車/航空機器設計向け解析ソリューションを発表

テクトロニクス社は11月14日(米国時間)、同社のミッドレンジ・オシロスコープ「5シリーズ MSO(ミクスド・シグナル・オシロスコープ)」に向けたパワー解析ソリューション、車載Ethernetテスト・ソリューション、シリアル・トリガ/デコード・ソリューションを含む複数のオプションを発表した。

[17:29 11/16]

テクトロ、オシロスコープ「5シリーズ MSO」にモニタレスモデルを追加

テクトロニクス社は11月14日(米国時間)、同社の最新世代ミッドレンジ・オシロスコープ「5シリーズ MSO(ミクスド・シグナル・オシロスコープ)」のモニタレスモデルとなる「5シリーズ MSO ロープロファイルを発表した。

[16:55 11/16]

アンリツとレクロイが協業 - PCI Express 4.0試験自動化システムの構築へ

アンリツとテレダイン・レクロイ・ジャパンは、PCI Express 4.0(PCIe Gen4)の試験自動化ソリューションを提供するために協業すると発表した。両社は同協業により、高速IC、デバイス、ネットワークの開発効率化に貢献するとしている。また、この試験システムは次世代PCIe Gen5への拡張性も備え、開発設備投資コストの低減にも寄与するという。

[19:25 9/22]

キーサイトの基本はカスタマの技術革新を助けること - CEOが語った成長戦略

キーサイト・テクノロジーは7月12日、同社のプライベートカンファレンス「Keysight World2017」を都内で開催。併せて本社Keysight TechnologiesのPresident and CEOを務めるRon Nersesian氏が、同社の現状ならびに今後に向けた成長戦略をメディア向けに説明を行った。

[08:00 7/13]

テクトロ、従来の基準を一新するミッドレンジ・オシロ「5シリーズ」を発表

テクトロニクス社は6月6日、同社史上、最大の投資を行い、"従来の基準を一新する技術革新"を実現したとするミッドレンジ・オシロスコープ「5シリーズ MSO(ミクスド・シグナル・オシロスコープ)」を発表した。

[12:59 6/6]

キーサイト、6万円台から購入できる6-in-1オシロスコープシリーズを発表

キーサイト・テクノロジーは3月2日、「オシロスコープ」のほか、「シリアル・プロトコル・アナライザ」、「デジタル電圧計」、「周波数カウンター」、「周波数応答解析(ボード線区)」、「ファンクションジェネレータ」といった最大6つの機能を1台に統合しながら、価格も6万円台からの購入を可能とした6-in-1オシロスコープ「InfiniVision 1000Xシリーズ」を発表した。

[17:52 3/2]

キーサイト、オシロスコープ機能などを提供するPXIeモジュール10機種を発表

キーサイト・テクノロジーは2月23日、PXIeモジュール型計測器としてオシロスコープの機能を実現するものや、FPGAを内蔵したデジタイザ/任意波形発生器など10モデルを追加したと発表した。

[11:00 2/23]

テクトロ、最高32Gbpsに対応したプロトコルアウェアBERTを発表

テクトロニクス社は2月1日、最高32Gbpsのプロトコルアウェア・ビットエラーレートテスタ「BSXシリーズBERTScope」を発表した。

[08:00 2/2]

レクロイ、電源レールプローブ「RP4030」とSPMIデコードオプションを発表

テレダイン・レクロイ・ジャパンは11月10日、電源レール・プローブ「RP4030」とMIPIシステム・パワー・マネージメント・インタフェースに対応したSPMIデコード・オプションを発表した。

[08:00 11/11]

組み込みエンジニア必須のスキル - オシロの基本を身に着ける 2016 第7回 オシロスコープの応用例 - グリッチやノイズを測る

本連載は「組み込みエンジニア必須のスキル - オシロの基本を身に着ける」(2007年掲載)を改訂したものです。

[08:00 6/23]

テクトロ、アナログ/任意/デジタルを統合した3in1波形ジェネレータを発表

テクトロニクス社は5月25日、アナログ、任意波形、デジタルパターンのジェネレータを統合した3in1の波形ジェネレータ「AWG4000シリーズ」を発表した。

[18:02 5/25]

テクトロニクス、インターコネクトの特性評価を簡単にする新ソリューション

テクトロニクスは2月17日、テクトロニクスのDPO/MSO70000シリーズ・リアルタイム・オシロスコープ向けに、SignalCorrectソフトウェアとTCS70902型キャリブレーション・ソースを組合せた新ソリューションを発表した。

[18:19 2/17]

日本NI、オールインワン計測器「VirtualBench」の新バージョンを発表

日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は1月28日、ソフトウェアベースのオールインワン計測器「VirtualBench」の新バージョンを発表した。

[16:57 1/28]

オシロ+プローブ+ソフトのトータルソリューションを推進 - MDOシリーズでオシロのGame Changerとなったテクトロニクス

テクトロニクス社は12月9日、スペクトラムアナライザ機能を含む、最大6つの計測器機能を1台に統合できるミックスド・ドメイン・オシロスコープ(MDO)の最新シリーズとなる「MDO4000Cシリーズ」を発表したが、今後のMDOシリーズはどのような方向性に向かって進んで行くのか、米TektronixにてMainstrearm OscilloscopesのGeneral Managerを務めるChris Witt氏に話を聞いた。

[11:00 12/22]

テクトロ、高性能オシロスコープベースの6-in-1計測器「MDO4000Cシリーズ」

テクトロニクスは12月9日、スペクトラムアナライザ機能を含む、最大6つの計測器機能を1台に統合できる「MDO4000Cシリーズ・ミックスド・ドメイン・オシロスコープ」を発表した。

