「AI」最新記事一覧

AI(人工知能)が生活・ビジネスにもたらす変化と可能性をリポート

関連キーワード

ヘッドライン

スカイディスク、AIを使って音から機器の異常を検知する「スマート聴診棒」

スカイディスクは9月21日、AIを活用し、スマートフォンのマイク機能を使って収録した「音」から機械の良否判定ができるアプリサービス「スマート聴診棒」を開発し、β版体験企業の募集を開始したと発表した。

[10:19 9/21]

ドコモ、AIによる数時間先の人口分布を予測する実証実験

NTTドコモ(ドコモ)は9月20日、ドコモの携帯電話ネットワークの仕組みを利用して作成される人口統計と、NTTグループのAI「corevo」を構成する「時空間変数オンライン予測技術」を組み合わせることにより、日本全国の現在、および数時間先のあるエリアにおける人数を予測する「近未来人数予測」の実用化に向けた実証実験を開始すると発表した。

[16:31 9/20]

NTTレゾナント、AIが旅行プランを提案してくれるサービスを開始

NTTレゾナントは9月20日、旅行比較サイト「goo旅行」において、AIが対話を通じてユーザーの気分を察し旅選びをサポートするサービスを開始した。あてはまる回答の選択肢を選ぶか自由記述による回答をすることで、AIがユーザーの気分に合ったさまざまなプランを提案してくれる。

[16:26 9/20]

アキバのホビーショップが接客係に採用したAI搭載の2次元少女

買い物中に「トイレの場所を知りたいけど店員に聞く勇気がない……」という困難に直面した経験はないだろうか。店員に聞かずとも、知りたい場所へ案内してくれるシステムがあれば……、きっとそんな悩みを感じることはないはずだ。そしてそのシステムが2次元の美少女だった暁には、喜んでトイレの場所を聞いてしまうだろう。店舗側からしても、話題になること間違いなしだ。「そんなうまい話があるわけない」と、考えているあなた。あきらめるのはまだ早い。そのすべてを実現する場所が東京・秋葉原にあるのだ。

[15:00 9/20]

富士通研究所、マルウェアの侵入検知を高精度化するAI技術を開発

富士通研究所は9月19日、グラフ構造のデータを学習できる同社のAI(人工知能)技術である「Deep Tensor(ディープ テンソル)」を拡張し、企業などの組織内ネットワークへのマルウェア侵入の検知を高精度化するAI技術を開発したと発表した。

[11:00 9/20]

トランスコスモス、広告のコピーを生み出すAIシステム「言葉 匠」を開発

トランスコスモスとAI研究所「Communication Science Lab」は9月19日、ニュースアプリやSNS上のタイムラインの間に表示されるインフィード広告を中心としたテキスト広告のコピー生成支援システム「AIコピーライター 言葉 匠(ことば たくみ)」(β 版)を独自開発したと発表した。2018年春ごろのサービス化を予定している。

[14:58 9/19]

材料開発をAIが行う? - BIOVIAがもたらす、次世代のものづくり

新材料の発見がもたらす社会への影響は大きい。例えば、炭素繊維強化プラスチックにより航空機は大幅な軽量化を果たし、製造コストおよび燃料コストの削減を実現した。産業の基盤となる、材料を開発する意義は大きく、その研究は日々進められている。その材料開発が今、パラダイムシフトを迎えている。最先端の研究ではなにが起きているのか。

[17:24 9/15]

Hot Chips 29 - NVIDIAの最強GPU「Volta」

Hot Chips 29では、AMDのVegaに続いて、NVIDIAのVoltaが発表された。Voltaは、4月のNVIDIA主催のGTC(GPU Technology Conference)で、Jensen Huang CEOが基調講演の中で発表したが、主要な学会での詳しい発表は今回が初めてである。

[10:00 9/15]

好みのワインやレシピを教えてくれるAIチャット「みのりさん」がデビュー

メルシャンは9月14日、AI・人工知能を活用した対話型サービス「オフィシャルアシスタント おしえて!みのりさん」を、同社の運営するワインコミュニケーションサイト「ワインすき!」上で開始したと発表した。

[13:12 9/14]

