【連載】

ゼロからはじめるPython

3 JupyterでCSVファイルを視覚化してみよう

3/15

前回、Jupyterノートブックをインストールして、Pythonのコードを書いてすぐに試してみる方法を紹介した。今回は、Jupyterノートブックを利用して、CSVファイルの読み込み、および、視覚化に挑戦してみよう。

CSVファイルについて

日々、業務で使うデータの多くは、表計算ソフトで作成したデータが多い。売り上げデータや、顧客データ、在庫データなどだ。そうしたデータを作るのには、ExcelやGoogleスプレッドシート、OpenOfficeなどを使う。

しかし、そうした表計算ソフトなどで作ったデータをプログラミングで活用する際に、素のExcelファイルを解析して読み込むのは、なかなか面倒だ。

もちろん、Excelファイルを読み込むのも、それほど難しいわけではないが、もっと、手軽に扱う方法がある。そこで登場するのが、CSVファイルだ。表計算ソフトやデータベースであれば、大抵、CSV形式でのエクスポートに対応している。CSVファイルほど、汎用的で、簡単に扱えるデータ形式はない。

そもそも、CSVとは、以下のようなデータ形式だ。ここでは、日本の都道府県別の人口データを例に挙げてみよう。

 都道府県,平成22年,平成27年,平成28年
 東京都,13159 ,13515 ,13624
 神奈川県,9048 ,9126 ,9145
 大阪府,8865 ,8839 ,8833
 愛知県,7411 ,7483 ,7507
 埼玉県,7195 ,7267 ,7289

CSVでは、一行一レコードで記述される。そして、一レコードは、カンマで区切られて、複数のフィールドを持つことができる。なお、この表にあるように、一行目(一列目)は、ヘッダとして利用されることも多い。

このように、CSVデータというのは、改行とカンマで区切られているだけなので、プログラミングで非常に簡潔に操作できるというのが大きなメリットだ。

JupyterノートブックでCSVファイルを読み込もう

それでは、さっそく、このCSVデータの完全版を、Jupyterノートブックで読み込んでみよう。

なお、元データは、政府統計の総合窓口から、ダウンロードした都道府県別の人口一覧データだ。余分な項目もあったので、不要な項目をExcelで削除した。

整形済みのCSVファイルを、こちらサンプルからダウンロードして、Jupyterを起動するディレクトリにコピーしておこう。

CSVファイルをJupyterを起動するディレクトリにコピー

そして、前回の内容を思い出しながら、Jupyterノートブックを起動してみよう。Jupyterを起動するのは、まず、コマンドラインを起動するところから始める。Windowsであれば、スタートメニューから「Anaconda3 > Anaconda Prompt」を実行しよう。macOSやLinuxであれば、ターミナルを利用する。macOSでターミナルを起動するには、Spotlightに「ターミナル」と入力しよう。そして、以下のJupyterノートブックの起動コマンドを入力する。

 jupyter notebook

Jupyterノートブックが起動すると、Webブラウザが起動するので、画面右上の「New」ボタンから、「Python3」を選んでクリックしよう。

Jupyterノートブックが起動したところ、右上のNewから始めよう

そして、以下の二行のプログラムを書くことで、CSVファイルを読み込んで表の形式で画面に表示できる。これは、Pandasというデータ解析を支援するライブラリを利用しており、前回インストールの方法も紹介した。

 import pandas as pd
 pd.read_csv("population.csv", encoding="SHIFT_JIS")

読み込んだCSVデータが表示される

実は、このCSVは、人口の多い順に並んでいるのだが、平成28年度の人口データを元に人口の少ない順に並び替えて表示してみよう。並び替え(ソート)を行うには、sort_valuesメソッドを使うだけだ。

 import pandas as pd
 df = pd.read_csv("population.csv", encoding="SHIFT_JIS")
 df.sort_values(by=["平成28年"], ascending=True)

Jupyterなら二行プログラムを書くだけで、整形された表が出る

このプログラムは、CSVファイルを読みこんで、sort_valuesメソッドで並び替えたものを出力するというものだ。このように、非常に簡潔に記述できるのが、Pythonの魅力と言える。ちなみに、ascending=Trueの部分を、ascending=Falseと書き換えると、人口の多い順(つまり、降順)に並び替えてくれる。

棒グラフを描画しよう

次に、CSVファイルを元に棒グラフを描画してみよう。

CSVファイルからデータを抜き出して棒グラフを書くのも簡単だ。以下は、平成28年度をY軸にして棒グラフを描画するプログラムだ。

 %matplotlib inline
 import pandas as pd
 df = pd.read_csv("population.csv", encoding="SHIFT_JIS")
 df.plot.bar(y=['平成28年'])

平成28年の値を棒グラフで表示したところ

グラフをJupyterに描画するには、「%matplotlib inline」という一行を記述しておく必要がある。そして、棒グラフを書くには、plot.barメソッドを呼びだすだけだ。また、今回のような複数列を持つCSVであれば、どの列をY軸にするかを指定すれば良い。

