「AI」最新記事一覧

AI(人工知能)が生活・ビジネスにもたらす変化と可能性をリポート

関連キーワード

ヘッドライン

scouty、AIによるヘッドハンティングサービスを提供開始

scoutyは5月25日、人工知能(AI)によるヘッドハンティングサービス「scouty(スカウティ)」のオープンβ版を提供開始すると発表。AIがネット上に公開されている情報を基に、導入企業の応募要件やカルチャーにマッチするエンジニアを自動で探し出し、推薦してくれるという。

[12:20 5/25]

SMFGなど、AIエンジン「KIBIT」で顧客満足度を向上するデータ利用の検証

三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)およびSMBC日興証券は5月24日、FRONTEOが開発した人工知能(AI)エンジン「KIBIT(キビット)」を用いて、顧客満足度を向上するデータ利用の検証を行い、効果が得られたことを確認したと発表した。

[10:05 5/25]

[de:code 2017]新製品、協業も発表、Microsoftが語る今後のAI戦略は?

日本マイクロソフトは5月23日~24日、エンジニア向けカンファレンス「de:code 2017」を開催した。本稿では、「The New Age of Intelligence」というテーマの下、AIやMixed Reality(MR:複合現実)などにおける最新の取り組みが紹介された基調講演の模様をお届けしよう。

[09:00 5/25]

デートラマ、マーケティングに特化したAI「Datorama Genius」を発表

デートラマは5月24日、マーケティングに特化したAI「Datorama Genius(デートラマ・ジーニアス)」を発表した。さまざまなマーケティングデータの中から、重要なインサイトを自動でピックアップしてユーザーに提示。マーケティング施策の最適化やスピードアップをサポートする。

[08:36 5/25]

三菱電機、AI技術ブランド「Maisart」の展開を開始

三菱電機は5月24日、「コンパクトな人工知能(AI)」をはじめとする同社のAI基盤技術および応用技術などをAI技術ブランド「Maisart(マイサート、Mitsubishi Electric's AI creates the State-of-the-ART in technolog)」として展開を開始した。今後、独自のAI技術を同社の製品に順次搭載していく方針だ。

[17:29 5/24]

SBイノベンチャー、AIを活用して効率的な商品配達を可能にする新会社を設立

SBイノベンチャーは5月24日、ネットショッピングで購入した商品を効率的に配達するMagicalMove株式会社を設立した。早朝・夜間の配達で再配達を軽減し、AIによる効率的な配送でドライバーの人手不足解消を目指す。

[16:21 5/24]

今さら聞けないビジネスIT用語集 第3回 技術用語からビジネス用語になりつつある「機械学習/深層学習」

我々は知識を学び、その知識でコンピューターに知恵を与えてきたが、人の学習能力をコンピューターで再現するのが「機械学習」。「人工知能」に類するものの、昨今のようにビジネスキーワード化した理由の1つは、コンピューターの性能向上が大きい。

[15:06 5/24]

IBM Watsonが描く「コグニティブ」な職場が見えてきた

IBMは同社のコグニティブコンピューティングプラットフォーム「IBM Watson」の利用事例や活用法などを紹介する「IBM Watson Summit 2017」を4月末に開催した。基調講演などから見えてきた、Watsonがもたらすコグニティブコンピューティングのあるビジネス環境を改めて捉え直してみよう。

[07:00 5/20]

Google I/O基調講演、「AIファースト」で次代のクラウド制覇を狙うGoogle

昨年のGoogle I/Oで「モバイル優先」から「AI優先」へのシフトを宣言したGoogle。今年の基調講演のオープニングで、CEOのSundar Pichai氏は「AI優先」のスケールアップについて語った。AIのチャンスを全ての開発者にもたらし、AIの恩恵を全ての人に広げる。そのために同社は、専用のチップをデザインし、新たなデータセンターをゼロから構築する。そして、その先にPC、モバイルに次ぐ次代のクラウドサービス制覇を狙う。

[13:45 5/19]

デジタル革新を顧客と進める富士通が目指すものとは?