DNP、映像やセンサー情報も活用するAIによる顧客対応ソリューション

大日本印刷(DNP)は9月12日、コンタクトセンターでの顧客対応にAI(人工知能)を活用する業務支援ソリューションの開発に着手したことを発表した。知能コミュニケーションプラットフォームの中核技術である「状況認識技術」を活用して、コンタクトセンター運営の効率化と顧客満足度向上を図る。

[09:04 9/13]

米IBMとMITがAIの共同研究に向けてラボを新設

米IBMとマサチューセッツ工科大(MIT)は9月7日(現地時間)、両者が連携し、MIT-IBM Watson AIラボを設立するために、10年間にわたり2億4000万ドルの投資を計画していることを発表した。同研究所では、人工知能(AI)に関する基礎研究を行い、AIの潜在能力を引き出す科学的ブレークスルーの促進を目指す。

[15:53 9/12]

Hot Chips 29 - GoogleのAIを率いるJeff Dean氏が見据える未来とは

今年のHot Chipsの2日目の基調講演は、GoogleのAI開発を率いるJeff Dean氏が登壇した。Dean氏は「Recent Advances in Artificial Intelligence and the Implications for Computer System Design」と題して、最近のAIの発展とそれがコンピュータシステムの設計に与える影響について、自身の見解を話した。

[10:00 9/11]

国土交通省、鎌倉と京都でAIを活用した観光渋滞対策の実験

国土交通省は9月7日、「観光先進国」の実現に向け魅力ある観光地を創造するため、ICTやAIなどを活用し、エリアプライシングを含む交通需要制御などのエリア観光渋滞対策の実験・実装を図る「観光交通イノベーション地域」を選定したと発表した。

[13:00 9/8]

ファーウェイ、革新的な企業向けインテリジェンスソリューションを発表

ファーウェイは9月5日、同社の年次イベント「HUAWEI CONNECT 2017」において、企業向けインテリジェンス(Enterprise Intelligence:EI)ソリューションを発表した。同ソリューションには、3種類のインテリジェントなクラウドサービスとヘテロジニアスなコンピューティング基盤が含まれている。

[17:00 9/7]

ナビプラス、「NaviPlusレコメンド」にAIによる自動最適化機能を追加

ナビプラスは9月7日、同社が開発・提供するパーソナライズドレコメンドサービスである「NaviPlusレコメンド」にAI(人工知能)による自動最適化機能を追加し、提供開始した。併せて、ルミネが同社の公式ネット通販サイトである「i LUMINE(アイルミネ)」のレコメンドロジックの改善に同機能を採用したと発表した。

[13:30 9/7]

日立と京大、AIの活用で持続可能な日本の未来に向けた政策を提言

日立製作所は9月5日、京都大学こころの未来研究センター広井教授らが、同大学の人文・社会科学系研究部門の社会構想と政策課題に関する知見を同社の人工知能(AI)技術と融合させ、持続可能な日本の未来にはどのような政策が必要かを提言すると発表した。

[10:38 9/7]

電子書籍でAIと機械学習を活用したレコメンドサービスを提供開始

NTTソルマーレとNTTスマートコネクトは9月6日、NTTソルマーレが提供する電子書籍配信サイト「コミックシーモア」で約80万件のユーザーレビューをNTTスマートコネクトが提供するAI、機械学習を活用することで、感想や評価が類似する作品を抽出し、AIによるレコメンドサービスとして提供を開始すると発表した。

[08:56 9/7]

IoTのカギはエッジにあり - ET/IoT Technology 2017の開催概要が公開

組込みシステム技術協会(JASA)は9月6日、11月15日~17日にかけてパシフィコ横浜にて開催される組込み総合技術展「Embedded Technology 2017」およびIoT総合技術展「IoT Technology 2017」(ET/IoT Technology 2017)の開催概要を公開した。

[07:00 9/7]

MRIとNextremer、人工知能対話システムにおける研究で業務提携

三菱総合研究所(MRI)とNextremerは9月6日、人工知能(AI)対話システムに深層学習を用いる共同研究と、AI対話システムを活用した連携事業の展開を目的として、2017年9月4日に業務・資本提携を締結したことを発表した。

[17:00 9/6]

