【連載】

Google世代の整理術「デジタル情報整理ハックス」

18 連絡先情報をどうするか?

18/54

よくある問題 個人情報を管理しきれない

セミナーで講師などを務めると、その後に懇親会などで、たくさんの名刺をいただきます。

嬉しい限りなのですが、私の記憶力は、おそらく人並みをやや下回っています。特に、視覚情報系の記憶がダメで、旅行先の風景なども、帰国してひと月も経つと、ほとんど思い起こせなくなります。

当然道にも迷いやすく、方向音痴と言われても仕方ないのですが、これはこれでメリットもあります。一度行ったところでも、どうやら他の人よりも新鮮に見ることができるのです。記憶にあまり残っていないので。

それはともかく、これが人間関係となりますと、大変困ったことになります。というのも、人間関係で人の名前と顔を覚えるのは、基本だからです。

しかし何しろ、人を覚えているということは、基本的にはまず顔を覚えているということです。これが私にはとても難しいのです。顔だけ覚えていて、名前を覚えていないのも問題かもしれませんが、顔を覚えていなくて、名前を覚えているということは、めったにありません。

それでも私は言葉や記号を覚える方が、イメージを記憶するよりははるかに得意なので、名前を言われると、顔と名前をいっぺんに思い出すという経験が多くあります。

もちろん、けっして褒められることではありませんから、いろいろと予防策を講じてはいます。

ライフハックス 日付で管理する

これは、仕事上のパートナーである大橋悦夫さんが、「名刺管理問題」の中で紹介されていたライフハックなのですが、いただいた名刺に、いただいた日付をスタンプしておくという方法があります。

日付スタンプ

やってみるとわかりますが、この方法はかなり有効です。こうした方法によって、名刺をいただいた日付で名刺をカテゴライズできる上、それはどこでいただいたものかまで、記憶によみがえってくるからです。

たとえばセミナー後に名刺交換したのであれば、その日にもらった名刺の日付は、すべて同じ日付になります。これですと、名刺を一度に多くいただいても、その中の一人のことさえ明確に覚えておけば、あとはセミナーの思い出から、連想的に思い出せます。

名刺に日付をスタンプしたところ

また、取材などで2名の方から名刺をもらった場合にも、他の名刺にそれが混ざってしまったりしません。その2枚の名刺さえ抽出できれば、取材の出来事と関連づけて思い出すことができます。

日付さえスタンプしておけば、仮にその日付が何を意味するものかを思い出せなくても、あとで予定表から検索すれば、どんなことが起こったのか、引き出すことができます。予定表は全然使わないという方でも、メールなどを検索すると、出てくることが多いでしょう。イベントにまつわることを、メールでやりとりすることが多いからです。

補足 名刺に写真があると記憶に残る

私のような記憶力の人間からすると、名刺に写真が写っているとやはり、非常によく印象に残ります。そこには個人情報に加えて、イメージの情報も載っているからです。

もちろん会社で名刺を用意してもらうこともあるでしょうし、そもそも名刺に写真を載せたくない、ということもあると思います。したがって、写真を載せられない事情はあると思いますが、写真が載っていた方が苦労なく覚えられるのは、ほとんどの人にとってまちがいないところです。

顔写真入りの名刺

セミナー直後で、話が盛り上がったりしたときなどは特にそうですが、名前も顔も絶対に忘れないだろうと思うのですが、寝て起きてから名刺整理する頃になると、顔が全然思い出せなくなっていることがよくあります。

写真を載せる補足的なメリットとして、顔の写真が載っている名刺は、捨てにくいという心理が働くこともあります。誰もが同じように感じることはないかもしれませんが、少なくとも私はそう感じます。

18/54

インデックス

連載目次
第54回 書評をコツコツ書き貯める
第53回 ブラウザで進捗管理
第52回 スキャンした雑誌・書籍の全文検索
第51回 異なる環境で同じブックマークを使う
第50回 電車の乗り換え情報をアレンジする
第49回 ブラウザのタブを整理する
第48回 電子ファイリングで雑誌をデジタル化する
第47回 DailyFeedでまとめてしまう
第46回 そこで忘れずにこれをする
第45回 タスク情報を整理する
第44回 Twitterの情報を整理する
第43回 情報と情報源
第42回 メールの整理を難しくする「心理」を納得させるテクニック
第41回 「Googleデスクトップ」でEVERNOTEのデータも検索してしまう
第40回 すぐに未読であふれるRSSリーダーをどうするか
第39回 EVERNOTEの階層式タグを使う
第38回 Webサイトの記事を一気に読む
第37回 情報整理と文書作成をひとつのツールで
第36回 EVERNOTEとGmailを組み合わせて強力な検索機能を使う
第35回 異なるブラウザでブックマークを同期する
第34回 フォルダ+タグの使い方の一例
第33回 紙copiNetで一気に大量にチェックする
第32回 PDFファイルは開きたくない
第31回 「情報ノート」をタスクリストとしても使いたい
第30回 あれとあれが一緒になれば
第29回 本で得た知識をまとめたい
第28回 IT時代の記憶術
第27回 中途でやめたサービスのデータは…
第26回 情報からアイデアを発想する
第25回 活用したいと思った情報を必ず活用する方法
第24回 ぼんやりした記憶を頼りに検索する
第23回 「とりあえずとって」おきたくなる原因
第22回 書籍もタグで管理する
第21回 「どうしてもとっておきたいエントリ」はどうするか?
第20回 よくある問題 ブックマークはもちろんしています
第19回 大事な情報に限って出てこない
第18回 連絡先情報をどうするか?
第17回 よくある問題 取っておいても読むチャンスがない
第16回 文字情報をとにかく貯めておく
第15回 英語サイトから情報を!
第14回 分類のされかたを研究する
第13回 ネットで気になる情報。とりあえずどうする?
第12回 タグ自体はどう整理する?
第11回 趣味で文具を買っていませんか?
第10回 情報は回遊させる
第9回 大事な情報はトスアップする
第8回 情報の一元化は超難題
第7回 よくある問題 メールの整理ができない!
第6回 ブックマークを同期する
第5回 よくある問題 RSSリーダーの中の大事な情報
第4回 「仕事用資料」の埋没を防ぐには
第3回 よくある問題 情報のタスク化
第2回 よくある問題 [あとで読む]でも読まなくなる
第1回 よくある問題「タグ」を扱う難しさ

もっと見る



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事