富士通は5月18日と19日、「Human Centric Innovation : Digital Co-creation」をテーマに、デジタル革新に向けた共創の取り組みや、IoT、AIをはじめとする最先端テクノロジーについての展示やセミナーを行う「富士通フォーラム2017」を開催。ここでは、初日に行われた基調講演の様子を紹介しよう。

[11:00 5/19]

2017年は音声アシスタントデバイス元年に! 普及・定着なるか

米グーグルが音声アシスタントスピーカー「Google Home」を日本国内で販売すると発表した。国内では今夏にもLINEが同様のデバイスの発売を予定しているなど、2017年を音声アシスタントスピーカー元年と見る向きも多い。

[20:08 5/18]

ビースポーク、AIコンシェルジュ「Bebot」をホテルチェーンで提供開始

ビースポークは5月16日、訪日外国人向けAIチャットコンシェルジュサービス「Bebot」について、国内で初めてホテルチェーン向けにサービス提供を開始したと発表した。

[09:38 5/18]

AIにロボット「富士通フォーラム2017」の見所を徹底レポート

富士通は5月18日と19日、「Human Centric Innovation : Digital Co-creation」をテーマに、デジタル革新に向けた共創の取り組みや、IoT、AIをはじめとする最先端テクノロジーについての展示やセミナーを行う「富士通フォーラム2017」を開催する。今回、プレス向けに事前に取材する機会を得たので、注目を集めた展示を紹介しよう。

[09:11 5/18]

富士通、ディープラーニング基盤などAI関連の複数製品と導入事例を発表

富士通は5月16日、記者会見を開催し、コールセンターの問い合わせにAIのチャットで自動対応するサービス「FUJITSU Business Application Operational Data Management & Analytics デジタルエージェント for コールセンター」と、NVIDIAのGPU「Tesla P100」を搭載したディープラーニング基盤システム「FUJITSU AIソリューション Zinraiディープラーニング システム」の販売を開始すると発表した。

[12:15 5/17]

3分でだいたい分かる、Microsoft Build 2017(1日目)まとめ

米Microsoftが2016年5月10日(現地時間)から開催中の開発者向けカンファレンス「Build 2017」。初日の基調講演、最初に登壇したのはCEO Satya Nadella氏。発表された新テクノロジーや製品に関する最新情報から、キーポイントを取り上げて紹介しよう。初日のテーマは「クラウド&AI」だ。

[19:52 5/11]

NEC、AIやIoTを用いて企業と顧客の絆を強化するソリューション体系発表

NECは5月9日、AI技術群「NEC the WISE」やIoTを活用し、カスタマーエクスペリエンス(Customer Experience:顧客経験価値)の理解を通して、企業と利用者の絆の強化を支援するソリューションを体系化し、「NEC Customer Experience Solutions」として確立したと発表した。

[11:03 5/10]

KCCSら、「SIGFOX」とAI/IoTを活用してLPガス配送業務を効率化

ミツウロコクリエイティブソリューションズ、NEC、京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は5月8日、新無線通信技術「LPWA」の1つである「SIGFOX」によるAIとIoTを活用したLPガスの配送業務効率化ソリューションを共同開発し、同ソリューション提供において協業を開始したと発表した。

[15:35 5/8]

NEC、AIを活用した脅威分析システムを監視サービスに導入

NECは5月8日、AI(人工知能)技術を活用して、顧客のシステム監視業務の高度化・効率化を実現する「脅威分析システム」を開発し、サイバー攻撃対策の運用を支援する中核拠点「サイバーセキュリティ・ファクトリー」に本格導入したと発表した。

[13:03 5/8]

ディープラーニングにデータフローコンピューティングを使うDPU

Wave Computingは、ディープラーニング用の高性能のLSIを開発しているスタートアップであるが、そのLSIや計算のやり方については公開情報が無く、どのような仕組みであるかは分からなかった。しかし、4月26-27日に米国サンタクララにて開催された「Machine Learning Developers Conference」において、同社は「CGRA」と呼ぶ方式で処理を行う「DPU」と呼ぶ高性能LSIを開発していることを発表した。

[12:15 5/2]

新たな動きとして根付くか? コミュニティサイト活用進化の姿

ナイガイは、オウケイウェイヴ、メディアシークと共同で、新たな消費者とのコミュニケーションサイトの提供を開始する。AI活用も視野に入れた今回の取り組みはどのようなものだろうか。

[07:00 4/29]

りらいあ、IBM Watsonに対応したバーチャルエージェント

りらいあコミュニケーションズは4月28日、大規模なデータを分析し、自然言語で投げかけられた複雑な質問を解釈する事ができるコグニティブ・コンピューティング・システムであるIBM Watson日本語版を活用した「バーチャルエージェント」の提供を開始する。