[12:33 12/9]

レクロイ、最大8.4kVの対地間最大定格電圧対応の高電圧差動プローブを発表

テレダイン・レクロイ・ジャパンは7月14日、同社の高電圧差動プローブ「HVD3000シリーズ」に対地間最大定格電圧が2kVの「HVD3206」と8.4kVの「HVD3605」の2機種を追加したと発表した。

[18:24 7/14]

レクロイ、オシロスコープで他社製プローブなどを利用できるアダプタを発表

テレダイン・レクロイ・ジャパンは7月14日、サードパーティ製のプローブや電流測定デバイスを同社のデジタル・オシロスコープで利用可能にするアダプタ「TPA10 TekProbeアダプタ」および「CA10電流センサ・アダプタ」を発表した。

[18:23 7/14]

テクトロ、MIPI C-PHY TXの特性評価向けテストソリューションを発表

テクトロニクス社は6月25日、MIPI C-PHY物理レイヤのトランスミッタの特性評価/デバッグに向けたオシロスコープベースのテストソリューションを発表した。

[11:40 6/25]

レクロイ、微小電流測定向けに2種類の高感度電流プローブを発表

テレダイン・レクロイ・ジャパンは4月7日、微小電流の測定用として2種類の高感度電流プローブ「CP030A」および「CP031A」を発表した。

[08:30 4/8]

レクロイ、リアルタイム・オシロ用PAM4信号解析ソフトウェアを発表

テレダイン・レクロイ・ジャパンは、リアルタイム・オシロスコープ用のPAM4信号を解析するソフトウェアを発表した。

[14:17 3/30]

レクロイ、次世代高速電気/光通信向けに最上位オシロスコープを刷新

テレダイン・レクロイ・ジャパンは、次世代高速電気/光通信に向けて最上位オシロスコープのLabMasterシリーズとWaveMasterシリーズを刷新した。

[14:13 3/30]

テクトロニクス、帯域幅が70GHzのハイエンド・デジタルオシロを開発

テクトロニクス社は3月26日に東京・品川の本社オフィスで報道機関向けの説明会を開催し、アナログ帯域幅が最大70GHzのハイエンド・デジタルオシロスコープ「DPO70000SXシリーズ」を開発したと発表した。

[13:33 3/30]

キーサイト、USB3.1やDDR4などの信号解析に向けたデジタルオシロを発売

キーサイト・テクノロジー(キーサイト)は3月9日、USB3.1インタフェースやDDR4インタフェース、PCI-Express Gen4、MIPI Gear4などの信号解析に向けたデジタル・オシロスコープ「Infiniium Vシリーズ」の販売を開始したと発表した。

[14:57 3/11]

キーサイト、高精度パワー測定と高分解能オシロを統合した計測器を発売

キーサイト・テクノロジーは1月30日、高精度なパワー測定と高分解能のデジタルオシロスコープ(デジタルオシロ)を統合した計測器「Keysight IntegraVision パワー・アナライザ PA2201A」を発売した。

[11:04 1/30]

DMMと超高分解能オシロを融合させた多機能計測器をケースレーが開発

ケースレーインスツルメンツは1月22日、デジタル・マルチメーター(DMM)と超高分解能デジタル・オシロスコープ(超高分解能デジタルオシロ)の両方の機能を備えた計測器「DMM7510型 7.5桁グラフィカル・サンプリング・マルチメータ」を販売すると発表した。7.5桁のDMMと1Mサンプリング/秒の18ビット・デジタルオシロを内蔵しており、DMMによる静的な信号測定と、デジタルオシロによる動的な波形観測を同時に実行できる。価格(税別)は47万8000円である。

[12:11 1/22]

キーサイト、トリガーの設定操作を簡単にした普及帯デジタルオシロを発売

キーサイト・テクノロジーは1月9日、普及価格帯のデジタル・オシロスコープ(デジタルオシロ)「InfiniiVision 3000T X-シリーズ」の販売を始めたと発表した。これまで販売してきた普及価格帯のデジタルオシロ「InfiniiVision 3000Xシリーズ」の機能強化版に相当する。機能が強化されたにもかかわらず、同程度の価格を実現した。

[10:00 1/13]

ローデ、オシロスコープ「R&S RTO/RTE」の高分解能モードオプションを発表

ローデ・シュワルツ・ジャパンは11月12日、オシロスコープ「R&S RTO/RTE」の新オプションとして、最大16ビットの高分解能(HD)モード「R&S RTO-K17/RTE-K17」を発表した。

[16:18 11/13]

レクロイ、100GHz帯域と240GSpsに対応したリアルタイムオシロスコープを発表

テレダイン・レクロイ・ジャパンは10月7日、100GHz帯域および240GSpsに対応したリアルタイムオシロスコープ「LabMaster 10-100Zi」を発表した。

[09:00 11/11]

キーサイト、オシロスコープパワーインテグリティ測定用プローブを発表

キーサイト・テクノロジーは10月23日、DCパワーレール(DC電源レール)のパワーインテグリティ測定に使用する広帯域幅、小ノイズ性能を有するオシロスコープ用シングルエンドプローブ「Keysight N7020A」を発表した。

[13:59 10/24]

テレダイン・レクロイ、WaveSurfer3000シリーズに750MHzモデルを追加

テレダイン・レクロイ・ジャパンは、同社のオシロスコープ「WaveSurfer 3000シリーズ」に750MHzモデルを追加すると発表した。

[09:00 10/2]

オシロスコープ バックナンバー

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年

このキーワードについて (テクノロジー>計測機器>オシロスコープ)

オシロスコープ トップへ
オシロスコープの製品情報やハウツー記事など、組み込み開発に必須のスキルを掲載

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事