ブロードバンドタワー、IoTやAIによるチケット流通支援へ向け始動

ブロードバンドタワーは9月5日、IoT、AI、ビッグデータ解析などのテクノロジーとノウハウを活用して、スポーツ興行、ライブエンタテインメント、アミューズメント施設などエンタテインメント業界におけるチケット流通を支援するサービスプラットフォームの提供を目指すと発表した。2018年春から提供を開始する予定。

[09:00 9/6]

DeNAトラベル、カスタマーセンター業務で「AIコンシェルジュ」の導入検証

DeNAトラベルは9月5日、カスタマーセンター業務において、U-NEXTの子会社であるU-NEXTマーケティングの提供するAI(人工知能)を活用した自動応答サービス「AIコンシェルジュ」の導入検証を9月19日より開始すると発表した。

[14:36 9/5]

DeNA、横浜市でAI活用のタクシー配車アプリ「タクベル」の実用実験

ディー・エヌ・エー(DeNA)は9月4日、AIを活用したタクシー配車アプリ「タクベル」の実用実験を横浜市と神奈川県タクシー協会の協力の下、横浜市の限定エリアを対象に実施すると発表した。

[17:00 9/4]

AI×タクシーで何が変わる? DeNAが配車アプリで実用実験

DeNAはAIを活用したタクシー配車アプリ「タクベル」を開発した。神奈川県タクシー協会と共同で実用実験を行い、2018年1月以降の実用化を目指す。AIの活用でタクシーの使い勝手はどのように変化するのだろうか。

[16:48 9/4]

ネオス、画像認識とチャットを組み合わせたAIプラットフォーム

ネオスは9月4日、独自の画像認識AIによって写真に含まれる複数のオブジェクトを同時に認識する画像認識エンジンを開発し、LINEなどのチャットサービスと連携可能な「画像認識AIプラットフォーム」として提供開始したことを発表した。

[13:40 9/4]

トランスコスモス、コミュニケーション領域に特化したAI研究所を設立

トランスコスモスは9月1日、デジタル化が進む消費者と企業のコミュニケーション領域に特化した独自の人工知能(AI)や機械学習などの先端技術の研究所として「Communication Science Lab」を設立したことを発表した。

[10:00 9/4]

GoogleもAmazonもAppleも、オンキヨーのスマートデバイスは全方位戦略 - IFA2017

オンキヨー&パイオニアは、ドイツ・ベルリンで開催中のエレクトロニクスショー「IFA2017」の会場にブースを構え、GoogleやAmazonのAIアシスタントを搭載したオンキヨーのスマートスピーカーや、日本でもお馴染みのパイオニア「RAYZシリーズ」のiOSアクセサリーをメインに展示している。

[08:00 9/4]

Hot Chips 29 - FPGAを活用するMicrosoftの「Project BrainWave」

MicrosoftはHot Chips 29において、「Project BrainWave」について発表を行った。Project BrainWaveはFPGA利用するスケーラブルなDNN(Deep Neural Network)サービス用のプラットフォームを作るというプロジェクトである。

[11:00 9/1]

ISIDとKIBIT、北陸銀行でAIによる業務データの抽出実験

電通国際情報サービス(ISID)とFRONTEOは8月31日、北陸銀行と共同で、FRONTEOが独自に開発した人工知能エンジン「KIBIT(キビット)」を用いて、銀行業務における文書データの利用高度化に向けた実証実験を開始した。

[08:00 9/1]

日本ユニシスと日本海コンサルタント、AIによる橋梁の健全性判定支援の共同開発開始

日本ユニシスは8月31日、日本海コンサルタントと「AI(人工知能)技術を活用した橋梁の劣化要因・健全性判定支援システム」の共同開発に取り組むことを発表した。

[16:54 8/31]

NTT Com、LINEアカウントにAI「COTOHA」搭載 - おすすめのプランを提案

NTTコミュニケーションズは8月31日、自然言語処理技術を搭載したAIエンジン「Communication Engine "COTOHA"」を活用して、LINE公式アカウント上で格安スマートフォンやSIMカードについて利用者の質問に対応する対話機能と、モバイル通信サービス「OCN モバイル ONE」の料金プランからユーザーにおすすめのプランを提案する診断機能を提供開始すると発表した。

[13:24 8/31]

AI バックナンバー

このキーワードについて (経営・ビジネス>AI)

AI トップへ
AI(人工知能)が生活・ビジネスにもたらす変化と可能性をリポート

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事