[16:44 4/28]

米Amazon「Echo Look」発表、ファッション向けのスマートな自撮りカメラ

米Amazonは4月26日(現地時間)、Echoファミリーの新デバイス「Echo Look」を発表した。LEDライト、カメラ、マイク、スピーカーを内蔵、Alexaに対応する。音声操作で全身を自撮りできるハンズフリーカメラであり、服選びをサポートする"スタイルアシスタント"でもある。価格は199.99ドル、招待制で制限した販売になっており、米Amazon.comにおいて招待の申し込み受け付けが始まった。

[13:49 4/27]

AIで服のコーディネートチェック、米アマゾンが新サービス

[26日 ロイター] - 米アマゾン・ドット・コムは26日、ファッション専門家の意見や最新流行をチェックするアルゴリズムを活用してユーザーに似合う服のコーディネートをアドバイスする「スタイル・チェック」サービスを発表した。 ユーザーは、人工知能(AI)を使った音声認識技術「アレクサ」が搭載されたカメラ「Echo・Look」に写真を撮るよう指示を出す。洋服姿の全身写真2枚を撮り送信

[13:00 4/27]

業績を伸ばすLINE、今後の成長余地は?

LINEが26日に発表した2017年第1四半期決算は、営業収益が389億1,600万円と前年同期比16.3%増加した。主力の広告事業が堅調だった。最終損益も前年同期比2億3,400万円の赤字から16億3,200万円の黒字に転換した。

[11:48 4/27]

AIと自動化の推進で未来は暗いものに!?

fossBytesに4月25日(米国時間)に掲載された記事「Jack Ma Warns: Future Will Be More "Painful" And Robots Will Steal CEO Jobs」が、アリババグループの創業者である馬雲氏の発言を引き合いに出し、今後ロボットと自動化および人工知能技術によってもたらされる影響について伝えた。こうした技術の普及によって雇用の絶対数は減ることになり、こうした状況に対応していく必要があるだろうと指摘している。

[08:00 4/27]

今さら聞けないビジネスIT用語集 第1回 AIで人は楽になる? 失業する? --「人工知能」

将来的に我々は、AI(人工知能)と無縁でいることが難しくなるだろう。だが、「AIって何?」と問われて正しく返答できる方は決して多くない。

[14:32 4/24]

ディープラーニング学習時の電力効率を向上させる回路技術を開発-富士通研

富士通研究所は4月24日、ディープラーニングの学習処理に用いるデータのビット幅を削減することで、ニューラルネットワーク構造や学習方式を変えずに学習用ハードウェアの電力効率を向上させる回路技術を開発したと発表した。

[13:07 4/24]

フェイスブックがMessengerアプリで描く未来

4月18日からの2日間、米カリフォルニア州で開催されたフェイスブックの開発者会議F8。拡張現実、仮想現実といった目新しく派手な表現のプラットホームを披露する一方、基調講演でより大きな注目を集めていたのがMessengerだ。

[07:00 4/22]

パナソニック、AI技術者を5年以内に1000人規模に増員へ

[東京 19日 ロイター] - パナソニック<6752.T>の技術部門を率いる宮部義幸専務は19日、研究開発(R&D)戦略説明会を開き、現在約100人程度の人工知能(AI)領域の技術者を5年以内に1000人規模に増やす計画を明らかにした。 実現に向け、社内育成や新卒採用を強化するほか、関連企業のM&A(合併・買収)も検討する。幅広い製品・サービスへの活用が予想されるAIを強化し、単純に「モノを売

[18:07 4/19]

AI・ビッグデータで金融機能向上、市場への影響に注意=日銀総裁

[東京 13日 ロイター] - 黒田東彦日銀総裁は13日、本店で開催しているコンファレンス「AIと金融サービス・金融市場」であいさつし、人工知能(AI)やビッグデータ分析などの新たな技術の活用は、時間・空間を超えて財・サービスやプロジェクトを繋ぐ金融の機能を「一段と高め得る」と語った。 具体的には、AIやビッグデータ分析を活用し、世界中のプロジェクトや資金を効率的に結びつけることができれば、「

[15:38 4/13]

AI バックナンバー

このキーワードについて (経営・ビジネス>AI)

AI トップへ
AI(人工知能)が生活・ビジネスにもたらす変化と可能性をリポート

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事