もし、平成12年と平成28年を並べて棒グラフにしたければ、以下のように書くだけだ。丁寧に色分けも自動でしてくれる。

平成28年と平成12年の値を棒グラフで表示したところ

日本語が文字化けしないようにフォントをコピーしよう

ただし、描画用のフォントに、日本語フォントが指定されてないので、Jupyterノートブックをインストールしたばかりの状態では、日本語部分が"□"になり、文字化けしているのを確認できる。この機会に日本語化もしておこう。

まず、日本語フォントをダウンロードしよう。無料でしっかりしたフォントで有名なのは、IPAが無料で提供しているIPAexフォントだ。以下のURLからダウンロードできる。

IPAexフォント

上記から、フォントファイルをダウンロードしよう。アーカイブは、ZIP形式で圧縮されているので、ZIPファイルを解凍しよう。そして、このフォントをグラフ描画ライブラリのMatplotlibのフォント専用ディレクトリにインストールしよう。

フォントのコピー先を調べるために、Jupyterで以下のプログラムを実行して、Matplitlibがどこにインストールされているかを確認しよう。

 import matplotlib as mpl
 mpl.__path__

すると、以下のように、モジュールがインストールされているパスが表示される。

Windowsの場合:

 ['c:\\users\\kujira\\miniconda3\\lib\\site-packages\\matplotlib']

macOSの場合:

 ['/Users/kujira/miniconda3/lib/python3.6/site-packages/matplotlib']

そこで、これを頼りに、matplotlibのディレクトリを開いてみよう。そして、matplotlib/mpl-data/fonts/ttfに、フォントファイルをコピーしよう。

Windowsでフォントファイルをコピーしたところ

フォントをコピーしたら、フォントを設定ファイルに指定しよう。ユーザーのホームディレクトリ以下に「~/.matplotlib/matplotlibrc」というファイルを作り、そこに、日本語フォントを指定する。

 font.family : IPAexGothic

せっかくなので、フォントをコピーしたあと、設定ファイルを作成する過程を自動で行うPythonプログラムを作ってみた。Jupyterノートブックに以下のコードをJupyterで実行すると、設定ファイルを自動で作成する。

 import os, os.path
 path = os.path.expanduser('~') + "/.matplotlib"
 if not os.path.exists(path): os.mkdir(path)
 with open(path + "/matplotlibrc", "w") as f:
  f.write("font.family : IPAexGothic\n")
 print("ok")

それから、改めて先ほどのプログラムを実行すると、正しく日本語が表示される。

Jupyterノートブックで日本語を表示することができた

フォントが見つからないというエラーが出た場合は、作成された.matplotlibフォルダを削除し、Jupyterでメニューから[kernel > restart]で再起動させます。

(1)以下のフォルダを削除
C:¥Users¥<ユーザー名>¥.matplotlib
(2)再度、設定ファイルの書き込みプログラムを実行
(3)Jupyterでメニューから[kernel > restart]

以上、今回は、JupyterノートブックでCSVファイルを読み込んで、表を表示したり、グラフを描画するプログラムを作った。Jupyterノートブックを使うと、とても手軽にCSVファイルを視覚化できることが分かったと思う。次回は、もう少し、詳しくグラフを描画する方法について紹介するので、お楽しみに。

自由型プログラマー。くじらはんどにて、プログラミングの楽しさを伝える活動をしている。代表作に、日本語プログラミング言語「なでしこ」 、テキスト音楽「サクラ」など。2001年オンラインソフト大賞入賞、2005年IPAスーパークリエイター認定、2010年 OSS貢献者章受賞。技術書も多く執筆している。

3/15

インデックス

連載目次
第15回 最新Anacondaに入っている各種ツールを概観しよう
第14回 最新Anaconda5でPython開発環境を全部揃えよう
第13回 過去の気象情報をもとに運動会の開催日を選んでみよう(その2)-必ず晴れる秋の一日と候補地の選定
第12回 過去の気象情報をもとに運動会の開催日を選んでみよう(その1) - 気象データの入手と簡単な統計
第11回 最も身近なオープンデータ「郵便番号データベース」を活用しよう
第10回 100行程度でブロック崩しゲームを作ってみよう
第9回 生物集団の栄枯盛衰"ライフゲーム"を作ってみよう
第8回 ゲームで覚えるPythonプログラミング - Tkinterで始めよう
第7回 Pythonでファイルを読み書きしよう(その2) 英和辞書データを扱おう
第6回 Pythonでファイルを読み書きしよう(その1) ファイル操作基本編
第5回 Pythonを高機能電卓として使おう
第4回 Jupyterでいろいろなグラフを描画しよう
第3回 JupyterでCSVファイルを視覚化してみよう
第2回 Jupyterノートブックで気軽にPythonをこね回そう
第1回 Pythonをインストールしよう

もっと見る



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事